訴訟・争訟

一般的な民商事紛争に加えて、海外でのトラブルをきっかけとした商事仲裁、クロスボーダー紛争や、労使紛争、知財紛争、税務紛争など企業が直面する問題は実に様々です。BUSINESS LAWYERSでは実務経験豊富な弁護士と弁護士の専門分野を生かした解説を掲載しています。もし紛争が発生する事態になった場合は、掲載されているコンテンツや、専門家を検索し、素早く適切な初動対応を心がけてください。

訴訟・争訟に詳しい弁護士を探す

訴訟・争訟のニュース

もっと見る(73件)

訴訟・争訟の特集

令和4年民事訴訟法改正(民事訴訟手続のIT化等)の概要

改正の背景・経緯  令和4年5月18日、「民事訴訟法等の一部を改正する法律」(令和4年法律第48号)(以下「改正法」といいます)が成立し、同月25日に公布されました。改正法は、公布の日から起算して4年を超えない範囲内において政令で定める日までの間に、段階的に順次施行されることとされています(後記4...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟
もっと見る(9件)

訴訟・争訟の人気特集

  1. 令和4年民事訴訟法改正(民事訴訟手続のIT化等)の概要
  2. 債務不履⾏に基づく損害賠償請求訴訟において弁護⼠費⽤を請求できるか -最高裁令和3年1⽉22⽇判決がもたらす実務上のインパクト-
  3. スポーツ紛争の解決方法 - オリンピックとCASのスポーツ仲裁
  4. 徹底解説、「共通義務確認の訴え」とは
  5. 日本におけるODR普及に向けた可能性と課題 - 日本ODR協会設立記念シンポジウムレポート
  6. 日本版クラスアクションか?制度の全体像を探る

訴訟・争訟の実務Q&A

社内文書の証拠提出

社内文書の証拠価値  民事訴訟において証拠として利用される文書の中には、契約書のように複数の者が作成に関与するものもありますが、その文書を証拠提出しようとする訴訟の一方当事者のみが関与して作成されるものもあります。たとえば、個人の場合は、日記やスケジュール帳などがこれに当たるでしょう。  企業の場合であれば、社内で用...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟
もっと見る(25件)

訴訟・争訟の人気実務Q&A

  1. 訴訟の開始から終了までの大まかな流れと期間
  2. 管轄裁判所とその選択
  3. 民事訴訟における証拠の利用とその種類
  4. 訴えてきた相手を訴え返すことの可否
  5. 訴訟告知の利用
  6. 訴訟の途中における請求金額の増額の可否

訴訟・争訟に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 訴訟・争訟
もっと見る(596人)