鈴木 康之弁護士の執筆した記事一覧

1〜10件を表示 22

業務委託契約でトラブルになりやすい損害賠償 - 裁判例と条項例を解説

業務委託契約を巡る紛争とは  業務委託契約書とは、その名のとおり、委託者が何らかの業務を第三者(受託者)に委託(外注)することを内容とする契約書です。委託する業務の内容等によって、「清掃業務委託契約書」「ソフトウェア開発委託契約書」などさまざまな類型があります。  業務委託契約書作成上の一般的な注...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収

業務委託契約でトラブルになりやすい途中解約 - 裁判例と条項例を解説

業務委託契約を巡る紛争とは  業務委託契約書とは、その名のとおり、委託者が何らかの業務を第三者(受託者)に委託(外注)することを内容とする契約書です。委託する業務の内容等によって、「清掃業務委託契約書」「ソフトウェア開発委託契約書」などさまざまな類型があります。  業務委託契約書作成上の一般的な注...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収

業務委託契約でトラブルになりやすい両当事者の義務 - 裁判例と条項例を解説

業務委託契約を巡る紛争とは  業務委託契約書とは、その名のとおり、委託者が何らかの業務を第三者(受託者)に委託(外注)することを内容とする契約書です。委託する業務の内容等によって、「清掃業務委託契約書」「ソフトウェア開発委託契約書」などさまざまな類型があります。  業務委託契約書作成上の一般的な注...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収

業務委託契約でトラブルになりやすい代金請求権 - 裁判例と条項例を解説

業務委託契約を巡る紛争とは  業務委託契約書とは、その名のとおり、委託者が何らかの業務を第三者(受託者)に委託(外注)することを内容とする契約書です。委託する業務の内容等によって、「清掃業務委託契約書」「ソフトウェア開発委託契約書」などさまざまな類型があります。  業務委託契約書作成上の一般的な注...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収

業務委託契約で起きやすいトラブルとは? 5つのポイントを紹介

業務委託契約を巡る紛争とは  業務委託契約書とは、その名のとおり、委託者が何らかの業務を第三者(受託者)に委託(外注)することを内容とする契約書です。委託する業務の内容等によって、「清掃業務委託契約書」「ソフトウェア開発委託契約書」などさまざまな類型があります。  業務委託契約書作成上の一般的な注...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収

業務委託契約でトラブルになりやすい契約の法的性質(請負・委任) - 裁判例と条項例を解説

業務委託契約を巡る紛争とは  業務委託契約書とは、その名のとおり、委託者が何らかの業務を第三者(受託者)に委託(外注)することを内容とする契約書です。委託する業務の内容等によって、「清掃業務委託契約書」「ソフトウェア開発委託契約書」などさまざまな類型があります。  業務委託契約書作成上の一般的な注...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収

中国事業から撤退する際の留意点 持分譲渡の手続

撤退手法における持分譲渡の優位性  中国現地法人での事業からの撤退手法としては、「持分譲渡」のほかにも、「解散・通常清算」や「破産手続」が考えられます。前回記事「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって」で記述したとおり、手続に要する時間・費用等の観点で、持分譲渡が最も利...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続

解散・通常清算は、持分譲渡が難しい場合の次善の策  日本企業にとって、現地法人企業の事業からの撤退の手段として、費用や時間の面で持分譲渡の方法を優先的に検討することになるのが一般的であるのは、前回や前々回の記事でも説明した通りです(「中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたっ...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業から撤退する際の留意点 破産の手続

撤退手段の最後の選択肢  中国では伝統的に、破産法は国有企業のみを適用対象としていました。外商投資企業をも適用対象とする現在の企業破産法は、2007年に施行されましたが、その後も利用が進まない状況が続いていました。近年、外資系企業による破産手続利用も増えてきていますが、持分譲渡や解散・通常清算に比...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出

中国事業から撤退する際の留意点 事業規模の縮小を検討するにあたって

撤退を見据えた事業の縮小  日本企業が中国事業から撤退する場合、中国国内の工場、営業所、店舗などを閉鎖し、または第三者に引き継いでもらうことが必要になります。  もっとも、通常に運営している中国子会社がただちに撤退を考えなければならないということは稀で、一般的には収益の悪化などを原因として徐々に事...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

国際取引・海外進出
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから