すべての特集

21〜30件を表示 97

サステイナビリティ時代に求められる企業の経営戦略

第3回 「ビジネスと人権」に関する日本政府の対応状況と日本企業の取り組み動向

※本記事は、西村あさひ法律事務所が発行するニューズレターの「アジアニューズレター2020年10月30日号」に掲載されている「サステイナビリティと日本企業の海外進出 – ビジネスと人権① 総論 –」の内容を元に編集したものです。  「ビジネスと人権」は国内事業および海外事業の双方において、かつ業...

渡邉 純子弁護士
西村あさひ法律事務所

国際取引・海外進出

法律英語に特化した単語帳『法律英単語®2100』発刊、ねらいと活用のポイントを著者に聞く

英文契約書のドラフトやレビュー、外国人弁護士への案件依頼など、法務の仕事をするうえで英語は必須の知識と言えます。 一方で、法律英語を学習する適切な方法はまだ確立していません。Airbnbリードカウンセルの渡部 友一郎氏は自身の経験から法律英語に特化した単語帳の必要性を感じ、『高速マスター 法律英単...

渡部 友一郎弁護士

国際取引・海外進出

サステイナビリティ時代に求められる企業の経営戦略

第2回 「ビジネスと人権」の概要と国際的潮流

※本記事は、西村あさひ法律事務所が発行するニューズレターの「アジアニューズレター2020年10月30日号」に掲載されている「サステイナビリティと日本企業の海外進出 – ビジネスと人権① 総論 –」の内容を元に編集したものです。  多くのビジネスパーソンが「人権」という概念は企業活動や企業法務と...

渡邉 純子弁護士
西村あさひ法律事務所

国際取引・海外進出

法務の英語メール 課題克服レッスン

第3回 いざ、外国⼈弁護⼠とのオンライン会議設定

本連載では、架空の会社であるXYZ社の法務部に所属する先輩社員の佐藤さんと後輩社員の⼭⽥さんのOJTを通じて、TPOに応じた程よい英⽂表現をご紹介していきます。 第3回は、外国⼈弁護⼠とのオンライン会議を設定するためのメールを送る場合の⼼構えや書き⽅について、米国インターネット外資企業に勤務する渡...

渡部 友一郎弁護士

国際取引・海外進出

サステイナビリティ時代に求められる企業の経営戦略

第1回 サステイナビリティと日本企業の海外進出 〜求められる3つのマインドセット〜

※本記事は、西村あさひ法律事務所が発行するニューズレターの「アジアニューズレター2020年10月30日号」に掲載されている「サステイナビリティと日本企業の海外進出 −求められる3つのマインドセット−」の内容を元に編集したものです。  サステイナビリティやESG投資、気候変動対策やビジネスと人権...

渡邉 純子弁護士
西村あさひ法律事務所

国際取引・海外進出

法務の英語メール 課題克服レッスン

第2回 外国人弁護士に案件依頼の頭出し コツは「事実が伝わる文章」を書くこと

架空の会社であるXYZ社の法務部に所属する先輩社員の佐藤さんと後輩社員の山田さんのOJTを通じて、TPOに応じた程よい英文表現をご紹介していく本連載。 第1回に続き、今回は「案件依頼の頭出し」について、先輩社員の佐藤さんと後輩社員の山田さんのやり取りを見ながら、英文メールの勘所を押さえていきましょ...

山崎 聡士
株式会社コロプラ

国際取引・海外進出

英文契約書の実務レッスン

第2回 2年目以降の法務部員が身につけたい、英文契約書交渉のスキル

前回は入社1年目の社員が英文契約書の実務を行ううえで必要な「英文契約に向き合う」力について説明しました。 今回は2年目以降の社員がどのようにスキルアップをはかるべきか、英文契約に向き合う力を習得した先にある活躍の可能性について筆者自身の経験を活かして解説します。 2年目以降の法務部員も「丁寧に」...

中尾 智三郎
キリンホールディングス株式会社 執行役員 法務部長

国際取引・海外進出

英文契約書の実務レッスン

第1回 入社1年目の法務部員が身につけたい、英文契約書と向き合う力

法務部員の資質 英文契約書を「読める」、「作成できる」、「交渉できる」ようになるためには「英語能力」、「法律の知識」、「思考力」のすべてが必要です。ところが、そのそれぞれの要素の和と総合力が比例するかというとそうでもありません。いずれの要素も外部から補充ないし補強することが可能だからです。 法務...

中尾 智三郎
キリンホールディングス株式会社 執行役員 法務部長

国際取引・海外進出

法務の英語メール 課題克服レッスン

第1回 外国人弁護士へのメール送付時の「ちょうどよい」件名・挨拶表現は

ビジネス環境の国際化、複雑化に伴い英語が必要になる場面は増え続けています。これは法務部門においても例外ではなく、英文契約書のドラフトやレビュー、海外子会社のコンプライアンス体制構築など様々な場面で英語を用いる機会があります。 その一方で、英語に対して苦手意識を持つ法務担当者も多く、BUSINESS...

山崎 聡士
株式会社コロプラ

国際取引・海外進出

タイにおける新型コロナの影響と不可抗力免責のポイント

はじめに  新型コロナウイルス(COVID−19)(以下「コロナウイルス」といいます)の世界的流行の発生は、日本、タイを含む世界経済に大きな影響を及ぼしています。タイ政府は、2020年3月25日、タイ全土に緊急事態宣言を発令しました(現時点で同宣言は7月末日までの予定となっています)。  当該宣...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出