すべての実務Q&A

11〜20件を表示 107

タイ国際航空の会社更生とマイレージプログラムへの影響

はじめに  過去に会社更生を行った航空会社の多くは、マイレージプログラムの会員はロイヤルティの高い顧客であることから、航空事業の正常に継続していくにあたり重要であると考え、引き続きマイレージプログラムを提供することを選択してきました。こうした航空会社の事業再生事例としては、United Airli...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出

タイ国際航空の会社更生とチケットの払い戻しの可否

タイ破産法による自動停止の効力  米国のChapter11の自動停止(Automatic Stay)と同様のコンセプトに基づき、タイ破産法では、裁判所が会社更生の申立てを受理した場合、債務者は債務の弁済や資産の譲渡を禁止され、債権者は訴訟提起や担保実行を禁止されます。この自動停止の時点から、申立前...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出

2021年ベトナム企業法改正のポイント

はじめに  ベトナムでは、2021年より企業法、投資法、PPP法の改正3法が施行されます。今回の改正の目的は大きく2つあり、第一に外国投資をより誘致する法整備、第二は各法における行政手続の簡素化とガバナンス制度の整備になります。進出段階では特に投資法とPPP法を、進出後であれば企業法を留意すること...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出

2021年ベトナム投資法改正のポイント

クリエイティブスタートアップ等への投資優遇措置  ベトナムでは、投資法の改正により、新たに「クリエイティブスタートアップ」という用語が定義されました。詳細な条件等については、今後政令等で補充されることが見込まれます。この用語に関連して中小企業支援法(No.04/2017/QH14)があり、同法中の...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出

ベトナムにおける並行輸入規制

並行輸入とは  並行輸入とは、外国で販売されている商品を国内の正規ルートとは別に輸入することを指す言葉です。このような並行輸入は、国内と外国との製品価格の間に差があることから、外国において国内と比べ安価な製品を購入し、国内に輸入することによって生じることが一般的です。  日本国内においては、並行輸...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出

ベトナムにおける知的財産権に関する法令の概要

ベトナム知的財産法制度について  ベトナムでの知的財産法(以下、「法」といいます)は、ドイモイ政策実施後、WTO加盟などもあり整備が進んできています。このようなベトナム知的財産法整備の背景にある、ベトナムが加盟する主要な条約は、ベルヌ条約、パリ条約、TRIPS協定、マドリッド協定、特許協定条約、ハ...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出

中国子会社の不祥事防止のための平時の備え

中国子会社の不祥事防止のための準備の必要性  日本企業の中国子会社・関連会社(以下「中国子会社等」といいます)における不祥事が相次ぐなかで、依然として、中国をはじめとする海外子会社の不祥事防止のための平時の備えとして、適切な内部統制やコンプライアンス強化の重要性が高まっています。本稿では、実際に生...

外山 信之介弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業から撤退する際の留意点 持分譲渡の手続

撤退手法における持分譲渡の優位性  中国現地法人での事業からの撤退手法としては、「持分譲渡」のほかにも、「解散・通常清算」や「破産手続」が考えられます。前回記事「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって」で記述したとおり、手続に要する時間・費用等の観点で、持分譲渡が最も利...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続

解散・通常清算は、持分譲渡が難しい場合の次善の策  日本企業にとって、現地法人企業の事業からの撤退の手段として、費用や時間の面で持分譲渡の方法を優先的に検討することになるのが一般的であるのは、前回や前々回の記事でも説明した通りです(「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたっ...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出