IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(2,423件)

IT・情報セキュリティの特集

Omiaiによる年齢確認書類の画像データ漏えいから考える、個人情報の保存期間の定め方や漏えい時の対応法 - 影島広泰弁護士が解説

2021年5月21日、マッチングアプリ「Omiai」を提供する株式会社ネットマーケティング(以下、ネットマーケティング)は、Omiaiを管理するサーバーが外部からの不正アクセスを受け、会員情報の一部が流出した可能性が高いことを公表しました 1。 漏えいの可能性が考えられる情報は170万件を超え、そ...

影島 広泰弁護士
牛島総合法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(110件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. 【弁護士が解説】 NFTとは? 法規制と実務上の留意点
  2. 2020年6月成立の個人情報保護法改正の経緯とポイントを板倉弁護士が講演 〜第三者提供に関する新たな規定への対応と、「2種類の仮名加工情報」に着目を〜
  3. 令和3年改正プロバイダ責任制限法の影響度と実務対応 - 新たな裁判手続の創設、ログイン型投稿への対応、意見聴取義務
  4. NFTアートと著作権法の関係
  5. 改正個人情報保護法に基づく体制整備や、各国拠点での法制対応等が重要に 〜石川智也弁護士が注目する2021年の個人情報・セキュリティ関連分野のポイント〜
  6. リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説

IT・情報セキュリティの実務Q&A

システムエンジニア(SE)への専門業務型裁量労働制の導入要件と留意事項

はじめに  ソフトウェアベンダにおける開発コストの大部分はSEの人件費が占めていることから、ソフトウェアベンダにおいては、利益率を向上させるため、SEの労働時間を抑えようとするインセンティブが働きます。他方で、近年では労働時間管理が厳格化される傾向にあり、また、サービス残業等に対するレピュテーションリスクも大きくなっ...

上村 哲史弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

IT・情報セキュリティ
もっと見る(162件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 請負契約と準委任契約の違いとは
  2. 要配慮個人情報とは
  3. 個人情報保護法はどのような法律か
  4. 名誉毀損とは 成立要件や損害賠償、不法行為による慰謝料の仕組み
  5. 改正個人情報保護法によって設けられた個人識別符号とは?
  6. 従業員の私物の携帯端末を業務に利用する場合の留意点

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(227人)