営業現場で使える!英文契約書のポイント

第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)

取引・契約・債権回収
宮田 正樹 一般社団法人GBL研究所 理事

シリーズ一覧全22件

  1. 第1回 英文契約書の基礎知識
  2. 第2回 英文契約書のサンプル・テンプレート:英語で構成する際の用語集
  3. 第3回 国際売買取引のきっかけとなる英文メールの作法
  4. 第4回 取引条件を提示するときの伝え方
  5. 第5回 見積もりの依頼と申し込みの承諾
  6. 第6回 契約締結における留意点
  7. 第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)
  8. 第8回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その2)
  9. 第9回 英文契約書送付時のメールや取り交わしの送付状の例文・ドラフト送付の文章
  10. 第10回 契約締結時に問題となる、印紙税と書式の争い
  11. 第11回 契約条項の変更交渉と変更契約書の締結
  12. 第12回 電子データでの契約締結
  13. 第13回 貿易決済の種類と条項
  14. 第14回 荷為替手形決済の仕組みと為替手形の形式
  15. 第15回 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書
  16. 第16回 信用状(L/C)の開設通知と訂正依頼
  17. 第17回 信用状(L/C)の受領後の船積実務
  18. 第18回 船積みの督促と船荷証券(B/L)未着の場合の対応
  19. 第19回 貿易取引で売主が支払督促を行う場合の英文メール・督促状(Demand Letter)の書き方と法的手続
  20. 第20回 信用状付荷為替決済(L/C決済)のディスクレ
  21. 第21回 英文契約書における商品クレームの通知と応対
  22. 第22回 商品クレームの解決手段として用いる英文の和解契約書例
もっと見る 閉じる

目次

  1. 一般条項(General Terms and Conditions)
  2. 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項
  3. 船積
  4. 支払条件
  5. 価格調整
  6. 保険
  7. 取引条件
  8. 梱包

 前回「第6回 契約締結における留意点」では、契約締結にあたって留意すべきポイントを解説しました。今回からは、いよいよ契約書の条項について解説をしていきます。

一般条項(General Terms and Conditions)

 申し込みに対して承諾がなされると、普通は契約が成立するわけですが、ビジネスにおいては、ましてや国際間の契約では、「契約書」として書面で契約を締結することになります。

 昔の話になりますが、タイプライターによるアナログな(英文)契約書の作成(というか「(英文)ドキュメント」の作成)方法しかなかった時代には、各社独自に定型の契約書の書式(フォーマット)を印刷してストックしておき、ブランクにしておいた部分に個別契約の内容をタイプライターで打ち込んで完成させるという方法をとるのが最も一般的でした。
 また、多くの場合、その契約書用紙の裏側に一般条項(General Terms and Conditions)が印刷されていましたので、その部分を指して日本では「裏面約款」と呼んだりしています。

 一般条項は、どのような契約でも必要とされるもので、支払条件や契約期間、解除、秘密保持などについて定めたものです。

裏面約款付き契約書の図

 現代においては、PCのワープロソフトで契約書を自製するのが普通ですから、裏面約款部分(General Terms and Conditions)はテンプレートとして用意しておいて契約書作成時にそれを使用する、あるいは「General Terms and Conditions」として別途プリントアウトしておいたものを個別契約明細と合本させる、というような方法がとられることが一般的です。
 もちろん「General Terms and Conditions」を含むすべての内容を個別に交渉して作り上げていくこともありますが、ここでは前者、すなわち一般条項(General Terms and Conditions)は所定のものを使用し、個別契約明細部分のみをその都度作成する(書き込む)方式での契約書式例を紹介します。

売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項

 以下、売契約(売約書:Sales Note)と買契約(買約書:Purchase Note)それぞれの「General Terms and Conditions」部分の比較を表にし、解説を加えています。
 なお、比較表の条項番号(1. Shipmentなど)は、Sales Note/Purchase Noteそれぞれの完成形に使用されている番号となっています。
 Sales Note/Purchase Noteそれぞれの全体像(完成形)は以下のリンク先から参照ください。

