取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(664件)

取引・契約・債権回収の特集

電子契約サービスの動向と概論

電子契約サービス概論  従前より、契約書等の取引書面を交わす場面では、紙文書を用意し押印する処理がなされてきた。このような紙文書への押印に相当するのが「電子署名」である。「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」(以下「電子帳簿保存法」という)2条6号では、注文...

水井 大弁護士
株式会社クラウドリアルティ

取引・契約・債権回収
もっと見る(64件)

取引・契約・債権回収の人気特集

  1. 新型コロナウイルス問題と債務不履行への対応 - 不可抗力の判断ポイントと民法改正の影響
  2. 新型コロナ感染症による建設請負工事・設備工事の完成不能・中止・延期の問題点(後編)
  3. 信用状付荷為替決済(L/C決済)のディスクレ
  4. 新型コロナ感染症による休業要請と商業施設・オフィスビルの賃貸借契約等の問題点(前編) 〜新型感染症拡大を理由に契約を履行しなかった場合の責任、賃貸借契約への影響〜
  5. 改正民法の施行に伴うWEBサービス利用規約作成・改訂の直前対応(後編) 〜定型約款における不当条項規制、内容の開示義務、内容変更時等の留意点〜
  6. 新型コロナ感染症による建設請負工事・設備工事の完成不能・中止・延期の問題点(前編)

取引・契約・債権回収の実務Q&A

印紙税法上の「契約書」に関する誤解とは 多額の過怠税の要因に

「契約書」に該当することが要件となる課税文書  印紙税法は、印紙税が課される文書として、不動産等の譲渡に関する契約書(第1号文書)から判取帳(第20号文書)までの20種類の文書を定めています。この20種類の文書のうち以下の課税文書に該当するといえるためには、その文書が「契約書」に該当することが必要になります。...

山田 重則弁護士
鳥飼総合法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(76件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 民法改正で瑕疵担保責任から契約不適合責任となって何が変わるか
  2. 民法改正が契約書の瑕疵担保責任(契約不適合責任)条項に与える影響
  3. 民法改正による消滅時効に関する変更点 「主観的起算点」とは
  4. 法定利率に関する民法改正のポイント
  5. 債権が消滅しないように時効を中断させるにはどうしたらよいか
  6. 債務不履行による損害賠償請求および解除権に関する民法改正の内容と取引基本契約書の見直し