すべての実務Q&A

1〜10件を表示 251

【2021年3月施行】 改正会社法で創設された社債管理補助者制度とは?

社債管理補助者制度の概要 制度創設の背景  社債を発行する場合、会社は、原則として社債管理者を定め、社債権者のために、社債の管理を行うことを委託しなければなりません(会社法702条本文)。  もっとも、実際のところは、会社法上の例外規定(会社法702条ただし書、会社法施行規則169条)を用いて、...

関 高浩弁護士
三宅坂総合法律事務所

コーポレート・M&A

社債権者集会の開催・決議や認可の省略を認める令和元年の会社法改正

※凡例 改正会社法:会社法の一部を改正する法律(令和元年12月11日法律第70号)に基づく改正後の会社法 旧会社法:会社法の一部を改正する法律(令和元年12月11日法律第70号)に基づく改正前の会社法 改正会社法施行規則:会社法施行規則等の一部を改正する省令(令和2年11月27日法務省令第52号...

関 高浩弁護士
三宅坂総合法律事務所

コーポレート・M&A

2021年3月施行 改正会社法で新設された会社補償に関する規定のポイント

※凡例 改正会社法:会社法の一部を改正する法律(令和元年12月11日法律第70号)に基づく改正後の会社法 旧会社法:会社法の一部を改正する法律(令和元年12月11日法律第70号)に基づく改正前の会社法 改正会社法施行規則:会社法施行規則等の一部を改正する省令(令和2年11月27日法務省令第52号...

江端 重信弁護士
三宅坂総合法律事務所

コーポレート・M&A

【改正会社法で新設】株式交付とは?株式交換との違い、利用できる場面は?

株式交付とは  組織再編において、株式会社(A社)がA社の株式を対価として、他の株式会社(B社)を子会社化したいというケースがあります。  このケースにおいて、A社がB社を完全子会社化する場合は、株式交換を用いることが可能です(会社法2条31号)。ただし、株式交換はA社がB社の発行済株式の全部を...

野間 昭男弁護士
三宅坂総合法律事務所

コーポレート・M&A

令和元年改正会社法におけるD&O保険(会社役員賠償責任保険)の締結の手続きと開示の方法

※凡例 改正会社法:会社法の一部を改正する法律(令和元年12月11日法律第70号)に基づく改正後の会社法 旧会社法:会社法の一部を改正する法律(令和元年12月11日法律第70号)に基づく改正前の会社法 改正会社法施行規則:会社法施行規則等の一部を改正する省令(令和2年11月27日法務省令第52号...

野間 昭男弁護士
三宅坂総合法律事務所

コーポレート・M&A

株主総会招集通知の早期WEB開示とWEB修正をする時に知っておきたいポイント

招集通知の早期WEB開示  会社法上、上場会社は株主総会の開催日の2週間前までに招集通知を発送する必要がありますが(会社法299条1項)、招集通知は原則として書面で行われなければならないので、自社のホームページに招集通知を掲載したとしても、会社法上の招集通知としての効力が生じるわけではありません。...

三谷 革司弁護士
スパークル法律事務所

コーポレート・M&A

会社支配に必要な株式数は何%か

会社を支配するには過半数、さらに強固なものにするには3分の2の議決権  一般に、会社の支配権を確保しているという状況とは、取締役会の過半数をコントロールできる状況をいうものと考えられます。そして、株式会社の取締役は、株主総会において議決権の過半数をもって選任しますので(会社法341条1項)、総議決...

西岡 祐介弁護士
祝田法律事務所

コーポレート・M&A

株主総会議事録の記載例(役員等の報酬関係)

役員の報酬決議 規制の内容  指名委員会等設置会社以外の株式会社においては、取締役の「報酬等」(報酬、賞与その他の職務執行の対価として株式会社から受ける財産上の利益)は、定款に定めがある場合を除き、株主総会の普通決議により定める必要があります(会社法361条1項)。具体的には、報酬の種類に従い、...

鈴木 毅弁護士
桃尾・松尾・難波法律事務所

コーポレート・M&A

株主総会において株主提案が行使された場合の対応方法

株主提案権とは  「株主提案権」とは、一定の株式数を一定期間有する株主が、取締役(会)の招集する株主総会において、議題ないし議案を提案する権利です。  株主提案権は、議題提案権(会社法303条)、議案提案権(会社法304条)および議案の通知請求(会社法305条)からなります。  なお、議題と議案...

鈴木 毅弁護士
桃尾・松尾・難波法律事務所

コーポレート・M&A

株主総会の決議方法の種類について

株主総会決議の種類  株主総会は、株式会社の最高の意思決定機関であり、株式会社である以上は少なくとも1年に1回は開催されます(会社法295条1項、296条1項参照)。  この株主総会の決議方法については、株主総会が成立するに足りる最低限度の株式または株主の割合である「定足数」と、賛否を決する株式...

村永 俊暁弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所

コーポレート・M&A
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから