国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,356件)

国際取引・海外進出の特集

海外取引や事業進出に対応するビジネス英会話力を管理部門にPR 法務・経理・人事部門における「オンライン英会話」サービス活用事例

少子高齢化、労働人口の減少などにより国内市場の縮小が進むなか、M&Aや現地法人の設立によって海外に事業の活路を見出す日本企業が増えてきています。これに伴い、近年、ビジネス英語の必要性に迫られているのが、法務・経理・人事などの管理部門です。グローバルでの契約締結はもちろん、現地基準の経理処理ル...

国際取引・海外進出
もっと見る(65件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 英文契約書の準拠法、管轄裁判所、紛争解決
  2. 海外取引や事業進出に対応するビジネス英会話力を管理部門に 〜法務・経理・人事部門における「オンライン英会話」サービス活用事例〜PR
  3. 外為法改正-対内直接投資等に関する事前届出審査制度への影響
  4. 海外腐敗行為防止法とはどのような制度か? 〜日本企業が対策を取るために知っておくべきリスクの基本〜
  5. 国際商事仲裁を利用するときのポイント
  6. 英文契約書の表明保証

国際取引・海外進出の実務Q&A

中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって

撤退を見据えた事業の縮小  日本企業が中国事業から撤退する場合、中国国内の工場、営業所、店舗などを閉鎖し、または第三者に引き継いでもらうことが必要になります。  もっとも、通常に運営している中国子会社がただちに撤退を考えなければならないということは稀で、一般的には収益の悪化などを原因として徐々に事業を縮小していくとい...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(86件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(3)- 不可抗力
  2. コロナウイルス感染症の拡大に伴い、中国の裁判所から公表された契約の停止と中断に関する見解
  3. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  4. ベトナムにおける100%子会社の機関設計
  5. 中国・新型コロナウイルス感染拡大と現地日系企業の法的対応(1)- 濃厚接触者への対応等
  6. 外国為替・送金規制の内容と注意点

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(424人)