不動産

不動産の分野では売買・賃貸といった取引から、土地開発、投資・ファイナンスやREITなど幅広い分野で法的問題が発生します。また、環境関連の法規制も抑えておく必要もありますが、建築基準法、国土開発基本法、都市計画法、不動産特定事業法、土壌汚染対策法などの各種規制法は改正の動きも多く、常にキャッチアップする事は非常に負担がかかります。BUSINESS LAWYERSで最新の動きを掴み、専門家に相談するタイミングを逃さないようにしてください。

不動産に詳しい弁護士を探す

不動産のニュース

もっと見る(232件)

不動産の特集

日本版IR(カジノを含む統合型リゾート)の制度概要と実務の留意点

第2回 IR事業実施に必要な区域認定プロセスとIR事業参入のポイント

 前回は、日本のIR制度の枠組み、IR施設を構成する施設類型と企業の参加形態について解説しました。今回は、IR事業を行うために必要な区域認定のプロセスと、IR事業参入にあたっての留意点を説明していきます。 区域認定までのプロセス  IR事業の事業主体となる合弁会社に出資する構成企業や当該合弁会社...

大嶋 正道弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

不動産
もっと見る(11件)

不動産の人気特集

  1. PFIとはどのような手法か
  2. PFI事業に関わるコンソーシアムとSPCの活用
  3. 契約にあたって出店者が注意すべきことは何か
  4. PFIの事業類型
  5. PFI事業のプロジェクト・ファイナンス関連契約
  6. 契約にあたって貸主側が注意すべきことは何か

不動産の実務Q&A

使用貸借・賃貸借に関する民法改正のポイント

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 不動産賃貸人の地位の移転に関する改正 賃貸不動産の所有権移転と賃貸人の地位の移転  従来から、対抗力を有する不動産の賃貸借においては、第三者に対して賃貸借を対抗することができ、判例法理により、対抗...

田中 宏岳弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

不動産
もっと見る(12件)

不動産の人気実務Q&A

  1. 使用貸借・賃貸借に関する民法改正のポイント
  2. 定期建物賃貸借契約における説明書面の交付
  3. 建物建築に支障がない地中障害物について土地売主が責任を負うのか
  4. 借地上の建物を建て替えたいが借地権設定者の承諾を得る必要はあるか
  5. 所有地にPCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物がある場合にとるべき対応
  6. 自殺事故があった土地や建物について売主はどこまで説明責任を負うか

不動産に詳しい弁護士

大嶋 正道弁護士

弁護士法人片岡総合法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • ファイナンス
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
もっと見る(294人)