BUSINESS LAWYERS LIBRARY(ビジネスロイヤーズライブラリー)

Business Law Handbook 英文契約書ハンドブック

発売日
2016年09月25日
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
編著等
宮田 正樹

元商社で営業と法務を長年経験し、東証1部上場企業で法務部長を務めたベテラン法務マンが、海外の顧客とのビジネスの「現場で使える」英文契約書の実務知識を教えます。  海外との取引で必要な、英文契約の基本に加え、貿易実務の必須知識も解説。  モデル契約書として「秘密保持契約書」「売買契約書」「販売特約店契約書」「ライセンス契約書」「業務委託契約書」等を収録しており、対訳と実用的なコメントも充実。  法務担当・海外営業・輸出入業・調達担当必読の1 冊です。

目次

表紙

はじめに

目次

CHAPTER.1 英文契約書の基本知識

1.国際契約と英文契約書

(1)国際契約とは

(2)国際取引の特徴とリスク

(3)国際契約がより詳細になるわけ

(4)契約書作成・締結の意義

(5)英文で作成する理由

(6)英米法の法理、判例、商慣習への理解

(7)契約締結権者の確認

(8)国際契約締結の際の確認事項

(9)英文契約の様式

(10)英文契約書が難解に思える理由

(11)なぜ「英文契約書」(国際契約)は、長文となるのか

2.一般条項

(1)定義条項(DEFINITIONS)

(2)契約期間(TERM)

(3)通知(NOTICE)

(4)完全合意条項(ENTIRE AGREEMENT)

(5)契約譲渡条項(ASSIGNMENT)

(6)契約解除(TERMINATION)

(7)修正・変更条項(AMENDMENT AND ALTERATION

(8) 当事者の関係(RELATIONSHIP; INDEPENDENT CONTRACTOR

(9)不可抗力免責(FORCE MAJEURE)

(10)準拠法(GOVERNING LAW)

(11)紛争解決(SETTLEMENT OF DISPUTES)

Tips フォーラム・ノン・コンビニエンス(”forum non conveniens”:不適切な法廷地)

(12)分離(SEVERABILITY)

(13)権利放棄条項(NO WAIVER)

(14)文末文言

CHAPTER.2 具体的な契約書に基づく解説

1.秘密保持契約書と予備的合意書(レター・オブ・インテント)

(1)秘密保持契約書

(2)予備的合意書(レター・オブ・インテント)

2.売買契約書

(1)当事者:

(2)取引の内容

(3)付帯解説事項

3.販売特約店契約書

(1)当事者:

(2)取引の内容

(3)付帯解説事項

4.ライセンス契約書

4-1.商標ライセンス契約書

4-2.特許ライセンス契約書

5.業務委託契約書

(1)当事者:

(2)業務委託の内容

(3)付帯解説事項

CHAPTER.3 補足関連知識

1.インコタームズの解説

(1)インコタームズとは何か?

(2)インコタームズのカバーする項目

(3)インコタームズではカバーされていない項目

(4)11のトレードタームズ(Trade Terms)

(5)Incoterms 2000とIncoterms 2010との違い

2.ウィーン売買条約

(1)この条約が適用される取引契約

(2)本条約が適用される対象

(3)日本の民商法と異なる点

(4)「重大な契約違反」について

(5)売主の義務

(6)買主の義務

(7)買主の救済方法

(8)売主の救済方法

(9)危険の移転(危険負担)について

(10)実務上の対応

3.貿易実務

(1)輸入実務

(2)L/Cの実務

(3)輸出実務

INDEX

目次に掲載されていない参考文例・条項

著者プロフィール・主要参考図書

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
700冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる