すべての実務Q&A

51〜60件を表示 107

台湾の会社経理人にはどのような職権および義務があるか

 ※以下、本稿において引用されている法規は、特に規定しないかぎり台湾の法規を指すものとします。  会社法(中国語名:公司法)では、会社の経理人の職権および義務について以下の通り規定されています。 経理人の職権  会社法31条の規定によれば、経理人の職権は定款および会社と経理人が締結する契約によっ...

黒田 健二弁護士
弁護士法人 黒田法律事務所

国際取引・海外進出

ベトナム国営企業の民営化および投資に関する法規制の動向と留意点

民営化が進むベトナムの国営企業  ベトナムでは、依然として国営企業が経済に占める割合は大きく、国営企業の非効率な経営が更なる経済成長の障害となっているとの指摘が近時多くなされています。  そこで、ベトナム政府は、国営企業の株式を外国の投資家に売却する(いわゆる民営化)ことによって外国投資を呼び込...

廣澤 太郎弁護士
西村あさひ法律事務所 東京事務所

国際取引・海外進出

海外市場で販売を行うために販売店・代理店を選任する場合の留意点

 国際取引において、自社の海外拠点を設置するのは多額の資金を伴うため、海外の現地企業と提携して、自社商品の市場開拓や販売促進を任せる場合があります。このような現地企業を「販売代理店」「特約店」等と呼ぶことがありますが、法律的には、販売店(ディストリビューター)にあたる場合と代理店(エージェント)にあ...

和田 圭介弁護士
オリンピア法律事務所

国際取引・海外進出

中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル)

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル)(当記事) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴(当記事) 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件(当記事) 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い(当記事) 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度における輸入手続

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中国越境EC...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度で国外企業が負う義務

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中国越境EC...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

取引先である外国人の顧客に相続が発生した場合の一般的な注意点

国際相続とは  被相続人や相続人の一人が外国人である場合や外国に居住している場合、遺産(相続財産)の中に外国財産が含まれている場合など、相続に関して複数の国が関係してくるときには、その相続には複数の国の法令や手続が複雑に絡んできます。このような相続のことは、一般に国際相続と呼ばれています。  近時...

井上 治弁護士
牛島総合法律事務所

国際取引・海外進出