2020年に読まれた「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」収録書籍TOP20 契約実務や法務の基本実務に関する書籍が上位に

法務部 公開 更新

目次

  1. 契約実務の解説書籍が上位、BUSINESS LAWYERS LIBRARY発の法律英単語帳もランクイン
  2. 書籍ビューワーの改善等により、管理部門の業務を一層サポート

約700冊の法律書籍・雑誌を収録する「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」は、2020年3月の提供開始以降、約300冊の書籍を追加。参画出版社数も増え、契約・M&A・個人情報保護・労働関係・税務など幅広いジャンルの書籍をラインナップしています。

本記事では、サービス提供開始から2020年12月までの期間 1 で集計した、収録書籍の閲覧時間ランキングTOP20を紹介します。

契約実務の解説書籍が上位、BUSINESS LAWYERS LIBRARY発の法律英単語帳もランクイン

昨年BUSINESS LAWYERS LIBRARYでもっとも読まれた書籍は、愛知県弁護士会 研修センター運営委員会 法律研究部 契約審査チーム・編『新民法対応 契約審査手続マニュアル』でした。同書は企業法務における契約審査手続の仕組み、および契約類型別の契約審査手続のポイントを解説。各契約書中にチェック事項として契約条項の留意事項を解説し、末尾には契約審査のポイントをまとめたチェックリストを掲載しています。

第2位は塩野 誠/宮下 和昌・著『事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック』。法務部門担当者に限らず、ビジネスマンが現場で使える法的論点をまとめた同書は、4月の追加収録以降、多くの方に読まれました。

また第3位以下にも契約実務や法務の基本実務に関する書籍が多く並びました。第4位にはBUSINESS LAWYERS LIBRARYのオリジナルコンテンツである、渡部 友一郎・著『法律英単語®2100 法律・基礎編』がランクイン。Airbnbのインハウスロイヤーである著者がまとめた同書は、法律英語に必要な最低限の語彙2100語を4段階のレベル毎に高速マスターできるシンプルな英単語帳です。2021年1月には日本加除出版からの刊行も予定されています。

第1位

新民法対応 契約審査手続マニュアル

新民法対応 契約審査手続マニュアル
発売日:2018年3月1日
出版社:新日本法規出版株式会社
編著等:愛知県弁護士会 研修センター運営委員会 法律研究部 契約審査チーム

迅速かつ的確に契約書をチェックでき、移り変わる契約審査実務に対応した最新の実践書です、旧版「[類型別]契約審査手続マニュアル」に、民法(債権法)改正のポイントを盛り込み、新たな契約類型を取り入れる等、全面的に刷新。利用頻度の高い契約について、実務上発生しうる問題点と検討方法を示しています。
また、各契約書中にチェック事項として、契約条項の留意事項を解説し、末尾には契約審査のポイントをまとめたチェックリストを掲載しています。


第2位

事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック
発売日:2015年8月28日
出版社:東洋経済新報社
編著等:塩野 誠、宮下 和昌

新企画、取引先との契約、経営企画…ビジネスマンが「現場で使える」を最重視!法務部員以外のための「逆引き」ハンドブックです。


第3位

Business Law Handbook ビジネス契約書の読み方・書き方・直し方

Business Law Handbook ビジネス契約書の読み方・書き方・直し方
発売日:2017年6月24日
出版社:日本能率協会マネジメントセンター
編著等:長瀨 佑志、長瀨 威志、母壁 明日香

民法改正に対応した契約書本で、読者特典として契約書書式ダウンロードにも対応しています。 若手法務部員が、契約書をチェックする際にどの点に着目すればよいか、どのように作成・変更すれば良いかわかる本です。


第4位

法律英単語2100 法律・基礎編

法律英単語®2100 法律・基礎編
発売日:2020年6月30日
出版社:弁護士ドットコム株式会社
編著等:渡部 友一郎

法律英語を鍛錬したいと思ったらまずこの1冊。最低限の語彙2100語を4段階のレベル毎に高速マスターできるシンプルな英単語帳です。学生・法律家・法務部員・パラリーガル・LLM留学生は必携。法務省「法令用語日英対訳辞書」に準拠しています。


