すべての特集

1〜10件を表示 109

メキシコの仲裁法および仲裁実務

はじめに  日本企業のメキシコ進出に伴い、日本企業またはそのメキシコ子会社等が他のメキシコ法人と取引をすることが多くなっている。このような状況で、仲裁の利用が以下の理由から重要となっている。  第一に、紛争が生じた場合の他の解決手段としてはメキシコの裁判所での訴訟があるが、多くの場合、日本企業側...

西山 洋祐弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

メキシコ競争法の解説

第3回 メキシコの企業結合規制

はじめに  メキシコにもいわゆる企業結合規制が存在し、連邦経済競争法において企業結合も規制されている。すなわち、連邦経済競争法は、競業他社や供給者等との間の合併や買収等を「集中(Concentración)」であると定め、調査や制裁の対象となりうるとすることで、いわゆる企業結合規制をしている 1...

西山 洋祐弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

サステイナビリティ時代に求められる企業の経営戦略

第14回 EUの「コーポレート・サステイナビリティ・デューデリジェンスに関する指令案」の概要と今後の見通し

※本記事は、西村あさひ法律事務所が発行するニューズレターの「サステイナビリティと日本企業の海外進出 - ビジネスと人権(13)EUのコーポレート・サステイナビリティ・デューデリジェンスに関する指令案 - 」の内容を元に編集したものです。 本法案公表の経緯と重要性  2022年2月23日、欧州...

渡邉 純子弁護士
西村あさひ法律事務所

国際取引・海外進出

法務が知っておくべき経済安全保障の最新動向と実務

第1回 経済安全保障推進法の影響度と実務対応

監修:中川淳司 弁護士 アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業 客員弁護士。(1)①WTO法およびWTO紛争解決に関して豊富な知識と経験を有し、政府のWTOパネル・上級委員会...

松本 拓弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

日本政府による対ロシア経済制裁

経済制裁とは何か  2022年2月24日、ロシアがウクライナに対して軍事的に侵攻したことに関して、同月26日、日本政府はEUその他諸国と協調し、ロシアに対する経済制裁を実施しました。さらに、その後数回にわたって追加的な制裁措置が実施されています。  経済制裁とは、条約その他の国際約束の履行、国際平...

小林 英治弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

サステイナビリティ時代に求められる企業の経営戦略

第13回 人権デューデリジェンスの実践(その5)- 国際人権基準や各国国内法の内容理解に基づく人権への負の影響の分析

※本記事は、西村あさひ法律事務所が発行するニューズレターの「サステイナビリティと日本企業の海外進出 - ビジネスと人権(10) 人権デューデリジェンスの実践[その5] -」の内容を元に編集したものです。  前回に続き、本稿では、企業が関連し得る人権への負の影響の分析(ステップ3)の後半として、...

渡邉 純子弁護士
西村あさひ法律事務所

国際取引・海外進出

メキシコ競争法の解説

第2回 メキシコの連邦経済競争法上の違反行為と事後対応

はじめに  第2回である本稿では、メキシコの競争法上禁止される行為について解説する。また、後述のとおりメキシコの競争法上もいわゆる確約手続とリニエンシー制度が定められており、実務上重要であることからかかる制度についても解説する。さらに、競争法違反調査において弁護士との間のコミュニケーションがいわゆ...

西山 洋祐弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

英文契約書の読み方・直し方 専門家による類型別の条項解説

第1回 英文契約書の基本的な考え方とレビューのポイント

この記事のエッセンス 英文契約書と日本の契約書の違いとその理由 英文契約書レビューの基礎的な視点は「明確性」「網羅性」「手続」 英文契約書固有の表現と典型的な構造を学ぶ クロスボーダー取引の「準拠法」「紛争解決方法」を検討する際のポイントとは 英文契約書の重要性と本連載の狙い  国内外の...

金子 涼一弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

メキシコ競争法の解説

第1回 メキシコの連邦経済競争法の全体像

はじめに  日本企業の国際進出が進むなか、進出先における競争法違反の防止や事後対応の重要性が高まっている。一般に競争法違反への制裁は比較的厳しく、後記 6.のとおりメキシコの競争法上の制裁も例外ではない。そこで、本連載ではメキシコの競争法について解説する。第1回である本稿では、メキシコの競争法の全...

西山 洋祐弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出

メキシコ労働法の解説

第5回 メキシコ労働法上の労働条件 法定労働時間および給与等

はじめに  メキシコで会社を設立し現地で労務提供する人材を雇用する場合には、メキシコの労働法の規定に則って労働条件を定める必要がある。そこで、本稿ではメキシコにおける労働条件や福利厚生に関するルールを日墨の労働法の相違点の指摘も交えて解説する。 メキシコの法定労働時間 労働時間  使用者と労...

西山 洋祐弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出