取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(708件)

取引・契約・債権回収の特集

DX時代の有事対応を支えるデジタル証拠の扱い方PR 『即実践!! 電子契約』の著者解説セミナーレポート(第2回)

電子契約サービスの導入をはじめ、ビジネスをデジタルベースで再構築しようというデジタルトランスフォーメーション(DX)の動きは、新型コロナウイルス対応によって急速に進みました。DXの基礎となるのは、ビジネスで生成・交換されるドキュメントのデジタル化です。 2020年11月26日にBUSINESS L...

取引・契約・債権回収
もっと見る(68件)

取引・契約・債権回収の人気特集

  1. 英文契約書のサンプル・テンプレート:英語で構成する際の用語集
  2. 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書
  3. 貿易決済の種類と条項
  4. 売買契約に関連する民法改正のポイント
  5. 英文契約書送付時のメールや取り交わしの送付状の例文・ドラフト送付の文章
  6. 電子データでの契約締結

取引・契約・債権回収の実務Q&A

経営者保証ガイドラインと事業承継に焦点を当てた特則の解説

経営者保証ガイドラインとは 経営者保証ガイドライン制定・公表の背景と趣旨  日本では高齢化社会を迎え、経営者の高齢化が進むなかで、ここ数年、中小企業の円滑な事業承継が喫緊の国家的な課題となっています。このような状況に加えて、2020年2月以降のコロナ禍による業績悪化や過剰債務も重なり、中小企業の事業の承継を検討して...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(76件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 民法改正で瑕疵担保責任から契約不適合責任となって何が変わるか
  2. 消滅時効についての民法改正の概要
  3. 民法改正が契約書の瑕疵担保責任(契約不適合責任)条項に与える影響
  4. 債権が消滅しないように時効を更新させるにはどうしたらよいか
  5. 民法改正による消滅時効に関する変更点 「主観的起算点」とは
  6. 民法改正によって明文化された債権者代位権