危機管理・内部統制

内部統制報告制度、コーポレートガバナンス・コードなど、会社を取り巻く規制は年月を追うごとに整備されています。一方で、企業の不祥事は後を立ちません。不祥事を予防するための体制を整えるのはどうしたらよいか、もし不祥事が発生してしまったらどうしたらよいか。BUSINESS LAWYERSでは、第三者委員会などの経験も豊富に有する多数の弁護士が最新情報を基に解説しています。

危機管理・内部統制に詳しい弁護士を探す

危機管理・内部統制のニュース

もっと見る(197件)

危機管理・内部統制の特集

「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員マインドを変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(後編)

 ビジネスを取り巻く環境がかつてない速度と規模で変化を続けるなか、いかにして企業は、従業員のコンプライアンス意識を醸成し、自社の競争力を高めていくべきでしょうか。本稿では、企業コンプライアンスに詳しい増田 英次弁護士が、絶えず不祥事を繰り返してきた旧来型の管理支配型アプローチの問題点にメスを入れ、自...

増田 英次弁護士
増田パートナーズ法律事務所

危機管理・内部統制
もっと見る(64件)

危機管理・内部統制の人気特集

  1. 2020年6月成立、改正公益通報者保護法への対応に向けて企業が注意すべき点とは 〜適切な内部通報対応とリスクマネジメント策を考える〜PR
  2. 企業不祥事の分類と件数の推移
  3. パワハラ防止法施行、企業に義務付けられた防止対策と違法性判断のポイント
  4. 「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員マインドを変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(前編)
  5. 「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員マインドを変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(後編)
  6. 偽装請負の不正類型パターンと関連規制・罰則等のポイント(建設業、システムエンジニアリング等)

危機管理・内部統制の実務Q&A

3つのディフェンスラインと内部監査人協会(IIA)の「3ラインモデル」

IIAによる従来の「3つのディフェンスライン」  「3つのディフェンスライン」とは、リスクと内部統制手段の有効な管理のためには3つの別々のグループ(ディフェンスライン)による役割の分担が必要だとする考え方です。IIAは、図1の模式図を使ってこれを説明していました。 図1 従来の「3ラインディフェンス」の模式図...

渡邉 宙志弁護士
プロアクト法律事務所

危機管理・内部統制
もっと見る(35件)

危機管理・内部統制の人気実務Q&A

  1. 三つの防衛線(3つのディフェンスライン)によるリスクマネジメント
  2. 不正・不祥事に責任のある役職員に対する責任追及と処分のポイント
  3. 3つのディフェンスラインと内部監査人協会(IIA)の「3ラインモデル」
  4. 他社事例に学ぶ 不祥事発生後の説明・謝罪のポイント
  5. 企業不祥事を予防するための効果的な方策
  6. 不正・不祥事発生後における株主への対応のポイント(株主代表訴訟・株主総会等)

危機管理・内部統制に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・内部統制
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
もっと見る(450人)