会社の利益の計算方法

税務
武田 守 武田公認会計士事務所

 会社の利益の計算方法について教えてください。

 会社の利益は、損益計算書において、一定期間の財産の増減プロセスを表わすことにより企業の経営成績が明らかにされます。構造はシンプルで、財産の増加要因から財産の減少要因を差し引いて、両者の差額である利益を計算しています。この場合、差額の計算を一度にやらずに、段階ごとに利益を計算します。
 損益計算書には、一会計期間に属するすべての収益とすべての費用を記載して経常利益を表示し、これに特別損益に属する項目を加減して当期純利益を表示します。この場合、費用と収益は総額で記載するのが原則です。両者を相殺してその全部又は一部を損益計算書から除外することは禁止されています。また、費用及び収益は、その発生源泉に従って明瞭に分類し、各収益項目とそれに関連する費用項目とが対応するように損益計算書に表示して、利益を計算しなければなりません。

解説

目次

  1. 5つの利益からしくみを理解する
    1. 売上総利益
    2. 営業利益
    3. 経常利益
    4. 税引前当期純利益
    5. 当期純利益
  2. 損益計算書はどうやって作成するのか
    1. 営業利益の計算
    2. 経常利益の計算
    3. 税引前当期純利益の計算
    4. 当期純利益の計算

5つの利益からしくみを理解する

 具体的には、損益の計算を、①売上総利益、②営業利益、③経常利益、④税引前当期純利益、⑤当期純利益の5段階に分けて儲けのしくみを示していきます。

売上総利益

 売上高から売上原価を差し引いたものを売上総利益といいます。正式な名称は会計上「売上総利益」といいますが、日常的には粗利益又は粗利と言っています。これらの言葉が示しているように「売上総利益」とは大雑把な利益のようですが、実際は会社の中心事業そのものの収益力、会社の商品力を表しています。「売上総利益」は5つの段階的な利益のうちもっとも基本的な利益ということができます。
 また、「売上原価」は、一般的には商品の仕入原価のことです。ただし、あくまでも当期に販売された商品の仕入原価であることに注意してください。売れ残った在庫分は「売上原価」とはなりません。

営業利益

 「売上総利益」から「販売費及び一般管理費」を差し引いたものが営業利益です。「販売費及び一般管理費」は、販売部門や管理部門などで発生したコストを指します。具体的には販売費は、販売促進費、広告宣伝費、販売手数料などです。一方、一般管理費は、管理部門の人件費、本社建物の家賃、減価償却費などがその代表です。
 「営業利益」とは、その言葉通り会社の営業活動によってもたらされた利益のことです。売上総利益に、事業で必要な人件費やその他経費等の「販売費及び一般管理費」を差し引いたものが、営業利益です。「営業利益」が赤字のような会社は、場合によっては、売上の増加や経費削減といった、具体的な経営計画の見直しも必要となります。また、「販売費及び一般管理費」の内訳科目や売上に対する比率を検討することで、その会社の経営の見直し等に活用することができます。

経常利益

 「営業利益」に「営業外収益」と「営業外費用」をプラスマイナスした利益を「経常利益」といいます。営業外収益又は費用とは、その会社の基本的な営業活動以外から生じる収益や費用を指します。例として、企業の財務活動から生じた受取利息や支払利息などがあります。

税引前当期純利益

 「経常利益」に「特別利益」と「特別損失」をプラスマイナスした利益が「税引前当期純利益」です。特別利益、特別損失は、経常的な事業活動以外から発生した利益、損失のことです。

 たとえば、土地を売却した際の利益や、工場が火災に遭った際の災害損失などです。このように臨時的に発生する項目ですが、その期の損益であることには変わりありません。そうした損益も含めた包括的な利益が「税引前当期純利益」です。

当期純利益

 「税引前当期純利益」から「法人税等」を差し引いたものを当期純利益といいます。会社の利益には、法人税・住民税・事業税の税金がかかります。税金もコストの一部です。法人税だけでも会社の利益(正確には法人税法上の課税所得)の約23.2%が課税されます。現金が出ていくという意味では、人件費や支払利息などの経費と何ら変わるところはありません。「当期純利益」は、その事業年度の最終的な成果を表わす利益です。

損益計算書はどうやって作成するのか

 ここでは損益計算書の段階的計算の手順を見ていきましょう。

営業利益の計算

 商品の販売などによって実現した「売上高」から、売上高を獲得するために直接かかった原価である「売上原価」を記載して「売上総利益」を計算し、ここから販売費及び一般管理費を控除して「営業利益」を計算します。

費用及び収益の経常性という観点からの分類

費用及び収益の経常性という観点からの分類

経常利益の計算

 「営業利益」に「営業外収益」を加え、これから「営業外費用」を控除して、会社の経常的な利益である「経常利益」を計算します。

税引前当期純利益の計算

 「経常利益」に固定資産売却益などの「特別利益」を加え、ここから固定資産売却損、災害による損失等の「特別損失」を控除して「税引前当期純利益」を計算します。
 特別損益には、おもに会社の非経常的な活動から生じた臨時損益があります。

当期純利益の計算

 「税引前当期純利益」から当期の負担に属する法人税額、法人住民税額等を控除して「当期純利益」を計算します。

損益計算書の計算構造

損益計算書の計算構造

©武田守 本記事は、武田守監修「事業者必携 消費税率10%引き上げに対応!
入門図解 会社の税金【法人税・消費税】しくみと手続き」(三修社、2019年)の内容を転載したものです。
事業者必携 消費税率10%引き上げに対応! 入門図解 会社の税金【法人税・消費税】しくみと手続き

この実務Q&Aを見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する