松下 外弁護士の執筆した記事一覧

1〜7件を表示 7

第3回 仲裁合意の実践的ドラフティング(2)重要な記載事項

重要な記載事項  仲裁合意をドラフトする際に、検討が必要な事項として、①仲裁の付託合意、②仲裁機関、③仲裁地、④仲裁人の数、⑤仲裁の言語があります。たとえば、シンガポール国際仲裁センター(SIAC:Singapore International Arbitration Centre)のモデル仲裁条...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出

第2回 仲裁合意の実践的ドラフティング 適用を意識するべき3つの法

国際仲裁手続に関連するルール  国際仲裁手続は、当事者の合意(より正確には当事者の合意を尊重する仲裁法規の存在)にその正当性が基礎づけられる紛争解決手段であるものの、これに加えて、様々なルールが重層的に適用され得る点に特色があります。  たとえば、第1回「国際商事仲裁とは何か、訴訟と比較した場合...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出

第1回 国際商事仲裁とは何か、訴訟と比較した場合のメリットは

はじめに  国際仲裁は、国際的なビジネス紛争の解決手段として、広く知られているものの、実際に、その手続を利用したことのある日系企業の数はさほど多くないと言われてきました。また、日系企業は、仲裁手続の利用に積極的ではなく、自らその申立てをする機会は少ないと言われることもあります。  しかし、近年、...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出

第4回 裁判所の選択・管轄と訴訟にあたって必要な費用

裁判所の選択と管轄 裁判所の選択  国内における特許権に関する紛争のうち、訴額が140万円を超える事件については、地方裁判所が管轄を有します。そして、これらの地方裁判所に係属する特許権に関する紛争については、知財紛争の専門部を擁する東京地方裁判所(民事第29部、第40部、第46部および第47部の...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

知的財産権・エンタメ

第3回 訴訟を提起する際に検討するべきこと

訴訟提起の際の検討事項  「第2回 特許権侵害訴訟の事前準備・交渉の実務」で説明した交渉を踏まえても、当事者間で紛争を解決できない場合には、特許権者としては、訴訟提起を検討することになるでしょう。本稿および次稿では、主として、特許権者が、自らの特許権を侵害されたと主張する場合に、特許権侵害訴訟の提...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

知的財産権・エンタメ

第2回 IoTビジネスと特許戦略

IoTビジネスと特許戦略  前回「AIビジネスと特許戦略」は、AIの現状を概観し、現在の知財法制上、AIビジネスの特許による保護範囲は、限定的であることから、クローズ戦略をベースとした特許戦略が適していることを解説しました。  それでは、IoTに関連するビジネスの場合、企業が採るべきまたは採りうる...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

知的財産権・エンタメ

第1回 AIビジネスと特許戦略

AI、IoTに関連したビジネスにおける特許戦略  現在は、AIおよびIoT等の新たな技術の発展により、第4次産業革命の時代を迎えたといわれています。センシング技術の発達を背景としたIoT関連発明を製品化することで、職場や家庭等から多量のデータを収集し、AIにより分析し、その結果を現場へフィードバッ...

松下 外弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

知的財産権・エンタメ
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから