競争法・独占禁止法

独占禁止法、景品表示法、下請法など、非常に難解な法律が関係し、違反となった時のリスクが大きいのが競争法・独占禁止法の分野です。現場主導で事業を進める事によって、リスクを見落としてしまうケースも多く見られます。BUSINESS LAWYERSでは、専門分野での経験を有する弁護士による解説が充実しています。法務担当の方のみならず、営業など事業部門の方とも情報を共有いただき、適法な事業運営にお役立てください。

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士を探す

競争法・独占禁止法のニュース

もっと見る(595件)

競争法・独占禁止法の特集

激動する標準必須特許の世界で日本が取るべきポジションとは 識者が読む 標準必須特許をめぐるグローバルな攻防2022(後編)

標準必須特許(standard-essential patent:SEP)を争点とするきわめて重要な判断が2020年に入って各国で相次いで出されて以降、海外では2021年・2022年を「Year of SEP」と呼ぶほど目まぐるしい動きがみられたが、その間の日本国内の動きを専門家はどのようにみたのだ...

競争法・独占禁止法
もっと見る(41件)

競争法・独占禁止法の人気特集

  1. 独占禁止法上問題となり得る流通段階の取引行為とは?
  2. 標準必須特許で対立深める中国と欧米、日本の現在地とは 〜識者が読む 標準必須特許をめぐるグローバルな攻防2022(前編)〜
  3. 市場画定の意義と方法 - 不当な取引制限・企業結合・私的独占・不公正な取引方法それぞれの考え方 〜令和を展望する独禁法の道標5 第9回〜
  4. 不当な取引制限における「意思の連絡」が成立するための要件 - 内容と外延の考察 〜令和を展望する独禁法の道標5 第7回 〜
  5. 再販売価格拘束を行い得る「正当な理由」とは何か 〜令和を展望する独禁法の道標5 第8回〜
  6. 激動する標準必須特許の世界で日本が取るべきポジションとは 〜識者が読む 標準必須特許をめぐるグローバルな攻防2022(後編)〜

競争法・独占禁止法の実務Q&A

ガン・ジャンピング規制と海外における執行例

ガン・ジャンピング規制の概要  「ガン・ジャンピング」(gun jumping)とは、スタートの銃声が鳴る前に飛び出してしまうこと、つまり「フライング」を意味します。競争法の関係では、企業結合が完了する(いわゆる「クロージング」)まで当事会社はそれぞれ独立した事業者として活動しなくてはならないところ、企業結合をフライ...

菅野 みずき弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法
もっと見る(59件)

競争法・独占禁止法の人気実務Q&A

  1. 下請法が適用される情報成果物作成委託とは
  2. 下請事業者に対する代金はいつまでに支払う必要があるか(支払遅延の禁止)
  3. 下請法が適用される役務提供委託とは
  4. 独占禁止法で禁止されている「優越的地位の濫用」とは
  5. 独占禁止法で禁止されている「不当な取引制限」とは~カルテル・入札談合を中心に~
  6. 同業他社との間で行う情報交換が違法になる場合とは

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士

山口 拓郎弁護士

弁護士法人大江橋法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
もっと見る(253人)