IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(2,169件)

IT・情報セキュリティの特集

デジタル・プラットフォーマー規制とデータの移転・解放

第2回 データの移転・開放等の在り方に関するオプションの概要(後半)と考え方のポイント、政府の動向

 前回は、デジタル・プラットフォーマーによるデータの寡占化と規制に関して、「データの移転・開放等の在り方に関するオプション」(デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会、データの移転・開放等の在り方に関するワーキング・グループ。以下「データ移転・開放オプション」という)における検討...

日置 巴美弁護士
三浦法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(80件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. 個人情報保護法改正、公取委の規制を見据えたCookie(クッキー)情報取扱いのポイント 〜国内企業は、法規制とパーソナルデータ保護を念頭に置いた活用を〜
  2. Cookieは個人情報に該当するか - リクナビやフェイスブックの事例から問題点を弁護士が解説
  3. リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説
  4. 平成29年5月30日に全面施行、「改正個人情報保護法」のポイント 〜免許証番号や指紋認識データも「個人情報」に〜
  5. eプライバシー規則案が与える日本企業の実務への影響
  6. 平成29年5月公布、「医療ビッグデータ法」のポイント

IT・情報セキュリティの実務Q&A

中国子会社に対する不正調査における証拠保全のプロセス

一般的な調査方法と想定される証拠資料の種類  本稿では、例として、中国子会社の従業員から、子会社の仕入および売上において、仕入先および販売先の会社は中国子会社の副社長兼営業部門長の妻が代表取締役を務める会社であり、架空取引が存在する旨の通報を受け、日本本社の調査チームが調査をする事例を想定して考えてみます。 事案の...

高槻 史弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(124件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 請負契約と準委任契約の相違点
  2. 要配慮個人情報とは
  3. 改正個人情報保護法によって設けられた個人識別符号とは?
  4. 加害者とならないために知っておきたい、名誉毀損の法的責任と成立要件
  5. 個人情報保護法はどのような法律か
  6. 従業員の私物の携帯端末を業務に利用する場合の留意点

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(196人)