キャッシュ・フロー計算書とは

税務
武田 守 武田公認会計士事務所

 キャッシュ・フロー計算書とはどのようなものでしょうか。

 現金(キャッシュ)の流れ(フロー)のことをキャッシュ・フローといいます。キャッシュ・フロー計算書とは、いくら現金が入り(キャッシュ・イン)、いくら出て行ったか(キャッシュ・アウト)を示す計算書類のことです。

解説

目次

  1. 3つの区分でキャッシュの流れを見る
  2. 従来の財務諸表との関係
  3. 直接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方
  4. 間接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方

3つの区分でキャッシュの流れを見る

 もし損益計算書に記載された利益=現金であれば、キャッシュ・フロー計算書を作成する必要はありません。ところが現実には、売上が計上されても実際に現金が入ってくるまで時間がかかってしまう場合が多いのです。これは、一般的な商取引の習慣として、売掛金、買掛金といった後払いのシステムが採用されているためです。これを信用取引といいます。信用取引の場合、利益=現金とはなりません。タイムラグが発生します。そこで、売上や儲けの計算とは別に、使えるお金が手元にどの程度あるのかを把握する必要が生じるわけです。つまりキャッシュ・フロー計算書とは、現金の出入りに注目した書類といえます。キャッシュ・フロー計算書においては、現金収支をその性質で3つに区分して表示します。キャッシュ・フロー計算書の3つの区分とは、①営業活動によるキャッシュ・フロー、②投資活動によるキャッシュ・フロー、③財務活動によるキャッシュ・フローです(①~③からわかることについては次ページ図参照)。

従来の財務諸表との関係

 貸借対照表は、企業の決算時点での財政状態、つまり、資金をどこから調達して、どのように運用しているかを表わしている決算書です。
 損益計算書は、会社の一会計期間の損益を各段階ごとに表示して、最終的に「当期純利益」がどのような過程を経て生み出されたのか表わしている決算書です。
 この「当期純利益」は、費用、収益とも現金主義により計上されているのではなく、費用は発生主義により、収益は実現主義により計上されています。損益計算書上の「当期純利益」は、実際にその会社がその期に獲得した現金(キャッシュ)とは異なっているわけです。

直接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方

 キャッシュ・フロー計算書には、直接法によるキャッシュ・フロー計算書と間接法によるキャッシュ・フロー計算書の2つの種類があります。
 直接法によるキャッシュ・フロー計算書とは、営業活動によるキャッシュ・フローを営業収入、仕入支出など重要な取引ごとに総額でまとめた計算書です。
 まず、営業活動によるキャッシュ・フローです。営業収入は、損益計算書の売上高に、売掛金・受取手形の純増減額を加減算して、売上による入金額を算出します。仕入支出は、売上原価に買掛金・支払手形の純増減額と棚卸資産の純増減額を加減算して、仕入商品代金の支出高を算出します。人件費支出などは、損益計算書の販売費及び一般管理費の中に含まれている人件費関連の支出額から求めます。

 次に、投資活動によるキャッシュ・フローです。投資活動には、ⓐ有価証券の購入による支出・売却による収入、ⓑ固定資産の購入による支出・売却による収入、ⓒ貸付の実行による支出・回収による収入、ⓓその他の投資による支出・回収による収入などがあり、これらの活動によるキャッシュ・フローの増減をこの区分で読むことができます。

 最後に、財務活動によるキャッシュ・フローです。ⓐ長期借入金・短期借入金による収入・返済による支出、ⓑ社債の発行による収入、ⓒ株式の発行による収入・自己株式の買取りによる支出、ⓓ配当金の支払など財務活動のキャッシュ・フローの増減をこの区分で読むことができます。

3つのキャッシュ・フローからわかること

営業活動キャッシュ・フロー 業績評価及び
支払能力の評価
  • どれだけの資金が営業活動によって獲得されたか
  • その資金で新規投資・営業能力維持のための追加投資を賄えるか
  • 外部からの資金調達なしで借入金の返済・配当金の支払が可能か
投資活動キャッシュ・フロー 投資戦略の評価
  • 将来の利益やキャッシュ・フローを生み出すための投資は十分か
  • 資産の売却の内容・価格等は適切か
  • 投資活動が財務状態に及ぼす影響などの評価
財務活動キャッシュ・フロー 財務戦略の評価
  • 営業活動と投資活動によって生じた資金の過不足が、どのように調達されたか

間接法によるキャッシュ・フロー計算書の読み方

 間接法によるキャッシュ・フロー計算書は、営業活動によるキャッシュ・フローを損益計算書の税引前当期純利益から逆に計算する方法により、キャッシュ・フロー収支の状況をとらえた計算書です。実際に企業が使うキャッシュ・フロー計算書としては、こちらの方がポピュラーです。
 間接法による営業キャッシュ・フローは、税引前当期純利益からスタートします。つまり、実現主義によって算出された税引前当期純利益に相当するキャッシュがいったん入金したと考えます。次に、実現主義と現金主義との違いをプラスマイナスして、現金ベースの「営業活動によるキャッシュ・フロー」を算出していくわけです。
 なお、直接法と間接法の違いは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」だけで、「投資活動によるキャッシュ・フロー」「財務活動によるキャッシュ・フロー」については、まったく同じです。

©武田守 本記事は、武田守監修「事業者必携 消費税率10%引き上げに対応!
入門図解 会社の税金【法人税・消費税】しくみと手続き」(三修社、2019年)の内容を転載したものです。
事業者必携 消費税率10%引き上げに対応! 入門図解 会社の税金【法人税・消費税】しくみと手続き

この実務Q&Aを見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する