法務部

ビジネス環境の変化に伴い、法務部を取り巻く環境も大きく変化しています。契約審査、株主総会対応といった従来の法務部に求められる役割を果たす事はもちろん、どのような視点に立って業務に取り組むべきか、キャリア形成をどう考えて行くべきか。BUSINESS LAWYERSでは様々な業種業態の企業各社の法務体制、法務パーソンに求められる人物像や、企業内弁護士の現状など、インタビューを通じてお伝えしていきます。

法務部のニュース

もっと見る(20件)

法務部の特集

アジャイル・ガバナンス実現のために法律家は「賢い失敗」を許容せよ – 旭化成 髙山副社長・経産省 羽深弁護士

テクノロジーの急速な発展に伴ってイノベーションや社会構造の大きな変化が起きる昨今、既存のルールや制度のあり方を問い直すべき時期に来ている。これからの時代には、多様なステークホルダーが迅速にルールや制度をアップデートし続ける「アジャイル・ガバナンス」の実践が必要であるとの考え方のもと、経済産業省は20...

法務部
もっと見る(124件)

法務部の人気特集

  1. 「事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック」著者と編集者が語る 事業と法務の健全な関係の築き方
  2. アジャイル・ガバナンス実現のために法律家は「賢い失敗」を許容せよ – 旭化成 髙山副社長・経産省 羽深弁護士
  3. 新人法務におすすめの本 - Twitterでの推薦書籍と、法務の先輩2名による書籍活用のアドバイス
  4. 資料作成のプロに学ぶ!コンプライアンス研修資料のシンプルな作法(1) 〜パワーポイントの「強み」と「弱み」を知るだけで研修資料の質は格段に上がる〜
  5. 複数拠点を持つ法律事務所は書籍のオンライン閲覧サービスをどう選び、使っているか 〜大江橋法律事務所のBUSINESS LAWYERS LIBRARY導入・活用例〜
  6. BUSINESS LAWYERS LIBRARYにより、テレワーク下でもリサーチ業務の信頼性担保を実現 〜日本たばこ産業(JT)のBUSINESS LAWYERS LIBRARY導入・活用例〜

法務部の実務Q&A

はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎

そもそも民法とは何か  民法は、私人間の法律関係について規律する基本法といわれ、一般市民の法でもありますが、むしろ事業活動の基本的な法として重要です。  民法は、日常的な取引、金融取引その他の各種の契約や財産等を規律するもので、また、特別な法律がない場合や、基本的な法的枠組みは、民法に立ち戻って検討する必要があります...

浜辺 陽一郎弁護士
弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック

法務部
もっと見る(2件)

法務部の人気実務Q&A

  1. はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎
  2. はじめて法務担当となった方に向けた会社法の基礎