企業法務のQ&A解説

新着の実務Q&A

個人識別符号とは 指紋や生年月日、個人情報の例や該当しないもの

目次 改正の背景 改正前の「個人情報」の定義 個人識別符号と利活用の壁 個人識別符号の内容 身体的特徴(改正個人情報保護法2条2項1号) 個人に割り当てられる符号(改正個人情報保護法2条2項2号) 匿名加工情報に加工する場合の基準 顔認証データの利用に関する懸念 学術研究の用に供する...

渡邉 雅之弁護士
弁護士法人三宅法律事務所

IT・情報セキュリティ

特許とは 特許制度の意味や目的を身近な例で簡単に説明

目次 特許制度の概要 発明とは 自然法則を利用していること 技術的思想であること 創作されたものであること 高度のものであること 発明の種類 物の発明 方法の発明 特許制度の概要  特許制度は、「発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与すること...

吉羽 真一郎弁護士
潮見坂綜合法律事務所

知的財産権・エンタメ

職場のコロナ感染は労災認定される?医療従事者や濃厚接触者は

はじめに  新型コロナウイルスの感染拡大により、業務上や業務外においても、従業員の感染リスクが依然として高い状況にあります。厚生労働省によると、新型コロナウイルスに関する労災申請件数は令和2年10月15日18時時点で1,615件の請求がされており(794件で審査を終え、いずれも労災と認定された)、...

瀬戸 賀司弁護士
杜若経営法律事務所

人事労務

ベトナムのサイバーセキュリティ法に基づくデータローカライゼーション義務の内容と実務対応のポイント

ベトナムのサイバーセキュリティ法とは  ベトナムには、2022年9月時点では、日本の個人情報保護法やEUのGDPR(一般データ保護規則)のような包括的な個人情報保護法令は存在せず、サイバー情報セキュリティ法等の個別の法令がそれぞれ個人情報やプライバシーの保護に関する規定を定めています(詳細は下記の...

廣澤 太郎弁護士
西村あさひ法律事務所 東京事務所

IT・情報セキュリティ

所有地にPCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物がある場合にとるべき対応(2022年改正対応)

PCB(ポリ塩化ビフェニル)の概要  PCB(ポリ塩化ビフェニル。以下「PCB」といいます)は、生物の体内に蓄積されやすく、人の健康を損なうおそれがある有害物質です。常温で液体の油状の化合物で、難燃性、低揮発性、耐熱性、高絶縁性などの特徴から、かつては、受変電設備のコンデンサー、トランス類の絶縁油...

井上 治弁護士
牛島総合法律事務所

不動産

メキシコの公証制度の解説 

はじめに  メキシコにはNotario Públicoという公証人類似の法律専門家が存在する。Notario Públicoの役割については下記で説明するが、メキシコでは様々な場面でNotario Públicoによる公証・立会い等が必要となる。一方で、Notario Públicoについて日本語...

西山 洋祐弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

新規株式上場(IPO)の意義、効果、各市場の特徴

新規株式上場(IPO)の概要 上場の意義  IPOとは「Initial Public Offering」の略称であり、一般的には発行体が自身の有価証券等を不特定多数の投資者に向けて初めて販売することを指して、新規株式上場と基本的に同一の意味で用いられています。  この点、金融商品取引法の観点から...

伊東 祐介弁護士
鳥飼総合法律事務所

ベンチャー
もっと見る

人気の実務Q&A

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • 法務部
  • ベンチャー