税務

国際的な流れからも税務リスクへの関心が高まっています。国内でもグループ管理体制の構築が求められる事から、税務・法務の観点を組み合わせた体制整備が必要となってきます。また、事業承継やマイナンバーへの対応など、経営課題としての新しい税務問題が次々と登場しています。税務リスクを未然に防ぐためにも、BUSINESS LAWYERSのコンテンツ、専門家検索を活用ください。

税務に詳しい弁護士を探す

税務のニュース

もっと見る(1,154件)

税務の特集

令和3年改正電子帳簿保存法のポイントと実務対応 インボイス制度も見据えて

はじめに  電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律(以下「電子帳簿保存法」または「法」といいます)が令和3年に改正され(以下「令和3年改正」といいます)、経理の電子化による生産性の向上、記帳水準の向上等を図るための法整備が行われました。  改正法は令和4年1月1...

落合 孝文弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

税務
もっと見る(21件)

税務の人気特集

  1. 令和3年改正電子帳簿保存法のポイントと実務対応 インボイス制度も見据えて
  2. 組織再編税制の基礎と注意すべき否認規定
  3. 印紙税法の基本と課否判定が問題となる事例
  4. グループ法人税制外しと認定された事例
  5. 同族会社の行為計算否認規定、法人税の負担が「不当」となるポイントは? 
  6. 節税目的の養子縁組は無効となるのか?

税務の実務Q&A

固定資産税の実務上のポイント(6)- 固定資産の評価額が違法となるのはどのような場合か?(中編)

はじめに  「固定資産税の実務上のポイント(5)- 固定資産の評価額が違法となるのはどのような場合か?(前編)」では、自治体による固定資産の登録価格(=評価額)の違法性を判断する際の枠組みについて解説しました。この判断枠組みを念頭に置きつつ、固定資産の評価額が争われた判例を分析すると、固定資産の評価額が違法となる事例...

山田 重則弁護士
鳥飼総合法律事務所

税務
もっと見る(45件)

税務の人気実務Q&A

  1. 法人税の所得はどのように計算するのか
  2. 税務上の中小企業、「中小法人」と「中小企業者」の違い
  3. 申込書が「契約書」になる場合とは 印紙の扱いに要注意
  4. 固定資産税の実務上のポイント(1)- 課税ミスがあった場合、払いすぎた固定資産税は全額還付されるか?
  5. 法人税と所得税の違い
  6. 税額控除とはどのような制度か

税務に詳しい弁護士

  • 訴訟・争訟
  • 税務
もっと見る(87人)