すべての実務Q&A

1〜10件を表示 91

ベトナムにおける知的財産権に関する法令の概要

ベトナム知的財産法制度について  ベトナムでの知的財産法(以下、「法」といいます)は、ドイモイ政策実施後、WTO加盟などもあり整備が進んできています。このようなベトナム知的財産法整備の背景にある、ベトナムが加盟する主要な条約は、ベルヌ条約、パリ条約、TRIPS協定、マドリッド協定、特許協定条約、ハ...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出

中国子会社の不祥事防止のための平時の備え

中国子会社の不祥事防止のための準備の必要性  日本企業の中国子会社・関連会社(以下「中国子会社等」といいます)における不祥事が相次ぐなかで、依然として、中国をはじめとする海外子会社の不祥事防止のための平時の備えとして、適切な内部統制やコンプライアンス強化の重要性が高まっています。本稿では、実際に生...

外山 信之介弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業から撤退する際の留意点 持分譲渡の手続

撤退手法における持分譲渡の優位性  中国現地法人での事業からの撤退手法としては、「持分譲渡」のほかにも、「解散・通常清算」や「破産手続」が考えられます。前回記事「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって」で記述したとおり、手続に要する時間・費用等の観点で、持分譲渡が最も利...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続

解散・通常清算は、持分譲渡が難しい場合の次善の策  日本企業にとって、現地法人企業の事業からの撤退の手段として、費用や時間の面で持分譲渡の方法を優先的に検討することになるのが一般的であるのは、前回や前々回の記事でも説明した通りです(「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたっ...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業から撤退する際の留意点 破産の手続

撤退手段の最後の選択肢  中国では伝統的に、破産法は国有企業のみを適用対象としていました。外商投資企業をも適用対象とする現在の企業破産法は、2007年に施行されましたが、その後も利用が進まない状況が続いていました。近年、外資系企業による破産手続利用も増えてきていますが、持分譲渡や解散・通常清算に比...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって

撤退を見据えた事業の縮小  日本企業が中国事業から撤退する場合、中国国内の工場、営業所、店舗などを閉鎖し、または第三者に引き継いでもらうことが必要になります。  もっとも、通常に運営している中国子会社がただちに撤退を考えなければならないということは稀で、一般的には収益の悪化などを原因として徐々に事...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

コロナウイルス感染症の拡大に伴い、中国の裁判所から公表された契約の停止と中断に関する見解

中国法上の契約解除原因、免責事由  中国は、新型コロナウイルス感染症を重大な公衆衛生事件に認定し、平時に比べて政府機関の運営も滞る状況が続いています。民間企業にも影響が出ており、事実上、商取引が停止・中断している会社も生じています。  このような状況で契約上の義務を履行できないことについて責任を問...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(3)- 不可抗力

 感染が拡大する新型コロナウィルスに対する中国の法的対応や、現地法人の労働者等が「濃厚接触者」に該当性するか否かの判断基準、「濃厚接触者」であると判断された場合にどのような対処を受けるのかなどについては、『中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(1)− 濃厚接触者への対応等』をご参...

唐 紅海
弁護士法人 GVA法律事務所

国際取引・海外進出

中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(2)- 賃金の支払い

 感染が拡大する新型コロナウィルスに対する中国の法的対応や、現地法人の労働者等が「濃厚接触者」に該当性するか否かの判断基準、「濃厚接触者」であると判断された場合にどのような対処を受けるのかなどについては、『中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(1)− 濃厚接触者への対応等』をご参...

唐 紅海
弁護士法人 GVA法律事務所

国際取引・海外進出

中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(1)- 濃厚接触者への対応等

 春節休暇期間の延長に関する賃金の支払い、営業の再開期間延長に関する賃金の支払い、さらに、医学観察を受けているなどの原因により通常勤務ができない労働者に対する賃金の支払いについては、『中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(2)− 賃金の支払い』をご参照ください。  新型コロナウ...

唐 紅海
弁護士法人 GVA法律事務所

国際取引・海外進出