危機管理・内部統制

内部統制報告制度、コーポレートガバナンス・コードなど、会社を取り巻く規制は年月を追うごとに整備されています。一方で、企業の不祥事は後を立ちません。不祥事を予防するための体制を整えるのはどうしたらよいか、もし不祥事が発生してしまったらどうしたらよいか。BUSINESS LAWYERSでは、第三者委員会などの経験も豊富に有する多数の弁護士が最新情報を基に解説しています。

危機管理・内部統制に詳しい弁護士を探す

危機管理・内部統制のニュース

もっと見る(209件)

危機管理・内部統制の特集

法律の枠を超える「知識創造」コンプライアンス

第2回 SDGsと連携すれば、コンプライアンスはもっと「楽しくてかっこいい」ものになる

法律の枠を超えてコンプライアンスについて語り合う場が「Re:houmu」です。 前回は発起人の大西 徳昭さん、三浦 悠佑さん、同会のメンバーである徳永 麻子さん、戸田 真理子さん、野口 あゆみさんに『「超」入門 失敗の本質』を題材とした「Re:houmu」の活動を振り返ってもらいました。 今回は...

危機管理・内部統制
もっと見る(72件)

危機管理・内部統制の人気特集

  1. BtoBメーカーの「形式的」不正、過剰反応は社会的損失を招く – 郷原信郎弁護士が見た曙ブレーキ工業検査データ改ざん問題
  2. 2020年6月成立、改正公益通報者保護法への対応に向けて企業が注意すべき点とは 〜適切な内部通報対応とリスクマネジメント策を考える〜PR
  3. 企業不祥事の分類と件数の推移
  4. コンプライアンス担当者が悩みを共有する場「Re:houmu」とは
  5. 偽装請負の不正類型パターンと関連規制・罰則等のポイント(建設業、システムエンジニアリング等)
  6. 改正公益通報者保護法のポイントと実務対応

危機管理・内部統制の実務Q&A

自社の役員・社員が週刊誌に取り上げられる場合に取りうる対応は

はじめに  自社の代表、社員を取り上げた週刊誌が発売された場合、取り上げられた本人のプライバシー侵害や名誉毀損につながる可能性や、事実と異なる内容まで書かれてしまうおそれもあります。レピュテーションリスクなど企業経営に対して与える影響を少なくするためにも、適切な対応が求められます。  名誉毀損またはプライバシー侵害...

佐藤 大和弁護士
レイ法律事務所

危機管理・内部統制
もっと見る(41件)

危機管理・内部統制の人気実務Q&A

  1. 三つの防衛線(3つのディフェンスライン)によるリスクマネジメント
  2. 不正・不祥事に責任のある役職員に対する責任追及と処分のポイント
  3. 3つのディフェンスラインと内部監査人協会(IIA)の「3ラインモデル」
  4. 他社事例に学ぶ 不祥事発生後の説明・謝罪のポイント
  5. ガイドラインを踏まえた内部通報制度の実践的な見直しのポイント
  6. 三つの防衛線(3つのディフェンスライン)を活用したレポートラインの整備

危機管理・内部統制に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・内部統制
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
もっと見る(462人)