国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,388件)

国際取引・海外進出の特集

インド進出にあたって知っておきたいインド会社法の基本

 インドの会社法と聞くと、日本の会社法に比べて規制が少ないのではないか、というイメージを持つ人がいるかもしれません。しかし、実はインド会社法 1 は、日本の会社法にない規制が多く、インドに進出した日系企業が、インド会社法に従って会社運営をすることに苦慮することも珍しくないと言えます。  そこで本稿...

御代田 有恒弁護士
森・濱田松本法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(67件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 外為法改正-対内直接投資等に関する事前届出審査制度への影響
  2. 英文契約書の準拠法、管轄裁判所、紛争解決
  3. 海外腐敗行為防止法とはどのような制度か? 〜日本企業が対策を取るために知っておくべきリスクの基本〜
  4. 国際商事仲裁を利用するときのポイント
  5. 米国弁護士資格はどのように役立つのか?グリー法務部長と国際弁護士が語る実務での活かし方
  6. 米国法と米国契約法の概要、英文契約書の全体構造

国際取引・海外進出の実務Q&A

中国子会社の不祥事防止のための平時の備え

中国子会社の不祥事防止のための準備の必要性  日本企業の中国子会社・関連会社(以下「中国子会社等」といいます)における不祥事が相次ぐなかで、依然として、中国をはじめとする海外子会社の不祥事防止のための平時の備えとして、適切な内部統制やコンプライアンス強化の重要性が高まっています。本稿では、実際に生じた不祥事の例に触れ...

外山 信之介弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(90件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって
  2. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  3. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  4. 中国合弁会社のコントロールに対する外商投資法(2020年1月1日施行)の影響
  5. 海外市場で販売を行うために販売店・代理店を選任する場合の留意点
  6. 外国為替・送金規制の内容と注意点

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(424人)