人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,675件)

人事労務の特集

展望 2020年の企業法務

第2回 働き方改革の「実」が問われる1年に、パワハラ対策にも本腰を

主な人事労務関連トピック概説(法改正・施行スケジュール)  働き方改革関連法は、2019年4月から施行が始まり、2020年は本格的な施行が始まる年になります。中小企業にも労働時間の罰則付き上限規制が適用され、大企業に日本版同一労働同一賃金制度が適用されます。また、パワハラに関する措置義務が設けられ...

向井 蘭弁護士

人事労務
もっと見る(47件)

人事労務の人気特集

  1. 禁煙できない企業の「今そこにある危機」
  2. グローバル人事の構想策定 〜Global HR Journey~日本企業のグローバル人事を考える〜
  3. ソフトバンクが副業・兼業制度を導入したねらい - 社員が成長し、イノベーションを生み出すために
  4. 有期契約社員への退職金不支給は違法?メトロコマース事件東京高裁判決の解説と裁判所が考える「同一労働同一賃金」の現在
  5. 働き方改革時代に求められる攻めの管理部門 〜経営層と現場の間に立って企業の課題を解決〜
  6. 企業を悩ます「加熱式タバコ」 専門家が勧める対応のポイント 〜従業員の「配慮」の気持ちを受け止めて禁煙サポートにつなげる〜

人事労務の実務Q&A

タバコ規制枠組み条約(FCTC)の概要と企業に求められる取り組みとは

経緯  1999年の第52回世界保健総会(WHO総会)において、条約の起草および交渉のための政府間交渉会議を設立することが決定され、2000年10月から2003年2月まで6回にわたる政府間交渉会議を経て、同年5月21日の第56回世界保健総会において採択され、2005年2月27日に発効しました。公衆衛生分野における初の...

片山 律弁護士
Wealth Management法律事務所

人事労務
もっと見る(210件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  2. 勤務間インターバル制度とはどのようなものか
  3. 「時間単位年休」の導入における注意点
  4. 従業員は何時間働かせることができるのか(労働時間に関する法規制)
  5. 1か月単位の変形労働時間制で特定された労働時間の事後的な変更と休日振替は可能か
  6. パートタイマーとはどのような労働者をいうか

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(248人)