取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(640件)

取引・契約・債権回収の特集

新型コロナ感染症による建設請負工事・設備工事の完成不能・中止・延期の問題点(後編)

はじめに  前編では、新型コロナウイルス感染症によって建設請負工事・設備工事を完了できなかった場合、その他中止・延期した場合の問題点について、帰責性の有無・不可抗力の判断がどのようになされるのかを、国土交通省から発出されている通知等とともに解説しました。  本稿では、後編として、新型感染症の影響が...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(63件)

取引・契約・債権回収の実務Q&A

寄託契約に関する債権法改正の概要

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 旧民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 部会資料:法制審議会民法(債権関係)部会資料 諾成契約への変更 概要  旧民法では、寄託契約は要物契約(すなわち、...

北野 知広弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(74件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 民法改正による法定利率の変化と実務への影響
  2. 製造物責任法とはどのような法律か
  3. 製造業者として製造物責任を負うのはどのような場合か
  4. 改正民法の施行日はいつか
  5. 製造物責任の免責事由
  6. 民法改正が債権譲渡に与える影響