BUSINESS LAWYERS LIBRARY(ビジネスロイヤーズライブラリー)

デジタル法務の実務 Q&A

発売日
2018年11月05日
出版社
日本加除出版
編著等
高橋 郁夫、鈴木 誠、梶谷 篤、荒木 哲郎、北川 祥一、斎藤 綾、北條 孝佳

情報技術の進展が、実務にどのような影響を与えるのか? 最新のIT法務に関する内容・知識を網羅した、関係者の必読書! 【民事】 IoT、AI、FinTech等の最新の法律問題から、企業における情報管理、サイバー攻撃への対処、個人情報保護に関するコンプライアンスまで、実務上必要となる情報を解説。基本から応用まで把握できる手引書。 【刑事】 不正指令電磁的記録作成等罪、営業秘密侵害物品に係る輸出入規制、法執行機関への対応等、より実践的で実務に資する内容を掲載。

目次

表紙

推薦のことば

はしがき

凡例

編集者・執筆者一覧

目次

第1章 デジタルビジネス法とは何か

Q1 デジタルビジネス法の概念及び全体像

Q2 情報ガバナンスとコンプライアンス

Q3 FinTechの概念と基盤となる技術

Q4 人工知能・AI/自律性の概念等

Q5 司法/弁護士業務のIT化

第2章 情報ガバナンス/プライバシー

Q6 企業における情報ガバナンス体制

Q7 企業における内部統制システムの構築とIT への対応

Q8 個人情報保護法の改正

Q9 改正個人情報保護法とビッグデータ時代

Q10 GDPRの概要

Q11 GDPRの日本企業への影響

Q12 GDPRと越境データ移転

Q13 位置情報等の活用と法規制

第3章 情報ガバナンス/ドキュメントレビュー

Q14 不正行為の概念/その背景/具体例

Q15 海外子会社における不正調査

Q16 不正調査とデジタルデータ

Q17 レビュープロトコル

Q18 情報漏えい対応における経営者の役割と訓練

Q19 独占禁止法違反事件と不正調査

Q20 情報ガバナンスと海外紛争解決手続対応

Q21 国際的レビュー

第4章 FinTech/ブロックチェーン/スマートコントラクト

Q22 ブロックチェーン技術

Q23 仮想通貨と法規制

Q24 仮想通貨と破産手続

Q25 ICOの法律問題

Q26 スマートコントラクト

Q27 API の公開

Q28 FinTech利用の証券取引の法律問題

Q29 オンラインゲームとe-Sports

第5章 AI/IoT/ ビッグデータ/自律性の概念等

Q30 AI技術の活用とその法律問題

Q31 チャットボットとは何か

Q32 法的判断支援システムの開発と著作権関連問題

Q33 チャットボット開発の関連法律問題

Q34 予測的タグ付け技術

Q35 IoT時代の法的問題

Q36 「つながる自動車」の法的問題

Q37 自律的な判断に基づく医療関連システムの法律問題

第6章 民事事件とビジネス法務

Q38 従業員に関するデジタル証拠の取得

Q39 従業員のパソコン内のデジタル遺品

Q40 契約書の電子化/電子契約

Q41 仮想化技術

Q42 秘匿特権をめぐる紛争の分析

Q43 督促手続オンラインシステム

Q44 裁判手続等のIT 化の検討

Q45 IT技術を利用した民事裁判の周辺手続

Q46 弁護士の情報発信/ML利用の諸問題

第7章 刑事事件とビジネス法務

Q47 デジタル社会における企業と刑事事件

Q48 サイバー攻撃の被害相談について

Q49 ランサムウェア対応とCSIRTについて

Q50 不正指令電磁的記録作成等罪について

Q51 営業秘密侵害物品に係る輸出入規制について

Q52 ホワイトカラー犯罪とデジタル証拠

Q53 法執行機関への対応

Q54 刑事事件におけるデジタル証拠の証拠開示 2

Q55 クラウド上のデータの差押え(リモートアクセスによる複写の処分)

事項索引

編集者紹介

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
500冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

閉じる