国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,972件)

国際取引・海外進出の特集

法務が知っておくべき経済安全保障の最新動向と実務

第5回 日本企業のためのオーストラリア現代奴隷法の対応ポイント 開示を中心に

豪州現代奴隷法とは何か 施行から3年後の動向  2019年1月に施行されたオーストラリア現代奴隷法(Modern Slavery Act 2018. 以下「豪州現代奴隷法」といいます)は、強制労働や児童労働といったサプライチェーン上の人権侵害を防ぐべく、義務的な情報開示を通じて企業の自主的な取組...

木下 岳人弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出
もっと見る(113件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 日本政府による対ロシア経済制裁
  2. 米国の経済制裁の基礎知識と実務対応のポイント
  3. 経済安全保障推進法の影響度と実務対応
  4. 英文契約書の準拠法、管轄裁判所、紛争解決
  5. 英文契約書の基本的な考え方とレビューのポイント
  6. ウイグル人権問題に関する米中の制裁と日本企業の対応

国際取引・海外進出の実務Q&A

タイにおけるモバイルゲームの現状と、モバイルゲームをリリースする場合の法的留意点

タイのゲーム市場  2021年、世界のゲーム市場は1,780億ドルまで拡大し 1、そのうちモバイルゲームが52%を占めています 2。特にコロナ禍の影響で在宅で過ごす機会も増え、今後もゲーム市場は更なる成長が見込まれています。  グローバルゲーム市場調査会社Newzooによれば、2020年のタイのスマートフォンユーザ...

細川 怜嗣弁護士
森・濱田松本法律事務所 シンガポールオフィス

国際取引・海外進出
もっと見る(121件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  2. 国際商事仲裁とはどのような制度か
  3. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  4. ベトナムの法令や司法制度の特徴
  5. 中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続
  6. 中国における合弁事業のメリット・デメリットと失敗対策

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 東京事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
  • 資源・エネルギー
もっと見る(461人)