留意点

 ここでモデルとして取り上げる売契約(売約書:Sales Note)と買契約(買約書:Purchase Note)(General Terms and Conditions部分を含む)は、解説のために作成したものであって、模範契約書ではありませんし、ベストプラクティスとして作成したものでもありません。そのまま使用することは避けてください。

船積

Sales Note Purchase Note
1. Shipment
The date of a bill of lading shall be accepted as the conclusive date of shipment. Any shipment made within fifteen (15) days after the date specified for shipment shall be deemed as a contracted shipment. Partial shipment and/or transshipment shall be permitted and, in such case, each shipment shall be considered as a separate contract.
1. Shipment
Seller agrees to ship the Goods within the period stipulated on the face of the Contract. In the event Seller fails to make timely shipment of the Goods, Buyer may, upon written notice to Seller, immediately terminate the Contract or extend the period for shipment, in either event without prejudice to any of the rights and remedies available to Buyer.
Seller shall notify immediately to Buyer upon completion of loading on the vessel(s) or aircraft(s) stipulated on the face of the Contract the particulars of shipment including the Contract number, vessel’s name or flight number, sailing date, loading port, description of the Goods and package, quantity loaded, invoice amount and any other particulars essential to the Contract.
B/L(船荷証券)の日付をもって最終的な船積日と認定されるものとする。指定日の15日後までに船積された場合には、契約通りの船積であるとみなされるものとする。分割船積や積み替えは認められるものとするが、その場合、個々の船積はそれぞれ個別の契約として取り扱うものとする。(たとえば、分割船積の一部が納期遅れとなったとしても、その部分だけが契約違反となるのであって、全部が納期通り船積した部分までを含めた全体が契約違反とされるわけではないということを意味します) 売主はこの契約書の表面に記述された期間内に商品を船積することに合意する。もし、売主が商品を期間内に船積しなかった場合には、買主は、売主に対する書面による通知により、この契約を解除するか、船積期間を延長することができる。いずれの場合にせよ、買主は買主に認められる他の権利や救済手段を行使することを妨げられるものではない。(買主が損害賠償などを求めることもできるという意味です)
売主は、この契約書の表面に記述された本船または飛行機への積み込みが完了した時には、当該船積の詳細、すなわち、本船の名称または航空機のフライト・ナンバー、出航日、積出港、商品の明細、梱包数・数量、インボイス金額、その他この契約において必要とする詳細を、直ちに買主に通知しなければならない。

(下段=訳 以下同じ)

 海上輸送が唯一の輸送手段であった時代の名残なのか、「ship/shipment」という言葉が陸上輸送・海上輸送・航空輸送のいずれを問わず使用されます。

 売主としては多少の納期遅れは許してほしいと考えるものですので、この売約書では「期限から15日遅れまでは契約通りの船積」としています。
 一方買主としては、契約で定めた期限内での船積が当然であり、納期遅れの場合には契約解除することもできることにしています。

 なお、船積遅れを「重大な契約違反」として契約を解除することができることを明確化するために「Time of the shipment is of the essence of this Agreement.」という文言が買主から加えられることがあります。
 「essence」とは「本質、最も重要なところ」の意味ですから、「be of the essence」とは「非常に重要である」という意味になります。「the essence of this Agreement(またはContract)」は「この契約の本質(最も重要なところ)」であり、「Time of the shipment」を主語とすることにより、わずかでも履行期に間に合わない場合は「重大な契約違反(material breach)」として契約解除の対象となることを明確化して、その履行を迫る文言となるのです〔注1参照〕。

 買主は、輸入通関手続の準備や商品を顧客等へ配送する準備があるので、船積船名や出航日・到着日、船積明細などをただちに売主から連絡してもらう必要があります。FOB(Free On Board:本船甲板渡し条件、船に積み込まれた段階で荷物の引き渡しが完了し、リスク(危険)が売主から買主に移転します。買主が運賃と保険料を負担)条件などの場合は海上保険の付保のためにもこれらの情報が必要であり、より緊急性があります。

