人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,749件)

人事労務の特集

サイボウズ 青野社長が経営者に問う新常態への「覚悟」の意味

新型コロナウイルス感染症流行の影響によりテレワークが普及し、グループウェアやWeb会議、電子サインなどのITツールを新たに利用開始する企業が増えてきています。一方で、緊急事態宣言の解除以降、通勤客数が徐々に上昇するなど、一度取り入れられたはずの柔軟な働き方が定着せず、慣例により従来の執務状況に戻って...

人事労務
もっと見る(56件)

人事労務の人気特集

  1. 社員・従業員が新型コロナに感染した際の労務対応チェックリスト– 初動から対外的発表まで 〜新型コロナ労務対応の基本(前編)〜
  2. 社員・従業員本人や家族の新型コロナ感染疑い 企業が検討・実施すべきポイント - 賃金・補償・予防を中心に 〜新型コロナ労務対応の基本(後編)〜
  3. 同一労働同一賃金の原則にみる賞与の扱い方をめぐる実務対応 - 大阪医科薬科大学事件高裁判決
  4. 有期契約社員への退職金不支給は違法?メトロコマース事件東京高裁判決の解説と裁判所が考える「同一労働同一賃金」の現在
  5. 禁煙できない企業の「今そこにある危機」
  6. 企業を悩ます「加熱式タバコ」 専門家が勧める対応のポイント 〜従業員の「配慮」の気持ちを受け止めて禁煙サポートにつなげる〜

人事労務の実務Q&A

米国の職場いじめ(モラルハラスメント)に対する懲罰的賠償

問題の背景事情  アメリカでは、パワハラという概念はありません。代わりに同僚や部下によるいじめも含めた職場での不適当な取扱いを「Workplace Bullying」と総称しています。この区分の違いについて、日本では、アメリカに比べて職場での上下関係が伝統的に厳しいため、職場でのハラスメントというと、上司の部下に対し...

小笠原 耕司弁護士
小笠原六川国際総合法律事務所

人事労務
もっと見る(231件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 休職中の労働者への賃金と社会保険料の支払い
  2. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  3. 介護保険サービスの指定事業者とは
  4. 新型コロナによる業績不振で解雇・雇止めを行う際の留意点
  5. 勤務間インターバル制度とはどのようなものか
  6. 「時間単位年休」の導入における注意点

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(259人)