法務部

ビジネス環境の変化に伴い、法務部を取り巻く環境も大きく変化しています。契約審査、株主総会対応といった従来の法務部に求められる役割を果たす事はもちろん、どのような視点に立って業務に取り組むべきか、キャリア形成をどう考えて行くべきか。BUSINESS LAWYERSでは様々な業種業態の企業各社の法務体制、法務パーソンに求められる人物像や、企業内弁護士の現状など、インタビューを通じてお伝えしていきます。

法務部のニュース

もっと見る(19件)

法務部の特集

社内弁護士が法律事務所へ転職、利益相反について注意すべき点とは - 令和3年最高裁判決を踏まえた弁護士と企業の留意点

日本組織内弁護士協会(JILA) 事務総長 梅田 康宏 事務次長補佐(広報担当) 出屋敷 純一 梅田 康宏 2000年弁護士登録。2001年インハウスローヤーズネットワーク(現日本組織内弁護士協会)代表、2006年日本組織内弁護士協会理事長、2012年より現職。『インハウスローヤーへの道』(レク...

法務部
もっと見る(114件)

法務部の人気特集

  1. 新人法務におすすめの本 - Twitterでの推薦書籍と、法務の先輩2名による書籍活用のアドバイス
  2. 【法務の転職理由を聞く】志望動機と入社後ギャップ、転職成功の3つのコツを紹介 〜転職経験者の匿名座談会(前編)〜
  3. 【法務キャリアの歩き方】スキルの身につけ方と法務の出世、弁護士資格について本音で語る 〜転職経験者の匿名座談会(後編)〜
  4. 新たな法務の価値をつくるのはテクノロジーを活かす「人」の力 〜LegalForce × セガサミーホールディングス協働 法務業務DX促進イベントレポート〜
  5. 社内弁護士が法律事務所へ転職、利益相反について注意すべき点とは - 令和3年最高裁判決を踏まえた弁護士と企業の留意点
  6. 若手法務部員が語る本音 修正できない契約書、マンネリ、上司・弁護士との関係も 〜それでも法務はやりがいある仕事?〜

法務部の実務Q&A

はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎

そもそも民法とは何か  民法は、私人間の法律関係について規律する基本法といわれ、一般市民の法でもありますが、むしろ事業活動の基本的な法として重要です。  民法は、日常的な取引、金融取引その他の各種の契約や財産等を規律するもので、また、特別な法律がない場合や、基本的な法的枠組みは、民法に立ち戻って検討する必要があります...

浜辺 陽一郎弁護士
弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック

法務部
もっと見る(2件)

法務部の人気実務Q&A

  1. はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎
  2. はじめて法務担当となった方に向けた会社法の基礎