〔注1〕

 買主から「Time of the shipment is of the essence of this Agreement.」という文言が加えられることと同様に、売主の立場からは「Prompt payment is of the essence of this Contract」などの文言を加えられることがあります。
 「Prompt payment」を主語とすることにより、売主の立場で「支払遅れは許さないぞ!」という意思を示すことができ、わずかでも履行期に間に合わない場合は「重大な契約違反」として契約解除の対象となることを明確化して、その履行を迫る文言となります。

 主語が「Time」であれば(すなわち、Time is of the essence of this Agreementならば)、「時間が最も重要ですよ!」という意味となり、日本の法律用語でいうところの「定期行為」、すなわちクリスマス用品や結婚披露宴に出す料理など、契約の性質または当事者の約束によって一定の日時または期間内に履行しないと契約の目的を達成できないような行為の契約を表すことになり、履行できない場合には催告無しで契約を解除できることになります。
 「Time is of the essence of this Agreement」としておくと、売主・買主双方の履行義務が対象となりますね。

支払条件

Sales Note Purchase Note
2. Payment
An irrevocable and confirmed letter of credit shall be established within fifteen (15) days after the date of the Contract and such letter of credit shall be valid and effective for at least fifteen (15) days after the last date of shipment for negotiating the relative draft. The opening bank shall be nominated by Buyer and confirmed by Seller in advance.
該当する条項なし
取消不能の確認信用状(L/C)がこの契約締結後15日以内に開設されるものとし、当該L/Cは、最終船積日から少なくとも15日間の手形買い取り期間としての余裕を持たせた期間まで有効なものとする。
L/Cの開設銀行は、買主が指名し、売主が承諾した銀行とする。

 代金の支払および支払条件は売主にとって最大の関心事であり、最も重要な契約条件です。この売約書の例では、支払手段がL/C(Letter of Credit:信用状)決済となっていますので、以下の点が明示的に定められています。

  1. 契約締結後15日以内にL/Cを開設すること
  2. 最終船積期日(Latest Shipping Date)から15日後をL/Cの有効期限(Expiry date of credit)とすること
  3. 売主が(その銀行なら信用できるだろうと)承認する銀行でL/Cを開設すること

価格調整

Sales Note Purchase Note
3. Increased Costs
If Seller's costs of performance are increased after the date of the Contract by reason of increased freight rates, taxes or other governmental charges, and insurance rates including war risk, Buyer shall reimburse Seller for such increased cost or loss of income.
2. Charges/No Adjustment
All taxes, export duties, fees, banking charges and/or any other charges incurred on the Goods, containers and/or documents arising in the country of shipment and/or origin shall be borne by Seller.
The price specified on the face of the Contract shall be firm and final, and not be subject to any adjustment as a result of a change in Seller’s cost which may occur due to change in material or labour costs or freight rate(s) or insurance premium(s), or any increase in tax(es) or duty(ies) or imposition of any new tax(es) or duty(ies).
もし、売主が契約を履行するためのコストが、この契約締結日以降に、運賃の値上げ、前金その他政府の公課、戦争危険を含む保険料の値上げにより増加(上昇)した場合には、買主が当該コスト増又は損失利益を売主に償還する。 船積国あるいは生産国において商品に関して発生する税金、輸出関税、手数料、銀行費用、その他の全ての費用については売主が負担する。
この契約書の表面に記載された価格は、確定的で最終的なものであり、売主のコストに生じたいかなる変化・変更、すなわち、原材料や労賃の変更、運賃や保険料の変更、税金や関税の変更あるいは新税や新関税の導入などにより(価格を)調整されるものではない。

 契約締結後に生じた価格構成要素の変化のリスクを買主・売主いずれが負担するかを定めた条項です。いずれが負担するかは力関係によりますが、対象とする項目を含め、リーズナブルな分担を心がけたいものです。
 極端な変動が生じた場合に備えて、「事情変更条項(Hardship)」〔注2参照〕を加えることもあります。