第5位

Business Law Handbook 英文契約書ハンドブック

Business Law Handbook 英文契約書ハンドブック
発売日:2016年9月25日
出版社:日本能率協会マネジメントセンター
編著等:宮田 正樹

元商社で営業と法務を長年経験し、東証1部上場企業で法務部長を務めたベテラン法務マンが、海外の顧客とのビジネスの「現場で使える」英文契約書の実務知識を教えます。海外との取引で必要な、英文契約の基本に加え、貿易実務の必須知識も解説。 モデル契約書として「秘密保持契約書」「売買契約書」「販売特約店契約書」「ライセンス契約書」「業務委託契約書」等を収録しており、対訳と実用的なコメントも充実しています。法務担当・海外営業・輸出入業・調達担当必読の1冊です。


第6位

ストーリーとQ&Aで学ぶ改正個人情報保護法─ 取得, 管理, 利用, 提供, 漏えい, 開示請求, 越境移転, 匿名加工情報, 通信の秘密, 位置情報, AI─

ストーリーとQ&Aで学ぶ改正個人情報保護法─ 取得,管理,利用,提供,漏えい,開示請求,越境移転,匿名加工情報,通信の秘密,位置情報,AI─
発売日:2017年5月25日
出版社:日本加除出版
編著等:関原 秀行

個人情報を管理する際の「実務上のポイント」を、わかりやすく解説。平成27年改正後の法律・政令・規則、ガイドライン、委員会発出のQ&A、事務局レポート等、多数の法令・資料をこの一冊に集約しています。個人情報に関する基本的な対応方法だけでなく「通信の秘密」「位置情報」「AI」といった応用問題まで網羅的に収録しています。


第7位

業種別ビジネス契約書作成マニュアル—実践的ノウハウと契約締結のポイント サンプル書式ダウンロード特典付—

業種別ビジネス契約書作成マニュアル—実践的ノウハウと契約締結のポイント サンプル書式ダウンロード特典付—
発売日:2015年12月3日
出版社:日本加除出版
編著等:田島 正広、足木 良太、上沼 紫野、浦部 明子、笹川 豪介、柴山 将一、寺西 章悟

的確なリスク分析に役立つ、実態に即応した“生きた契約書式集”です。各分野に精通した弁護士が、その業種ごとに顕著に登場する契約類型をピックアップ。当該取引の特徴と場面に応じたリスク分析を踏まえ、契約条項化する際のポイントを指摘しています。また関連する他分野の契約に付したクロスレファレンスをたどることで、類似または関連する他分野の契約に関する解説も参照可能。契約類型ごとに各業種で取り上げている契約が逆引できます。


第8位

要件事実マニュアル 第5版 第2巻 民法2

要件事実マニュアル 第5版 第2巻 民法2
発売日:2016年12月30日
出版社:ぎょうせい
編著等:岡口 基一

訴訟類型ごとに要件事実をコンパクトにまとめ、基礎知識、論点、注意点等を解説。請求の趣旨、主文、訴状、判決書等の記載例も豊富に収録しています。第5版では、「渉外訴訟」「営造物に関する行政訴訟」「ハーグ条約に基づく子の返還」等の新たな項を加え、更に内容の充実を図っています。改正民法(債権法)にも完全対応。新旧で考え方や実務の対応が異なる箇所については、註釈で簡潔に明示しています。
第2巻の本書は、「民法2」(契約総論・各論、不法行為、親族・相続、不動産特別訴訟)です。


第9位

デジタル法務の実務 Q&A

デジタル法務の実務 Q&A
発売日:2018年11月5日
出版社:日本加除出版
編著等:高橋 郁夫、鈴木 誠、梶谷 篤、荒木 哲郎、北川 祥一、斎藤 綾、北條 孝佳

