ベンチャー

ベンチャー、スタートアップ企業が成長するに従い、法律の問題は多岐にわたるものとなっていきます。自社のビジネスモデルが適法なのか、資本政策・資金調達に関する問題や、知財、労務、紛争対応などのトラブルが発生した場合の対応方法、IPOや事業売却などのエグジットにあたって押さえるポイントなど、BUSINESS LAWYERSではベンチャー企業の方にも有用な情報を専門家が網羅的に解説します。専門家に相談した時には手遅れだった、という事がないよう、情報収集にお役立てください。

ベンチャーに詳しい弁護士を探す

ベンチャーのニュース

もっと見る(52件)

ベンチャーの特集

「コンバーティブル・エクイティ」をはじめとしたいわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要および実務Q&A

はじめに - いわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要 なぜ、今いわゆる「コンバーティブル投資手段」が注目されているのか  従来、日本のビジネス環境のなかではスタートアップが生まれにくいと言われてきました。しかし近時、伝統的な企業における構造的な成長性の限界や、金融緩和の流れを受けて、スタート...

飯島 隆博 弁護士
森・濱田松本法律事務所

ベンチャー
もっと見る(30件)

ベンチャーの人気特集

  1. スタートアップ・ベンチャーの担当者が最低限知っておくべきストックオプション制度と税制適格の仕組みとは?
  2. コンバーティブル・エクイティが日本のスタートアップを変える
  3. 投資契約の概要とタームシートにおける交渉
  4. 2021年のスタートアップ法務の展望(前編) 〜2020年の法務トレンドと2021年施行予定の法改正〜
  5. 新規事業は短期でスモールに目に見えるものを 無人決済店舗「TOUCH TO GO」に学ぶ、大企業・スタートアップ連携
  6. 「コンバーティブル・エクイティ」をはじめとしたいわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要および実務Q&A

ベンチャーの実務Q&A

コンバーティブル・エクイティとコンバーティブル・ノートの違いと特徴

 本解説シリーズの各論点の目次は「「コンバーティブル・エクイティ」をはじめとしたいわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要および実務Q&A」をご参照ください。 米国のシード期資金調達におけるコンバーティブル・ノートからコンバーティブル・エクイティへの進化 米国のシード期資金調達におけるコンバーティブル・ノー...

飯島 隆博 弁護士
森・濱田松本法律事務所

ベンチャー
もっと見る(22件)

ベンチャーの人気実務Q&A

  1. アメリカのベンチャー企業への投資における、希薄化防止条項の種類
  2. スタートアップ投資契約における優先配当権の定め方
  3. 優先株式の残余財産優先分配権と普通株式への転換権
  4. スタートアップ投資契約における優先残余財産分配権の定め方
  5. いわゆる「コンバーティブル投資手段」の概要と注目されている理由
  6. 優先株式はなぜアメリカのベンチャー投資でよく用いられるか

ベンチャーに詳しい弁護士

柳田 恭兵弁護士

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • ファイナンス
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • ベンチャー
もっと見る(266人)