〔注2〕hardship

 契約締結後、経済変動など予測しなかった事態が生じ、契約内容どおりの履行を行うことが難しい状況に陥る場合があります。そのような場合に備えて、以下のような条項が規定されることがあります。いわゆる「事情変更の原則」を取り込むべく工夫した条項で、このような条項を「事情変更条項」や「ハードシップ条項」といいます。なお、日本において事情変更を一般原則として定めた法規定は存在しません。

If, between the date of this Contract and the date on which the delivery of the Products under this Contract is to be made, there should be a material change in market condition or other circumstances, or a substantial change in exchange rate, which would impose hardship on either Seller or Buyer in performing its obligations under this Contract, then parties hereto shall, at the request of either party, meet, discuss and review in good faith the terms of this Contract so that it may be revised to resolve and overcome such hardship for the mutual benefit of both parties and the maintenance of a good relationship.
本契約の締結日と本契約に基づく本製品の引き渡し日との間において市場や環境の重大な変化等、または大幅な為替レートの変動があり、売主または買主のいずれかが本契約に基づく義務の履行が困難な状況となった場合には、当事者は相手方が要求したときには、本契約の条件について誠実に会談することにより、両当事者の相互利益と良好な関係を維持するために当該困難な状況の解消または克服のために(契約条件の)変更を図るものとする。

保険

Sales Note Purchase Note
4. Insurance
Under the CIF or CIP terms, insurance will be effected by Seller for one hundred and ten percent (110%) of the invoice amount. Premium for any additional insurance coverage, if required by Buyer, shall be borne by Buyer.
3. Insurance
In the event of CIF or CIP contract, insurance shall be effected by Seller. Such insurance shall be effected at one hundred and ten percent (110%) of the invoice amount, shall be issued by a first class underwriter and shall cover all risks including war risk. Any insurance not set forth herein shall be arranged by Seller whenever requested by Buyer.
CIFやCIPでの船積条件の場合には、売主はインボイス価格の110%で保険を付保するものとする。それ以上の付保金額とする場合には、増加保険料は買主の負担とする。 CIFやCIPでの契約の場合には、売主が保険を付保するものとする。売主はインボイス価格の110%を付保金額とし、一流の保険業者に戦争リスクを含む全てのリスクをカバーする保険を付保するものとする。本条に定めのない保険であっても、買主が指示した場合には、売主はそれを手配するものとする。

 CIF(Cost, Insurance and Freight:運賃・保険料込み条件)やCIP(Carriage and Insurance Paid To:輸送費保険料込条件)のように売主が損害保険を付保する場合の付保条件は、当事者間で取り決めがない限り、インコタームズ(International Commercial Terms:国際商業会議所(ICC)が制定した貿易取引条件とその解釈に関する国際規則)では下記の条件を満たす保険をかければよいことになっています。

「最低保険金額」(契約で定められた価格プラス10%、すなわち110%)で「最小担保」(minimum cover:全損(Total Loss)および共同海損(General Average)をカバーするだけ・・・一般的にはI.C.C.旧約款のF.P.A.条件、新約款の (C)条件と呼ばれている条件)で付保すればよい。

 したがって、保険金額を130%アップとしたり、戦争リスク(War Risks)およびストライキリスク(S.R.C.C Risks)もカバーしたい買主は、それらの要求が満たされるように契約書で特約しておく必要があります。

取引条件

Sales Note Purchase Note
5. Trade Terms
All trade terms provided in the Contract shall be interpreted in accordance with the latest Incoterms of the International Chamber of Commerce.
4. Trade Terms
All trade terms provided in the Contract shall be interpreted in accordance with the latest Incoterms of the International Chamber of Commerce.
この契約において定める取引条件は最新のインコタームズにより解釈するものとする。 この契約において定める取引条件は最新のインコタームズにより解釈するものとする。

 単にFOBとかCIFとか書いてあるだけでは、それがインコタームズに基づく取引条件だと認定されるとは限らないため、インコタームズに基づくものであることを明示的に記載しておく必要があります。

梱包

Sales Note Purchase Note
6. Packing
The make-up, packing, packaging and marking shall be at Seller's option.
5. Packing
Seller shall pack the goods in strong wooden case(s) or in carton(s), suitable for long distance ocean/parcel post/air freight transportation and for change of climate, well protected against moisture and shocks. Seller shall be liable for any damage of the goods and expenses incident thereto on account of improper packing and/or importer protective measures taken by Seller in regard to the packing.
化粧(仕上げ)、梱包、包装およびマーキング(パッキング・マーク)については売主の選択による。 売主は商品を、長距離の船便、小包、あるいは航空便や気候変動に適したもので、湿気や衝撃に耐えうる頑丈な木箱あるいはカートン(段ボール箱)に梱包するものとする。売主は、不適当な梱包方法や売主が梱包に施した保護手段の不具合によって生じた商品の損害や商品に生じた事故に係る費用を負担するものとする。

 「第5回 見積もりの依頼と申し込みの承諾」1の(3)「見積書のフォーマット」で述べたように、「梱包方法(packingまたはpackaging)」の定めは盲点になります。
 インコタームズでは「売主は、原則として自己の費用でもって、当該運送に適した方法で物品を梱包しなければならない」という規定を原則としています。
 したがって、売約書では売主の自由に委ねられているようですが、その商品の運送に適した方法で梱包していなかった場合には契約違反となります。

 特別な梱包方法を求める買主は、契約書において梱包の仕様をきちんと取り決めておく必要があります。


 一般条項について、Sales NoteとPurchase Noteを比較して条項例を紹介しました。次回も引き続き一般条項で定める事項について紹介をします。

2019年度 GBL国際法務研修基礎セミナー

コースB「国際契約の基礎」講座

【開催期間】2019年10月3日(木)〜2020年2月13日(木)[毎週木曜日19:00~21:00]

【会場】  きゅりあん(品川区立総合区民会館):東京都品川区東大井5丁目18-1

【受講料】 全17回出席する場合は、154,000円(割引価格・税込)
1回あたり:11,000円(税込)

【主催】  一般社団法人GBL研究所

【後援】  レクシスネクシス・ジャパン株式会社 / ビジネスロー・ジャーナル(Business Law Journal)


くわしくはこちら

シリーズ一覧全22件

  1. 第1回 英文契約書の基礎知識
  2. 第2回 英文契約書のサンプル・テンプレート:英語で構成する際の用語集
  3. 第3回 国際売買取引のきっかけとなる英文メールの作法
  4. 第4回 取引条件を提示するときの伝え方
  5. 第5回 見積もりの依頼と申し込みの承諾
  6. 第6回 契約締結における留意点
  7. 第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)
  8. 第8回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その2)
  9. 第9回 英文契約書送付時のメールや取り交わしの送付状の例文・ドラフト送付の文章
  10. 第10回 契約締結時に問題となる、印紙税と書式の争い
  11. 第11回 契約条項の変更交渉と変更契約書の締結
  12. 第12回 電子データでの契約締結
  13. 第13回 貿易決済の種類と条項
  14. 第14回 荷為替手形決済の仕組みと為替手形の形式
  15. 第15回 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書
  16. 第16回 信用状(L/C)の開設通知と訂正依頼
  17. 第17回 信用状(L/C)の受領後の船積実務
  18. 第18回 船積みの督促と船荷証券(B/L)未着の場合の対応
  19. 第19回 貿易取引で売主が支払督促を行う場合の英文メール・督促状(Demand Letter)の書き方と法的手続
  20. 第20回 信用状付荷為替決済(L/C決済)のディスクレ
  21. 第21回 英文契約書における商品クレームの通知と応対
  22. 第22回 商品クレームの解決手段として用いる英文の和解契約書例
もっと見る 閉じる

この特集を見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する