国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,474件)

国際取引・海外進出の特集

英文契約書の実務レッスン

第2回 2年目以降の法務部員が身につけたい、英文契約書交渉のスキル

前回は入社1年目の社員が英文契約書の実務を行ううえで必要な「英文契約に向き合う」力について説明しました。 今回は2年目以降の社員がどのようにスキルアップをはかるべきか、英文契約に向き合う力を習得した先にある活躍の可能性について筆者自身の経験を活かして解説します。 2年目以降の法務部員も「丁寧に」...

中尾 智三郎
キリンホールディングス株式会社 執行役員 法務部長

国際取引・海外進出
もっと見る(71件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 入社1年目の法務部員が身につけたい、英文契約書と向き合う力
  2. 2年目以降の法務部員が身につけたい、英文契約書交渉のスキル
  3. インド進出にあたって知っておきたいインド会社法の基本
  4. 外国人弁護士へのメール送付時の「ちょうどよい」件名・挨拶表現は
  5. 仲裁合意の実践的ドラフティング(2)重要な記載事項
  6. 中国「外商投資法」がついに施行、対応のポイントは?

国際取引・海外進出の実務Q&A

タイ国際航空の会社更生とチケットの払い戻しの可否

タイ破産法による自動停止の効力  米国のChapter11の自動停止(Automatic Stay)と同様のコンセプトに基づき、タイ破産法では、裁判所が会社更生の申立てを受理した場合、債務者は債務の弁済や資産の譲渡を禁止され、債権者は訴訟提起や担保実行を禁止されます。この自動停止の時点から、申立前に発生したすべての債...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(96件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続
  2. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  3. 海外市場で販売を行うために販売店・代理店を選任する場合の留意点
  4. 中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって
  5. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  6. 中国合弁会社のコントロールに対する外商投資法(2020年1月1日施行)の影響

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(433人)