IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(2,437件)

IT・情報セキュリティの特集

NFTと法

第6回 【弁護士が解説】 NFTを活用したブロックチェーンゲームと法規制

ブロックチェーンゲームとは  第1回で解説したとおり、NFTは、ブロックチェーン技術を利用し、唯一無二のユニークなデータの作成を可能にします。この性質を利用して、特定物や特定のデジタルアセットをNFTに表章させて、ブロックチェーン上で取引できるようにすることができます。  ブロックチェーンゲーム...

IT・情報セキュリティ
もっと見る(111件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. 令和3年改正プロバイダ責任制限法の影響度と実務対応 - 新たな裁判手続の創設、ログイン型投稿への対応、意見聴取義務
  2. 【弁護士が解説】 NFTとは? 法規制と実務上の留意点
  3. 【弁護士が解説】 NFTを活用したブロックチェーンゲームと法規制
  4. 2020年6月成立の個人情報保護法改正の経緯とポイントを板倉弁護士が講演 〜第三者提供に関する新たな規定への対応と、「2種類の仮名加工情報」に着目を〜
  5. Omiaiによる年齢確認書類の画像データ漏えいから考える、個人情報の保存期間の定め方や漏えい時の対応法 - 影島広泰弁護士が解説
  6. NFTアートと著作権法の関係

IT・情報セキュリティの実務Q&A

知的財産権・契約による保護を受けるデータ利活用のクリアランスの確保

データ利用に関するクリアランス確保の手順  あるデータの利用についてクリアランスが確保できているか、すなわち、データを特定の事業目的に利用することに法的な問題がないかを検討する際には、まず、自らが取り扱うデータの法的な性質の検討が重要です。その性質次第では、そもそも、権利者その他の利害関係者からの同意取得等が不要な場...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

IT・情報セキュリティ
もっと見る(167件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 請負契約と準委任契約の違いとは
  2. 要配慮個人情報とは
  3. 改正個人情報保護法によって設けられた個人識別符号とは?
  4. 従業員の私物の携帯端末を業務に利用する場合の留意点
  5. システム開発契約では、請負契約と準委任契約をどのように使い分けるべきか
  6. 名誉毀損とは 成立要件や損害賠償、不法行為による慰謝料の仕組み

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(227人)