取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(711件)

取引・契約・債権回収の特集

秘密保持契約(NDA)とは? 基本をひな形付きで簡単に解説

 企業の事業活動においては、営業活動や研究開発等によって、顧客名簿や新規事業計画、価格情報、製造方法、ノウハウなど、さまざまな秘密情報が生み出されています。秘密保持契約(NDA:Non-Disclosure Agreement)は、他者との取引のなかで、そのような営業上・技術上・経営上の秘密が適切...

BUSINESS LAWYERS 編集部
弁護士ドットコム株式会社

取引・契約・債権回収
もっと見る(93件)

取引・契約・債権回収の実務Q&A

業務委託契約でトラブルになりやすい損害賠償 - 裁判例と条項例を解説

業務委託契約を巡る紛争とは  業務委託契約書とは、その名のとおり、委託者が何らかの業務を第三者(受託者)に委託(外注)することを内容とする契約書です。委託する業務の内容等によって、「清掃業務委託契約書」「ソフトウェア開発委託契約書」などさまざまな類型があります。  業務委託契約書作成上の一般的な注意点は、「業務委託契...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(83件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 消滅時効についての民法改正の概要
  2. 債権が消滅しないように時効を更新させるにはどうしたらよいか
  3. 消費者契約法により無効とされる、事業者が負担する損害賠償責任の免除条項とは
  4. 英文契約書における権利義務の定め方
  5. 動産売買先取特権とは?制度活用のポイントと回収の手法
  6. 法人保証をとる場合に注意すべきポイントは?