すべての実務Q&A

1〜10件を表示 75

民法改正による消滅時効に関する変更点 「主観的起算点」とは

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 旧民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 旧商法:民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成29年法律第45号)...

細川 慈子弁護士
大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

新型コロナウイルス問題が台湾企業との契約に与える影響について

契約上のリスクの発生と免責の論拠  今年に入り急速かつ広範囲に拡大した新型コロナウイルス感染症により、世界中の企業が、業務時間の短縮、従業員の削減、さらには事業の閉鎖を今も余儀なくされています。そして、企業にとってはやむを得ないこれらの措置は、多くの契約関係にリスクを引き起こすこととなりました。筆...

翁 乙仙 外国法事務弁護士(台湾弁護士)
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

取引・契約・債権回収

寄託契約に関する債権法改正の概要

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 旧民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 部会資料:法制審議会民法(債権関係)部会資料 諾成契約への変更 概要  旧民法では、寄託契約は...

北野 知広弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

組合契約に関する債権法改正の概要

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 旧民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 同時履行の抗弁、危険負担、債務不履行解除の規定の不適用  従来、他の組合員が出資の履行をしないこと...

北野 知広弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

雇用に関する民法改正のポイント

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 旧民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 はじめに  本記事では、雇用に関する改正民法の内容を中心に解説します。  今日における大部分...

外山 信之介弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

委任に関する民法改正のポイント

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 旧民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 復受任者に関する規定の新設  委任契約において委任を受けた受任者は、自らと共同するなどして委...

外山 信之介弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

請負に関する民法改正のポイント

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 旧民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 注文者が受ける利益の割合に応じた部分的な報酬請求権の明文化  旧民法では、請負契約における報...

外山 信之介弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

新型ウイルス等による感染症・疫病と不可抗力免責条項の適用範囲および注意点

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法(2020年4月施行) 現行民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 はじめに  近時は、東日本大震災をはじめとする大地震や巨大台風(これに...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

取引・契約・債権回収

新型ウイルス等の感染症・疫病による契約の不履行・履行遅延の責任

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法(2020年4月施行) 現行民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 はじめに(近時の大災害(地震・台風等)・新型ウイルス等の感染症・疫病の多...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

取引・契約・債権回収

ファッション業界における新型コロナウイルス感染症を巡る契約書対応(不可抗力条項)

はじめに  新型コロナウイルス感染症が依然として世界的に猛威を振るうなか、ファッション産業もその影響を強く受けています。契約法務としては、いわゆる「不可抗力条項」の取扱いが注目を集めているところです。  生地などの素材メーカー、縫製工場、アパレル企業、小売店など、ファッション・サプライチェーンのど...

関 真也弁護士
関真也法律事務所

取引・契約・債権回収