税務

国際的な流れからも税務リスクへの関心が高まっています。国内でもグループ管理体制の構築が求められる事から、税務・法務の観点を組み合わせた体制整備が必要となってきます。また、事業承継やマイナンバーへの対応など、経営課題としての新しい税務問題が次々と登場しています。税務リスクを未然に防ぐためにも、BUSINESS LAWYERSのコンテンツ、専門家検索を活用ください。

税務に詳しい弁護士を探す

税務のニュース

もっと見る(1,114件)

税務の特集

法務部に必要な税務に関する基礎知識

第5回 税務調査への対応

税務調査とは 税務調査手続の流れ  税務調査とは、申告内容が適正であるか否かについて、国税局や税務署の職員が納税者に対して質問への回答や資料の提出を求めるなどして確認し、申告内容に誤りが認められた場合にその是正を求める一連の手続をいいます。  税務調査の一連の手続は、国税通則法に基づき、大要、以...

武藤 雄木弁護士
岩田合同法律事務所

税務
もっと見る(20件)

税務の人気特集

  1. 同族会社の行為計算否認規定、法人税の負担が「不当」となるポイントは? 
  2. 組織再編税制の基礎と注意すべき否認規定
  3. 印紙税法の基本と課否判定が問題となる事例
  4. グループ法人税制外しと認定された事例
  5. 税務調査への対応
  6. 「税務コンプライアンス」がなぜ企業に求められるようになったのか 〜重加算税のリスクを回避するためのポイント〜

税務の実務Q&A

「金銭又は有価証券の受取書」の範囲に要注意

「金銭又は有価証券の受取書」とは  課税文書の1つとして「金銭又は有価証券の受取書」(第17号文書)があげられます。第17号文書には、第17号の1文書(売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書)と第17号の2文書(金銭又は有価証券の受取書で第17号文書の1以外のもの)という2つの課税文書が含まれます。  すなわち、売上...

山田 重則弁護士
鳥飼総合法律事務所

税務
もっと見る(36件)

税務の人気実務Q&A

  1. 税務上の中小企業、「中小法人」と「中小企業者」の違い
  2. 法人税の所得はどのように計算するのか
  3. 会社の利益の計算方法
  4. 法人税と所得税の違い
  5. 申込書が「契約書」になる場合とは 印紙の扱いに要注意
  6. 経理初心者のための印紙税の手引き

税務に詳しい弁護士

  • 訴訟・争訟
  • 税務
もっと見る(83人)