BUSINESS LAWYERS LIBRARY(ビジネスロイヤーズライブラリー)

スキルアップのための企業法務のセオリー 実務の基礎とルールを学ぶ

発売日
2018年07月12日
出版社
第一法規
編著等
瀧川 英雄

本書は、日々の企業法務の業務を一般化し、実務に即して理解を深められるように、企業法務担当者の心構え、業務遂行のためのスキル習得、典型的な法務案件を適切に処理するためのルール、という3つのステップに分けて解説を行う構成としている。

目次

表紙

はじめに

本書の構成

目次

第1部 企業法務担当者の心構え

第1章 仕事を始める前に

1—法務担当者に必要な心構え

2—法務担当者に求められる資質とスキル

3—法務担当者としての成長の方程式

第2章 企業法務の時代

1—ビジネスのグローバル化で高まる法務へのニーズ

2—リーガルリスク・ジャングルの時代

3—プレーヤーかつナビゲーター

第3章 企業の中の法務

1—自分が働く会社を知る

2—会社で働く人を知る

3—ビジネスの現場で使える「答」を出す

第2部 企業法務遂行スキル

第1章 企業法務の業務プロセス

1—法務業務(個別案件対応)の一般的な流れ

2—法務業務遂行における自問自答

3—ゴールから逆算する仕事の仕方

4—参考事例:秘密保持契約

第2章 依頼者からのヒアリングから業務の開始まで

1—法務業務のスタートはヒアリングから

2—何を聞き出すのか

3—聞き出したことをどう使うのか

4—アウトプットのイメージにつなげる

第3章 契約審査業務の実務手順

1—契約書は取引当事者間の法律

2—契約審査業務のフロー

3—契約書のルール

第4章 ビジネス文書(文書回答)の書き方

1—ビジネス文書の鉄則

2—ビジネス文書の具体的な組み立て

3—類型別文書作成のポイント

4—法務担当者にとっての文書作成

第5章 リーガルリサーチ

1—リーガルリサーチとは

2—リーガルリサーチが必要な場面

3—リーガルリサーチの方法論

4—他のリーガルリサーチの場面

第6章 ミーティング・マネジメント

1—ミーティングの場面

2—ミーティングの準備

3—ミーティング中の心得

4—ミーティングのバリエーション

第7章 交渉

1—交渉概論

2—協調型交渉―4つのステップ

3—対立型交渉

4—契約交渉

第8章 弁護士の活用

1—法律事務所を知る

2—弁護士を活用する

3—企業法務と弁護士

第3部 典型的な法務案件のセオリー

第1章 売買契約

1—売買契約とは

2—代理店契約

3—OEM売買契約

4—取引基本契約

5—価格を巡る交渉と契約条項

6—取引リスクのアロケーション

第2章 開発委託契約

1—開発委託契約とは

2—開発委託契約というゲーム

3—対価と横展開のトレードオフ

4—開発遅延・不能リスクへの対応

第3章 システム開発契約

1—システム開発契約とは

2—業務用システム開発契約というゲーム

3—システム開発のプロセスと契約

4—請負と準委任

5—契約上の主な論点

第4章 品質クレーム紛争

1—紛争解決のフレームワーク

2—品質クレーム紛争とは

3—品質クレーム紛争というゲーム

4—責任論

5—賠償の範囲・金額

6—支払方法・最終合意

第5章 訴訟

1—話し合い解決か訴訟か

2—民事訴訟というゲーム

3—ストーリー作り

4—証拠を見つけて争う

第6章 株主総会

1—株主総会とは

2—株主総会と法務の仕事

3—株主総会というゲーム

4—株式会社への規制

5—主な決議事項と5階建て構造

第7章 国際法務の基礎(主に新興国進出に関する法務問題)

1—国際法務というゲーム

2—国際契約の特徴

3—社員の競合化リスク

4—外資への規制

5—贈収賄リスク

事項索引

著者紹介

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
700冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる