営業現場で使える!英文契約書のポイント

第18回 船積みの督促と船荷証券(B/L)未着の場合の対応

取引・契約・債権回収
宮田 正樹 一般社団法人GBL研究所 理事

シリーズ一覧全22件

  1. 第1回 英文契約書の基礎知識
  2. 第2回 英文契約書のサンプル・テンプレート:英語で構成する際の用語集
  3. 第3回 国際売買取引のきっかけとなる英文メールの作法
  4. 第4回 取引条件を提示するときの伝え方
  5. 第5回 見積もりの依頼と申し込みの承諾
  6. 第6回 契約締結における留意点
  7. 第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)
  8. 第8回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その2)
  9. 第9回 英文契約書送付時のメールや取り交わしの送付状の例文・ドラフト送付の文章
  10. 第10回 契約締結時に問題となる、印紙税と書式の争い
  11. 第11回 契約条項の変更交渉と変更契約書の締結
  12. 第12回 電子データでの契約締結
  13. 第13回 貿易決済の種類と条項
  14. 第14回 荷為替手形決済の仕組みと為替手形の形式
  15. 第15回 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書
  16. 第16回 信用状(L/C)の開設通知と訂正依頼
  17. 第17回 信用状(L/C)の受領後の船積実務
  18. 第18回 船積みの督促と船荷証券(B/L)未着の場合の対応
  19. 第19回 貿易取引で売主が支払督促を行う場合の英文メール・督促状(Demand Letter)の書き方と法的手続
  20. 第20回 信用状付荷為替決済(L/C決済)のディスクレ
  21. 第21回 英文契約書における商品クレームの通知と応対
  22. 第22回 商品クレームの解決手段として用いる英文の和解契約書例
もっと見る 閉じる

目次

  1. 納期確認
  2. 督促
  3. 船到着時に通関書類が届いていない場合の対応
    1. 船荷証券の危機と直送書類の場合
    2. 銀行にはB/Lが届いている場合
    3. L/Gを船会社に差し入れる

 前回(「第17回 信用状(L/C)の受領後の船積実務」)で、商品が船積みされるところまで来ました。
 L/Cの開設など支払いもそうですし、商品の船積みもタイムリーに行われると何ら問題はないのですが、これが往々にして遅れがちになり、「督促」する必要があるのが売買取引の実情です。

 筆者が若い頃には、「督促」の決まり文句は「RUSH」でした。「(Please)Rush your L/C covering our O/Nos. (Order Numbers)1900 to 1935.(契約番号1900番から1935番までをカバーするL/Cの開設を急げ!)」とか、「(Please)Rush the shipment of our O/No. 1900.(契約番号1900番の船積みを急げ!)」なんてテレックス(当時)を頻繁に打電したものです 1
 ということで、今回は主として船積みの「督促」に関するやり取りを中心に話を進めます。

納期確認

 まずは、納期(船積時期)の確認を怠らないことが基本です。

  • I would like to know the due date regarding our P/O (Purchase Order)No. 1900.
    (注文番号1900番の納期を教えてください。)

  • I would like to make sure about the due shipping date for P/O No.1900. According to your e-mail, we expect to receive the goods on October 15 by sea. Please let us know if this will be shipped as scheduled.
    (注文番号1900番の納期を確認したく存じます。貴社のメールでは10月15日に船便で品物が着荷するとのことでした。予定通りに出荷可能かご連絡ください。)

  • Could you inform us the shipment date of P/O No.1900?
    (注文番号1900番の船積日を教えていただけませんか。)

  • We need to know the delivery date for our O/No.1900. Please advise us when can we expect to receive these goods. Thank you in advance.
    (注文番号1900番の納期を知る必要があります。これらの商品をいつ受け取ることができるのかご連絡ください。よろしくお願いいたします。)

 さらに直接的なものとしては、以下のような表現もあり得ます。

  • When will it be delivered our order(No.1900)?
    (当社の注文は、いつ配送されますか?)

  • Please be sure to inform us of the expected date of shipment of our order (No.1900).
    (当社の注文の船積予定日を必ずお知らせください。)

 商品の現状も加えて確認する場合には、このような表現となります。

Please let me know the status of shipment and the date of the delivery of our P/O No.1900.
(注文番号1900番の出荷の状況と納期をお知らせください。)

督促

 納期の確認とともに、自己都合による督促をする場合は、次のような文言が考えられます。

  • Regarding due shipping date for P/O No.1900, we have a favor to ask.
    The demand of the products from our customer become much larger than we have expected and we need these products urgently by June 10th.
    Is it possible to move this due date before June 10th?
    (注文番号1900番の納期についてお願いがあります。 顧客からの要求が想定よりも多く、至急これらの製品を6月10日までに必要な状況となっています。 ついては納期を6月10日より前にしていただくことは可能でしょうか。)

  • We are badly waiting delivery of our order number 1900 which was placed on January 20, 2019. We are writing to you in the hope that the shipment can be pushed forward.
    This would be greatly appreciated.
    (2019年1月20日付発注番号1900番で注文した商品を、今や遅しと待っています。船積みを前倒しできないかお願いするためにご連絡差し上げました。そうしていただけましたら、大変ありがたいのですが。)

  • As our customers are in urgent need of these products, please ship them by the end of June.
    (当社の顧客はこれらの製品を緊急に必要としていますので、6月末までに船積みしてください。)

 逼迫してくると、次のように強面の文章になります。

  • We are writing to complain about our order No. 1900, [あるいは、Reference is made to our order No.1900], as of today, we have not received the order which was due to arrive on June 1.
    (当社注文番号1900番につきまして苦情を申し上げたく、ご連絡させていただきました。
    〔あるいは、当社注文番号1900番につきましてご連絡申し上げます〕。現時点で、6月1日に到着予定の注文番号1900番を受け取っておりません。)

  • If the shipment does not arrive by June 10, we will have to cancel this order.
    Please let us know by return whether you can ship the order immediately.
    (当社といたしましては、6月10日までに届かない場合、注文をキャンセルせざるをえません。ただちに船積可能か否かを折り返しご回答ください。)

 また、船積みを「早める」「促進する」という表現として“expedite”が使われます。

Please expedite the shipment of our order No.1900 so that we can receive the order no later than June 10.
(当社が注文番号1900番を遅くとも6月10日までに受け取ることができるように船積みを急いでください。)

 なお、督促・催促されるメッセージを受け取る相手方は、「イラッ!」と来るものです。
 そこで、「(督促あるいは催促して)すみません」のニュアンスを持つ前置き表現として、次のような文言を加えることも時として必要です。いずれも「お忙しいところすみませんが、〜」のニュアンスです。

  • (I am)Sorry to bother you, but 〜
  • I apologize for the urgency, but 〜
  • Sorry for the rush, but 〜
  • Recognizing your very busy schedule, but 〜
  • I understand that you have a heavy schedule, but 〜

船到着時に通関書類が届いていない場合の対応

 船(または飛行機)は輸入先に着いたものの、通関書類、特にB/L(船荷証券)が届いていない場合にはどのような対応をすればよいでしょうか。ケース別に解説します。

船荷証券の危機と直送書類の場合

 商品を積んだ本船が輸入港に到着しても、当該商品の輸入申告を行い、課税された場合には関税を支払うまで、言い換えれば、輸入通関手続が完了し船会社にB/Lを提出するまで、輸入者は商品を引き取ることができません。これは、B/Lが持つ「荷卸地で運送人へ貨物の引渡請求をすることができる貨物引換証であり権利証券」という機能によるものです 2

 すなわち、輸入者としては本船が到着する前に、B/Lを含む輸入通関用の書類が手元に届いていることが望ましいわけです。ところが近年、国際輸送の高速化に伴い、特にアジア諸国では貨物がB/Lより早く輸入地に到着するケース(「船荷証券の危機(B/L Crisis)」)が多々あります。

 その解決策として、輸入者が経費節減や取引迅速化のため、B/L原本の直送を輸出者に要求するケースが増えています。しかし、B/Lを輸入者に直送することは、荷為替の担保機能を損なう行為であり、輸出者にとっても、銀行にとっても、リスキーな行為となります。
 そこで、L/C開設の場合には、開設銀行がそれを承諾してくれることが大前提となります。開設銀行が承諾した場合には、「第15回 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書」の「3 L/Cの開設依頼書の見本」の㉒保険証券の欄にある「BENEFICIARY’S CERTIFICATE STATING THAT 〜」部分に次のように記述します。これにより、「以下に指定されている声明文をネゴ書類 3 として添付するということは、その通りにしなさいよ」という意味となります。

“BENEFICIARY’S CERTIFICATE STATING THAT 1/3 SET OF ORIGINAL B/L, 3 COPIES OF COMMERCIAL INVOICE AND 3 COPIES OF PACKING LIST HAVE BEEN SENT DIRECTLY TO THE CONSIGNEE.”
(三分の一セットのB/L原本と商業インボイス3部、パッキングリスト3部を荷受人に直接送ったことを証する受益者(輸出者)の声明書)

 BENEFICIARY’S CERTIFICATEの現物は、次のような書式になります。

BENEFICIARY’S CERTIFICATE


TO WHOM IT MAY CONCERN ;
L/C NO.: LCXXXXXXXXX
CONTRACT NO.: P/O No.1000
COMMODITY: FOOTWEAR
QUANTITY: 4,000 PRS
VALUE: US$44,000.-
SHIPPED PER: “AAA MARU”
B/L DATE: JULY.22,2019
THIS IS TO CERTIFY THAT 1/3 ORIGINAL B/L AND 3 COPIES OF COMMERCIAL INVOICES AND 3 COPIES OF PACKING LISTS HAVE BEEN SENT TO ROOM XXXX, ROPPONGI BUILDING, 4-1-4 MINATO-KU ROPPONGI, TOKYO, JAPAN 106-0032 BY ABC AFTER SHIPMENT IMMEDIATELY.

 なお、先に述べた輸出者の経費節減に関連して、貨物の引き取り遅れによって、以下のようなコストが生じます 4

デマレージ(DEMURRAGE)

 本船から陸揚げされたコンテナーや貨物は、コンテナ・ヤード(CY)またはコンテナ・フレート・ステーション(CFS)に運び込まれ、そこからの搬出が一定期間無償で猶予されます。この無料保管期間を「フリー・タイム」と呼びます(利用する航路や船会社等によって、期間は異なります)。フリー・タイムの間に貨物が引き取られない場合に発生する超過保管料を「デマレージ」といい、コンテナ回収を促進する意味から、長期滞留のコンテナには1日当たり高額のデマレージが課されます。

ディテンション(DETENTION)

 コンテナ・ヤードから納入先にコンテナを運搬し、コンテナ保管場(Van Pool)に返却されるまでの日数がフリー・タイムを超過した場合に課せられる返却延滞料金のことを「ディテンション」といいます。デマレージ同様に、一般的には、空コンテナの回収を促進する目的から、超過する期間が長くなるにつれ、1日あたりの料金は累進的に高くなります。

銀行にはB/Lが届いている場合

 L/C(信用状付荷為替手形)決済やD/P、D/A(信用状なし荷為替手形)決済の場合 5 には、荷為替手形が輸入者によって決済されるまでは、貨物の所有権・担保権は銀行にあります。貨物入荷時にまだ手形決済前のことが多く、その場合、貨物の引取を急ぐ輸入者は銀行から船積書類、特にB/Lを借り受ける必要が生じます。
 その際に、輸入者が銀行にT/R (輸入担保荷物保管証)を差し入れ、それを引き換えにB/L等の船積書類が輸入者に渡されて、貨物を引き取ることができるようになります。輸入者が手形を決済するまでの間は、銀行が貨物の所有権・担保権を保有したままの状態となりますから、輸入者は信託的にB/L等の船積書類を預かり、貨物を引取、処分することを約束するわけです。

 T/Rには、輸入者に貨物の陸揚げ・倉入れ・売却処分を認める甲号貸し渡し、貨物の陸揚げ・倉入れだけを認める乙号貸し渡し、航空貨物に利用される丙号貸し渡しがあります。

丙号貸し渡し

 航空貨物運送状(Air Waybill)は、荷物の引換証ではないことが船荷証券と大きく異なります。
 航空貨物運送状は本来、荷送人から荷受人への貨物運送通知書です。また、記名式であるため譲渡可能(negotiable)ではありません。このことから、荷受人は運送人(航空会社、航空貨物代理店等)に対して荷受人であることを証明すれば、運送状原本を運送人へ提出しなくとも貨物の引き取りが可能です 6
 そのため、勝手に輸入者に貨物を引き取られないように、荷送人(輸出者)が銀行を荷受人として指定することがあります。その場合、輸入者は「貨物引渡指図書」(Release Order:R/O)をその銀行に発行してもらう必要があり、このためのT/Rが丙号貸し渡し(丙号T/R)です。

 T/Rのフォーマットは、銀行により多少の違いはあっても、基本的には同じ条件が定められています。

L/Gを船会社に差し入れる

 B/Lが銀行にも届いていないにもかかわらず、貨物がB/Lより早く輸入地に到着するような場合には、輸入者は、「荷物引取保証の保証状(L/G:Letter of Guarantee)」を船会社に差し入れることによって、B/Lなしに輸入貨物の引渡しを受けられます。
 L/Gとは、「(B/Lなしに)当該貨物を引き取ったことに伴い発生しうる船会社の損害(真の引取権を有する者からの損害賠償請求など)を賠償すること、ならびに、将来到着するB/L(輸入者あるいは銀行などに届くであろうB/L)を船会社に提出すること」を船会社に対して保証する文言が書かれている保証状なのです。

 L/Gには、輸入者が単独の名前で差し入れる「Single L/G」と、輸入者の取引銀行(書類到着銀行)との連署で差し入れる「Bank L/G」とがあります。船会社は、一般的に銀行が輸入者と連帯して保証するBank L/Gを求めますが、輸入者が一流企業でありその信用状態に問題がなければ、Single L/Gでも応じます。

荷物引取保証(L/G)の流れ

出典:七十七銀行「貿易取引Q&A」の「3.信用状(L/C)について」Q8をもとに編集部作成

Bank L/G注釈付見本

三栄海運株式会社の「輸入BANK L/G フォーム」

出典:三栄海運株式会社の「輸入BANK L/G フォーム」をもとに、筆者が注釈を加えて作成

主要文言の日本語訳

下記の貨物に係るB/Lが未着のため、B/L原本の呈示なしに当該貨物のD/O(荷渡指図書)を下記の者に発行いただきますようお願い申し上げます。

貴社が上記のお願いに応じていただければ、当社は以下のとおりお約束いたします。
  1. 当社のお願い通りに貨物を引き渡したことにより、貴社およびその関係者が被る可能性がある、あらゆる責任・損失・損害・出費等から、それらの方々を免責し防御すること。
  2. 前述の貨物の引渡しに関連して、万一貴社およびその関係者に訴訟等が提起されたときには、貴社等の要求に従い、その防御に必要十分な資金を提供すること。
  3. 前述の貨物の引渡しに関連して、万一当該本船や他の持ち船、貴社の財産等が、差押え・留置されたり、差押え・留置に際して、それを免れるためまたはその解放のための担保金その他の担保提供が貴社に請求されたときには、当該差押え・留置が正当なものであるか否かを問わず、当該差押え・留置により貴社に生じることがある、あらゆる責任・損失・損害・出費等から、貴社を免責し防御すること。
  4. 当該B/Lの原本が手に入り次第、すべて貴社に手渡し、その時点でただちに本書に基づく我々の責任を終えること。
  5. 本書に基づくすべての者の責任は連帯責任であり、第一責任者が部分的に責任を負うか否かにかかわらず、貴社が最初に履行を請求することを条件とするものではないこと。
  6. 貴社と当社それぞれの補償責任は、いかなる場合においても、貨物のCIF価格の200%を超えるものではないこと。
  7. 本書は日本法を準拠法として成立し解釈されるものとし、本書に関わる争いは、貴社の請求により、日本の高等裁判所に提起されるものとすること。

 L/Gのフォームや文言は、船会社によって多少違いがあるものの、基本的には上記「BANK L/G注釈付見本」のような内容です。また、Single L/Gは、上記見本から5の連帯保証文言を削除したものとお考えください。

2019年度 GBL国際法務研修基礎セミナー

コースB「国際契約の基礎」講座

【開催期間】2019年10月3日(木)〜2020年2月13日(木)[毎週木曜日19:00~21:00]

【会場】  きゅりあん(品川区立総合区民会館):東京都品川区東大井5丁目18-1

【受講料】 全17回出席する場合は、154,000円(割引価格・税込)
1回あたり:11,000円(税込)

【主催】  一般社団法人GBL研究所

【後援】  レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル(Business Law Journal)


くわしくはこちら

  1. 実際には文中のような正規表現ではなくて、略語(アブリビエーション)を駆使した文章でした。テレックスについては「第16回 信用状(L/C)の開設通知と訂正依頼」を参照ください。 ↩︎

  2. B/Lの基本的な性質については、「第17回 信用状(L/C)の受領後の船積実務」の「4 船荷証券(B/L)の見本と主要記載項目」を参照ください。 ↩︎

  3. 「ネゴ」の詳細は、「第15回 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書」の「1 信用状付荷為替決済(L/C決済)」の⑦を参照ください。 ↩︎

  4. 出典:日本貿易振興機構(JETRO)「貿易・投資相談Q&A コンテナのデマレージとディテンション・チャージとの違い:日本」(2017年1月公開、2019年7月24日最終閲覧) ↩︎

  5. L/C、D/P、D/Aの詳細は、「第14回 荷為替手形決済の仕組みと為替手形の形式」を参照ください。 ↩︎

  6. 出典:日本貿易振興機構(JETRO)「貿易・投資相談Q&A 航空貨物運送状(Air Waybill)と船荷証券の違い」(2017年9月公開、2019年8月5日最終閲覧) ↩︎

シリーズ一覧全22件

  1. 第1回 英文契約書の基礎知識
  2. 第2回 英文契約書のサンプル・テンプレート:英語で構成する際の用語集
  3. 第3回 国際売買取引のきっかけとなる英文メールの作法
  4. 第4回 取引条件を提示するときの伝え方
  5. 第5回 見積もりの依頼と申し込みの承諾
  6. 第6回 契約締結における留意点
  7. 第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)
  8. 第8回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その2)
  9. 第9回 英文契約書送付時のメールや取り交わしの送付状の例文・ドラフト送付の文章
  10. 第10回 契約締結時に問題となる、印紙税と書式の争い
  11. 第11回 契約条項の変更交渉と変更契約書の締結
  12. 第12回 電子データでの契約締結
  13. 第13回 貿易決済の種類と条項
  14. 第14回 荷為替手形決済の仕組みと為替手形の形式
  15. 第15回 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書
  16. 第16回 信用状(L/C)の開設通知と訂正依頼
  17. 第17回 信用状(L/C)の受領後の船積実務
  18. 第18回 船積みの督促と船荷証券(B/L)未着の場合の対応
  19. 第19回 貿易取引で売主が支払督促を行う場合の英文メール・督促状(Demand Letter)の書き方と法的手続
  20. 第20回 信用状付荷為替決済(L/C決済)のディスクレ
  21. 第21回 英文契約書における商品クレームの通知と応対
  22. 第22回 商品クレームの解決手段として用いる英文の和解契約書例
もっと見る 閉じる

この特集を見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する