人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,732件)

人事労務の特集

「固定残業代の有効性」判断要素を示すも残された予測可能性という課題 - 国際自動車事件最高裁判決

はじめに 本稿の趣旨  2020(令和2)年3月30日、最高裁判所第一小法廷において、「歩合給の計算に当たり売上高等の一定割合に相当する金額から残業手当等に相当する金額を控除する旨の定めがある賃金規則に基づいてされた残業手当等の支払により労働基準法37条の定める割増賃金が支払われたとはいえない」と...

長瀨 佑志弁護士
弁護士法人長瀬総合法律事務所

人事労務
もっと見る(55件)

人事労務の人気特集

  1. 社員・従業員が新型コロナに感染した際の労務対応チェックリスト– 初動から対外的発表まで 〜新型コロナ労務対応の基本(前編)〜
  2. 社員・従業員本人や家族の新型コロナ感染疑い 企業が検討・実施すべきポイント - 賃金・補償・予防を中心に 〜新型コロナ労務対応の基本(後編)〜
  3. コロナ禍で事業停止したタクシー会社の対応に見る、整理解雇と大人数の退職勧奨のポイント
  4. 禁煙できない企業の「今そこにある危機」
  5. 同一労働同一賃金の原則にみる賞与の扱い方をめぐる実務対応 - 大阪医科薬科大学事件高裁判決
  6. 定年後再雇用をめぐる判決の動向

人事労務の実務Q&A

配転命令とパワハラ

問題の背景事情  本設問のように、特定の労働者を再教育する目的で実施する配転の場合には、業務の必要性に基づく人材の適正配置という要素は乏しく、むしろ外形のみから判断すると、あたかも閑職に追いやり仕事を与えない、あるいは短期間の異動を繰り返しているように捉えられる場合があります。著名なトナミ運輸事件は、内部告発に対する...

小笠原 耕司弁護士
小笠原六川国際総合法律事務所

人事労務
もっと見る(224件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 休職中の労働者への賃金と社会保険料の支払い
  2. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  3. 新型コロナによる業績不振で解雇・雇止めを行う際の留意点
  4. 会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか
  5. 勤務間インターバル制度とはどのようなものか
  6. 業績悪化を理由に賞与を引き下げたり不支給としてもよいか

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(251人)