法務部

ビジネス環境の変化に伴い、法務部を取り巻く環境も大きく変化しています。契約審査、株主総会対応といった従来の法務部に求められる役割を果たす事はもちろん、どのような視点に立って業務に取り組むべきか、キャリア形成をどう考えて行くべきか。BUSINESS LAWYERSでは様々な業種業態の企業各社の法務体制、法務パーソンに求められる人物像や、企業内弁護士の現状など、インタビューを通じてお伝えしていきます。

法務部のニュース

もっと見る(5件)

法務部の特集

2020年に読まれた「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」収録書籍TOP20 契約実務や法務の基本実務に関する書籍が上位に

約700冊の法律書籍・雑誌を収録する「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」は、2020年3月の提供開始以降、約300冊の書籍を追加。参画出版社数も増え、契約・M&A・個人情報保護・労働関係・税務など幅広いジャンルの書籍をラインナップしています。 本記事では、サービス提供開始か...

法務部
もっと見る(97件)

法務部の人気特集

  1. Airbnb流、事業を前に進める法務の力 リードカウンセル渡部 友一郎氏に聞く
  2. AIは法務の仕事を奪うのか? 契約業務におけるAIの到達点と導入時の4つのフロー 〜Legal Innovation Conference 〜法務のDX〜で角田望氏が講演〜PR
  3. アフターコロナになっても変わらない、法務のあるべき姿 - パーソルグループ
  4. 2020年企業法務に関するアンケート結果 〜読者が選ぶ注目トピックス、読んで良かった記事は?〜
  5. 調査レポートや事例から紐解く、法務オペレーションとナレッジシェアの推進法 〜「デジタルトランスフォーメーション(DX)による法務部門の将来像」開催レポート〜PR
  6. 「コロナを超える」新しい法務キャリアの学び方 - ビジネスマッチング実践型大学院「武蔵野大学大学院」で即戦力の法務人材へ

法務部の実務Q&A

はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎

そもそも民法とは何か  民法は、私人間の法律関係について規律する基本法といわれ、一般市民の法でもありますが、むしろ事業活動の基本的な法として重要です。  民法は、日常的な取引、金融取引その他の各種の契約や財産等を規律するもので、また、特別な法律がない場合や、基本的な法的枠組みは、民法に立ち戻って検討する必要があります...

浜辺 陽一郎弁護士
弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック

法務部
もっと見る(2件)

法務部の人気実務Q&A

  1. はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎
  2. はじめて法務担当となった方に向けた会社法の基礎