国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,434件)

国際取引・海外進出の特集

タイにおける新型コロナの影響と不可抗力免責のポイント

はじめに  新型コロナウイルス(COVID−19)(以下「コロナウイルス」といいます)の世界的流行の発生は、日本、タイを含む世界経済に大きな影響を及ぼしています。タイ政府は、2020年3月25日、タイ全土に緊急事態宣言を発令しました(現時点で同宣言は7月末日までの予定となっています)。  当該宣...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(68件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. インド進出にあたって知っておきたいインド会社法の基本

国際取引・海外進出の実務Q&A

ベトナムにおける知的財産権に関する法令の概要

ベトナム知的財産法制度について  ベトナムでの知的財産法(以下、「法」といいます)は、ドイモイ政策実施後、WTO加盟などもあり整備が進んできています。このようなベトナム知的財産法整備の背景にある、ベトナムが加盟する主要な条約は、ベルヌ条約、パリ条約、TRIPS協定、マドリッド協定、特許協定条約、ハーグ協定などで、近時...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(91件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  2. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  3. 中国における合弁事業のメリット・デメリットと失敗対策
  4. 海外市場で販売を行うために販売店・代理店を選任する場合の留意点
  5. ベトナムの法令や司法制度の特徴
  6. 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル)

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(429人)