情報技術の進展が、実務にどのような影響を与えるのか?最新のIT法務に関する内容・知識を網羅した、関係者の必読書です。民事については、IoT、AI、FinTech等の最新の法律問題から、企業における情報管理、サイバー攻撃への対処、個人情報保護に関するコンプライアンスまで、実務上必要となる情報を解説。基本から応用まで把握できる手引書です。
また刑事については、不正指令電磁的記録作成等罪、営業秘密侵害物品に係る輸出入規制、法執行機関への対応等、より実践的で実務に資する内容を掲載しています。


第10位

会社法実務マニュアル 第2版 ─株式会社運営の実務と書式─ 第2巻 株主総会・取締役・監査役

会社法実務マニュアル 第2版 ─株式会社運営の実務と書式─ 第2巻 株主総会・取締役・監査役
発売日:2017年1月20日
出版社:ぎょうせい
編著等:会社法実務研究会、深山 徹

平成26年の会社法改正の内容を踏まえ、内容を拡充。豊富な書式とわかりやすい図表により、会社法を日々の実務に生かすための手引書です。第2巻では、会社法の現代化に伴い変わりつつある取締役・監査役等の役割について、図表、書式を駆使し、視覚的に説明します。


第11位〜第20位

第11位 森・濱田松本法律事務所・編、松井 秀樹・著
新・会社法実務問題シリーズ/7 会社議事録の作り方〈第2版〉』(中央経済社)
第12位 岡口基一・著
要件事実マニュアル 第5版 第1巻 総論・民法1』(ぎょうせい)
第13位 塩野誠/宮下和昌・著
事業担当者のための逆引きビジネス法務ハンドブック M&A契約書式編』(東洋経済新報社)
第14位 野村豊弘・監修、虎ノ門南法律事務所・編著
民法改正で変わる!契約実務チェックポイント』(日本加除出版)
第15位 長瀬佑志/長瀬威志・著
Business Law Handbook 契約実務ハンドブック』(日本能率協会マネジメントセンター)
第16位 植松勉・著
企業のための 契約条項有利変更の手引』(新日本法規出版株式会社)
第17位 会社法実務研究会・編、本井克樹・著
会社法実務マニュアル 第2版 ─株式会社運営の実務と書式─ 第1巻 設立・解散・清算』(ぎょうせい)
第18位 重冨貴光/酒匂景範/古庄俊哉・著
共同研究開発契約の法務』(中央経済社)
第19位 ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)/デロイトトーマツコンサルティング合同会社/
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社・編著
インフォメーション・ガバナンス 企業が扱う情報管理のすべて』(東洋経済新報社)
第20位 瀧川英雄・著
スキルアップのための企業法務のセオリー 実務の基礎とルールを学ぶ』(第一法規)

書籍ビューワーの改善等により、管理部門の業務を一層サポート

BUSINESS LAWYERS LIBRARYは、2020年12月にPC版の書籍ビューワーの改善を行い、書籍内検索の使い勝手を大きく向上。また縦読み・横読みの切り替えや、全画面表示、しおり機能等のアイコンを追加し、直感的な操作を実現しています。

コロナ禍の影響もあり、テレワークをはじめとした多様な働き方が定着しつつあるなか、BUSINESS LAWYERS LIBRARYは管理部門のオンラインでのリサーチ業務を今後も強力にサポートしていきます。

「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」法人プランについて

「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」は、以下の特徴・機能を備えた法律書籍・雑誌の月額閲覧サービスです。
  • 約700冊の書籍・雑誌のオンラインでの閲覧
  • PCに加え、タブレット・スマートフォンによる書籍・雑誌の閲覧
  • タイトル・本文について、キーワードによる書籍・雑誌の横断的な検索
また、本サービスでは法人向けの年間契約プランを提供しています。サービスの詳細はこちらからご確認いただけますので、この機会にぜひ法人プランを活用のうえ、実務にお役立てください。

新型コロナウイルスによる影響が続くなか、「BUSINESS LAWYERS LIBRARY」が新しい働き方に取り組む法務ご担当者様の一助になれば幸いです。

  1. ランキング集計期間:2020年3月17日〜12月15日 ↩︎

この特集を見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する