知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(2,854件)

知的財産権・エンタメの特集

リアリティー番組に潜むリスクと製作者の法的責任 「テラスハウス」事件を二度と起こさないためにできること

はじめに - リアリティー番組とは  今日、テレビやインターネットで視聴者に提供される映像コンテンツの量は膨大化し、かつ、その制作手法も非常に多様化しています。そのため「リアリティー番組とは何か」と一言で表すことは難しくなっていますが、本稿では、「『特定の出演者が本人として出演していること』、『当...

國松 崇弁護士
東京リベルテ法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(70件)

知的財産権・エンタメの実務Q&A

商標の登録が認められる場合、認められない場合 - (1)商標法3条1項が定める一般的な要件

商標登録の要件  商標法では、商標登録の要件が定められています。商標法3条は商標登録のための一般的な要件を定めています。商標法4条は商標登録を受けることができない消極的要件を定めています。商標法5条、6条は商標登録のための形式的要件を定めています。本稿では、これらのうち、商標法3条1項が定める要件について説明します。...

平野 潤弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ
もっと見る(170件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 新聞記事をコピーして社内で利用することの問題点
  2. 著作物にあたらないものの種類と、利用をする際の注意点
  3. 特許権の消尽(国内消尽)とは
  4. 特許ライセンスの実施料とライセンス契約上の定め方
  5. 特許権の譲渡に関する留意点(特許権譲渡契約)
  6. 開発委託したコンピューター・プログラムを変更する際の注意点

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

飯島 歩弁護士

弁護士法人イノベンティア 東京事務所

  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 競争法・独占禁止法
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(285人)