ベンチャー

ベンチャー、スタートアップ企業が成長するに従い、法律の問題は多岐にわたるものとなっていきます。自社のビジネスモデルが適法なのか、資本政策・資金調達に関する問題や、知財、労務、紛争対応などのトラブルが発生した場合の対応方法、IPOや事業売却などのエグジットにあたって押さえるポイントなど、BUSINESS LAWYERSではベンチャー企業の方にも有用な情報を専門家が網羅的に解説します。専門家に相談した時には手遅れだった、という事がないよう、情報収集にお役立てください。

ベンチャーに詳しい弁護士を探す

ベンチャーのニュース

もっと見る(49件)

ベンチャーの特集

ベンチャー企業における一人法務の法務戦略

第2回 契約書等の作成・レビュー体制の構築

 ベンチャー企業などに多くみられる「一人法務」。実際に一人法務に就任すると、1日目から契約書レビューなどのタスクに忙殺され、そのなかで会社全体のリスクを最適化する体制を構築していくことはとても大変です。  本連載では特に上場等のエグジット(とりわけ3年以内にエグジットを見据えているタイミング)のベ...

坪田 晶子弁護士
法律事務所YOSHI

ベンチャー
もっと見る(23件)

ベンチャーの人気特集

  1. 契約書等の作成・レビュー体制の構築
  2. 投資契約の概要とタームシートにおける交渉
  3. コンバーティブル・エクイティが日本のスタートアップを変える
  4. 税制適格ストックオプションがスタートアップの外部協力者まで適用拡大、要件・手続のポイントは?
  5. 法務の未来を変える「Hubble」チームはどうやってできたか
  6. 法律事務所からスタートアップへ、弁護士の新しいキャリア選択

ベンチャーの実務Q&A

ベンチャー投資契約における株式の譲渡制限のあり方(先買権・共同売却権)

譲渡制限が必要とされる理由  ベンチャー投資において株式の譲渡制限が必要とされる理由は、経営者株主と投資家株主とで異なります。  まず、投資家株主からすると、現在の経営者が経営に関与していることが当該ベンチャー企業の価値、成長力の根源であるという前提に立ったうえで投資を行っているケースが多く、それゆえ、現在の経営者...

高田 翔行弁護士
きっかわ法律事務所

ベンチャー
もっと見る(9件)

ベンチャーの人気実務Q&A

  1. アメリカのベンチャー企業への投資における、希薄化防止条項の種類
  2. アメリカのベンチャー投資契約の特徴およびタームシートの機能
  3. 優先株式はなぜアメリカのベンチャー投資でよく用いられるか
  4. 優先株式の残余財産優先分配権と普通株式への転換権
  5. ベンチャー投資契約における株式の譲渡制限のあり方(先買権・共同売却権)
  6. ベンチャー投資におけるDrag-Along Right(ドラッグ・アロング・ライト)とは

ベンチャーに詳しい弁護士

柳田 恭兵弁護士

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • ファイナンス
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • ベンチャー
もっと見る(238人)