ベンチャー

ベンチャー、スタートアップ企業が成長するに従い、法律の問題は多岐にわたるものとなっていきます。自社のビジネスモデルが適法なのか、資本政策・資金調達に関する問題や、知財、労務、紛争対応などのトラブルが発生した場合の対応方法、IPOや事業売却などのエグジットにあたって押さえるポイントなど、BUSINESS LAWYERSではベンチャー企業の方にも有用な情報を専門家が網羅的に解説します。専門家に相談した時には手遅れだった、という事がないよう、情報収集にお役立てください。

ベンチャーに詳しい弁護士を探す

ベンチャーのニュース

もっと見る(52件)

ベンチャーの特集

スタートアップ・ベンチャーの担当者が最低限知っておくべきストックオプション制度と税制適格の仕組みとは?

 会社法上では、「新株予約権」と呼ばれ(会社法 2条21号)、「将来、ある一定の条件(株価)で株式を購入できる権利」を指すストックオプション1。その設計は、特にスタートアップにおいては役員や従業員等(役職員等)のインセンティブコントロールのために重要な事項ですので、創業者が頭を悩ませる最も重要な経営...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業

ベンチャー
もっと見る(24件)

ベンチャーの人気特集

  1. スタートアップ・ベンチャーの担当者が最低限知っておくべきストックオプション制度と税制適格の仕組みとは?
  2. 契約書等の作成・レビュー体制の構築
  3. ルールメイキングの方法論 社会を変えるプロセスを再現可能なものに
  4. 税制適格ストックオプションがスタートアップの外部協力者まで適用拡大、要件・手続のポイントは?

ベンチャーの実務Q&A

スタートアップ投資契約における取得条項の定め方

取得条項とは  「スタートアップ投資契約における取得請求権の定め方」で述べたとおり、スタートアップ投資契約においては、優先株式の内容として、当該優先株式を有する株主が、会社に対してその取得を請求することができる権利(取得請求権)が定められることが通常です。  また、優先株式の内容として、会社が、当該優先株式を保有する...

村松 亮弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ベンチャー
もっと見る(17件)

ベンチャーの人気実務Q&A

  1. スタートアップ投資契約における取得請求権の定め方
  2. アメリカのベンチャー企業への投資における、希薄化防止条項の種類
  3. 優先株式の残余財産優先分配権と普通株式への転換権
  4. スタートアップ投資契約における優先配当権の定め方
  5. 優先株式はなぜアメリカのベンチャー投資でよく用いられるか
  6. スタートアップ投資契約における優先残余財産分配権の定め方

ベンチャーに詳しい弁護士

柳田 恭兵弁護士

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • ファイナンス
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • ベンチャー
もっと見る(254人)