猿倉 健司弁護士の執筆した記事一覧

1〜10件を表示 19

海外子会社での不正発見のためのグローバル内部通報の制度設計

海外子会社における不祥事の動向・リスクシナリオ  新型コロナウィルス感染症の拡大により海外駐在・出張が減少し、海外子会社のガバナンスの緩みが不正リスクを高めている懸念があると指摘されています(デロイトトーマツ「企業の不正リスク調査白書」13頁(2020年12月))。  海外子会社における不正として...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制

海外子会社で不祥事が発生した場合の海外当局・訴訟対応

海外子会社の不祥事に伴う海外当局・訴訟への対応  海外子会社で不祥事が発生すると、多くのケースで海外当局への対応や関係当事者から提起される各種訴訟への対応が必要となります。本稿では、過去に特に大きな問題となることが多かった米国での不祥事対応を想定し、親会社や海外子会社の担当者が留意すべき点を説明し...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制

海外子会社で不祥事が発生した場合の初動調査の留意点

海外子会社における不祥事の動向・リスクシナリオ  近時、新型コロナウィルス感染症の拡大により海外駐在・出張が減少し、海外子会社のガバナンスの緩みが不正リスクを高めている懸念があると指摘されています 1。  海外子会社における不正事案としては、たとえば、調達担当者等の横領・キックバック(物品の水増し...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制

環境有害物質・廃棄物の処理について自治体・官庁等に対する照会の注意点

はじめに  近時、様々な企業・団体における不祥事が大きく報道されています。特に、環境有害物質(アスベスト、PCB(ポリ塩化ビフェニル)、ダイオキシン類、その他の土壌汚染を含む)の不適切な処理や産業廃棄物の不法投棄がなされるケースなどが報じられています。  不祥事の内容のみならず、不祥事発覚後の対...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制

他社事例に学ぶ 不祥事発生後の説明・謝罪のポイント

2019年に起こった不祥事の傾向  2019年に起こった不祥事について特徴的なものとしてあげられるのが、不祥事発覚後に会社が行った説明や謝罪等の対応のまずさにより、企業の信用が大きく低下してしまったというケースです。  不祥事の内容・程度によっては、関係者(取引先や顧客)に対する説明・謝罪のみなら...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制

新型ウイルス等による感染症・疫病と不可抗力免責条項の適用範囲および注意点

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法(2020年4月施行) 現行民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 はじめに  近時は、東日本大震災をはじめとする大地震や巨大台風(これに...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

取引・契約・債権回収

新型ウイルス等の感染症・疫病による契約の不履行・履行遅延の責任

※本記事の凡例は以下のとおりです。 改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法(2020年4月施行) 現行民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正前の民法 はじめに(近時の大災害(地震・台風等)・新型ウイルス等の感染症・疫病の多...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

取引・契約・債権回収

内部通報制度の実効化に向けた「不祥事予防に向けた取組事例集」の活用

はじめに  2018年3月に日本証券取引所自主規制法人が策定・公表した「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」(以下「プリンシプル」といいます)は、各上場企業が不祥事の予防に向けた効果的な取組みを行ううえで参考にできるプリンシプル・ベースの指針であるとされています。もっとも、プリンシプルに記載...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制

不正・不祥事に責任のある役職員に対する責任追及と処分のポイント

はじめに  近時、会計不正や品質・データ偽装などの企業不祥事が相次いでいますが、当該企業等の信用が失墜することで、補償金や賠償金等の経済的損失にとどまらず顧客の流出をはじめ企業の存続に対してきわめて甚大なダメージを受ける例も数多く見られます。  他方で、企業だけではなく、当該企業の取締役等の役員に...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制

不正・不祥事発生後における株主への対応のポイント(株主代表訴訟・株主総会等)

はじめに(不祥事による株価の下落)  近時、会計不正や品質・データ偽装などの企業不祥事が相次いでいますが、当該企業等の信用が失墜することで、補償金や賠償金等の経済的損失にとどまらず顧客の流出をはじめ企業の存続に対してきわめて甚大なダメージを受ける例も数多く見られます。  その結果、当該企業の株価が...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから