事業再生・倒産

BUSINESS LAWYERSに掲載されている弁護士は、大型事業再生・倒産案件から、地方中小企業の事業再生案件まで幅広い経験を有しています。また、私的整理手続や法的倒産手続において、債務者企業側・債権者側・スポンサーなど様々なステークホルダーの代理人という立場で、事件処理方針に関わっています。このような経験を踏まえて、ステークホルダー間の交渉、手続の進め方、デュー・ディリジェンス、スポンサー選定、各種契約書の作成、人事労務対応など、あらゆる局面・立場から多面的に弁護士が解説を行っています。

事業再生・倒産に詳しい弁護士を探す

事業再生・倒産のニュース

もっと見る(482件)

事業再生・倒産の特集

新型コロナによる資金繰りの悪化 対応のポイントは? - 事業再生手続も見据えて

はじめに  新型コロナウイルス感染症(以下「新型コロナ」といいます)の流行、それを受けた緊急事態宣言下における自粛の長期化により、資金繰りの悪化や事業の再構築に直面する企業も多いかと思います。  本稿では、そのような企業の視点に立ち、新型コロナを踏まえた事業計画策定に伴う論点について述べるとともに...

石田 渉弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

事業再生・倒産
もっと見る(5件)

事業再生・倒産の人気特集

  1. 新型コロナによる資金繰りの悪化 対応のポイントは? - 事業再生手続も見据えて

事業再生・倒産の実務Q&A

倒産手続中の企業をスポンサー企業が買収する際の留意点

倒産手続とM&A  窮境に陥り、ついには倒産手続に至った企業であっても、事業内容には見るべきものがあって窮境原因を除去し、事業の立て直しを図れば再建可能な場合が多くあります。  一般に、倒産手続に至った企業がそのまま自主再建を目指す場合には、倒産手続によって毀損された会社の信用を回復するまでに相当の期間を要し...

大島 義孝弁護士
東京ベイ法律事務所

事業再生・倒産
もっと見る(40件)

事業再生・倒産の人気実務Q&A

  1. 民事再生手続の流れ
  2. 売買契約の「所有権留保」特約に基づいて破産した取引先から商品を返却してもらうには
  3. 破産会社に支払う代金がある場合の支払い方法
  4. 破産申立てによって従業員の雇用や給料・退職金等の支払にはどのような影響があるか
  5. 会社の破産申請により生じる取締役と株主への不利益
  6. 金融機関から見た私的整理のメリット・デメリット

事業再生・倒産に詳しい弁護士

大江 祥雅弁護士

弁護士法人大江橋法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
もっと見る(213人)