人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,701件)

人事労務の特集

民法改正直前 人事労務分野における実務対応のポイント - 「消滅時効」の改正対応を中心に(後編)

 2020年4月に迫った民法改正に向けて、企業の人事労務分野ではどのような対応が求められるのでしょうか。前編に引き続き、小笠原六川国際総合法律事務所の小笠原 耕司弁護士、井垣 龍太弁護士、石原 亜弥弁護士、倉松 忠興弁護士がが、消滅時効の改正等への対応を中心に解説します。 賃金請求権と労働基準法1...

小笠原 耕司弁護士
小笠原六川国際総合法律事務所

人事労務
もっと見る(50件)

人事労務の人気特集

  1. 禁煙できない企業の「今そこにある危機」
  2. 企業を悩ます「加熱式タバコ」 専門家が勧める対応のポイント 〜従業員の「配慮」の気持ちを受け止めて禁煙サポートにつなげる〜
  3. 有期契約社員への退職金不支給は違法?メトロコマース事件東京高裁判決の解説と裁判所が考える「同一労働同一賃金」の現在
  4. 民法改正直前 人事労務分野における実務対応のポイント -「消滅時効」の改正対応を中心に(前編)
  5. 働き方改革時代に求められる攻めの管理部門 〜経営層と現場の間に立って企業の課題を解決〜
  6. 働き方改革の「実」が問われる1年に、パワハラ対策にも本腰を

人事労務の実務Q&A

新卒採用する外国人の在留資格を「技術・人文知識・国際業務」に変更する際の許可基準

はじめに  外国人留学生の新卒採用などを行う企業は、出入国在留管理局に対して、その外国人の在留資格を「留学」から「技術・人文知識・国際業務」に切り替えるための変更申請を行うことになります。  在留資格変更の申請について、出入国管理及び難民認定法20条3項は、「法務大臣は、当該外国人が提出した文書により在留資格の変更を...

佐野 誠
株式会社ACROSEED

人事労務
もっと見る(216件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  2. 「時間単位年休」の導入における注意点
  3. 「年次有給休暇」について就業規則に定める際の留意点
  4. 勤務間インターバル制度とはどのようなものか
  5. 休職中の労働者への賃金と社会保険料の支払い
  6. 在宅勤務制度を導入する場合の留意点

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(250人)