危機管理・内部統制

内部統制報告制度、コーポレートガバナンス・コードなど、会社を取り巻く規制は年月を追うごとに整備されています。一方で、企業の不祥事は後を立ちません。不祥事を予防するための体制を整えるのはどうしたらよいか、もし不祥事が発生してしまったらどうしたらよいか。BUSIESS LAWYERSでは、第三者委員会などの経験も豊富に有する多数の弁護士が最新情報を基に解説しています。

危機管理・内部統制に詳しい弁護士を探す

危機管理・内部統制のニュース

もっと見る(197件)

危機管理・内部統制の特集

パワハラ防止法施行、企業に義務付けられた防止対策と違法性判断のポイント

はじめに - 本稿の趣旨 職場のパワーハラスメントに関する実態調査  職場のパワーハラスメントは、働く人にとって、心身に多大な影響を及ぼすだけでなく、勤務意欲にも影響を及ぼす問題です。また、パワーハラスメントは、企業にとっても、職場秩序の乱れや業務への支障が生じたり、貴重な人材の損失につながるだ...

長瀨 佑志弁護士
弁護士法人長瀬総合法律事務所

危機管理・内部統制
もっと見る(55件)

危機管理・内部統制の人気特集

  1. サプライチェーン・マネジメントに訪れた変革 〜無限に広がる企業責任に見合うコンプライアンス体制はできているか〜PR

危機管理・内部統制の実務Q&A

環境有害物質・廃棄物の処理について自治体・官庁等に対する照会の注意点

はじめに  近時、様々な企業・団体における不祥事が大きく報道されています。特に、環境有害物質(アスベスト、PCB(ポリ塩化ビフェニル)、ダイオキシン類、その他の土壌汚染を含む)の不適切な処理や産業廃棄物の不法投棄がなされるケースなどが報じられています。  不祥事の内容のみならず、不祥事発覚後の対応にも大きな非難が集...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制
もっと見る(34件)

危機管理・内部統制の人気実務Q&A

  1. 三つの防衛線(3つのディフェンスライン)によるリスクマネジメント
  2. 企業不祥事を予防するための効果的な方策
  3. 日本版司法取引制度(協議・合意制度)の概要
  4. コンプライアンスと内部統制システム
  5. なぜ反社会的勢力を排除しなければならないのか
  6. 三つの防衛線(3つのディフェンスライン)を活用したレポートラインの整備

危機管理・内部統制に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・内部統制
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
もっと見る(441人)