知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(2,877件)

知的財産権・エンタメの特集

サイトビジット(資格スクエア)による書籍の不正利用、問題の概要と問われる責任 企業がコンテンツを作成するときに注意すべき著作権侵害・不正利用のリスクとは

サイトビジット(資格スクエア)による書籍の不正利用問題の概要 株式会社サイトビジット(以下「サイトビジット」といいます)が運営する資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」の教材において、複数の出版社の書籍が不正に利用されていました。サイトビジット側も不正利用の事実を認め、2020年8月31...

松澤 邦典弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(73件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. リーチサイトに関する規制の概要
  2. 感染症の流行によるイベントの中止、延期、開催方法の変更を行ううえでの留意点
  3. 著作権法改正の概要と「写り込み」に係る権利制限規定の対象範囲の拡大
  4. 写真をめぐる著作権のトラブルをどう防ぐか? 〜写真を利用する企業と写真家が知っておきたい法律上の注意点〜
  5. 任天堂「マリカー」訴訟、知財高裁の中間判決が示したゲーム名・キャラクターの許されない使用とは?
  6. 変わる著作権法、2020年の企業法務に求められる5つのこと

知的財産権・エンタメの実務Q&A

画像のデザインを保護するうえでの意匠法上の留意点

意匠法による画像デザインの保護総論  画像が意匠法による保護を受けられる、すなわち意匠登録の対象になりうる方法には、(1)画像意匠(物品から離れた画像自体)として保護を受ける方法と、(2)物品または建築物(以下「物品等」といいます)の部分としての画像を含む意匠として保護を受ける方法とがあります 1。  (2)の...

神田 雄弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ
もっと見る(172件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 特許とはどのような制度か
  2. 新聞記事をコピーして社内で利用することの問題点
  3. 特許ライセンスの実施料とライセンス契約上の定め方
  4. 特許を受けられる発明とは(特許要件)
  5. 特許権侵害の判断の仕方
  6. 著作物にあたらないものの種類と、利用をする際の注意点

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

飯島 歩弁護士

弁護士法人イノベンティア 東京事務所

  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 競争法・独占禁止法
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(292人)