アフィリエイト広告の仕組みと活用時の留意点

知的財産権・エンタメ
松尾 剛行弁護士 桃尾・松尾・難波法律事務所

 アフィリエイトについては何に留意すべきですか?

 表示内容に留意すべきです。

解説

 アフィリエイトプログラムとは、インターネットを用いた広告手法の一つである。広告主が、例えばアフィリエイトブログ等の広告を掲載するウェブサイト(「アフィリエイトサイト」)上に広告を掲載してもらう。そして、アフィリエイトサイトを閲覧した者が広告等をクリックしたり、広告等を通じて広告主のサイトにアクセスして広告主の商品・サービスを購入したり、購入の申込みを行ったりした場合など、あらかじめ定められた条件に従って、アフィリエイトサイトを運営するアフィリエイターに対して、広告主から成功報酬が支払われるものである(インターネット広告留意事項 1 第2・4(1)、広告法務 2 26頁)。

 ここで、消費者庁は、インターネット広告留意事項第2・4(2)においてアフィリエイトサイト上の表記(例えば「私がこの商品を食べたところとてもおいしかったです。」)と、アフィリエイトサイト上の広告を区別し、後者は景表法上の「表示」として規制されるが、前者は必ずしも景表法の規制は及ばないとしている。しかし、口コミサイトに関するインターネット広告留意事項第2・2(4)と整合的に考えれば、アフィリエイターに依頼して特定の文言を掲載させる場合等には、バナー広告のみならず、アフィリエイトサイト上の表示も不当表示にならないか、留意が必要であるし、広告出稿先のアフィリエイトサイトに虚偽ないしはミスリーディングな文言がないか等のチェックも必要だろう。

©松尾剛行 本記事は、松尾剛行著「広告法律相談125問」(日本加除出版、2019年)の内容を転載したものです。
広告法律相談125問
  • 参考文献
  • 広告法律相談125問
  • 著者:松尾剛行
  • 定価:本体 2,700円+税
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売年月:2019年7月

  1. インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項(平成23年10月28日消費者庁)一部改定 平成24年5月9日消費者庁 ↩︎

  2. 公益社団法人日本広告審査機構『広告法務Q&A』(宣伝会議、2014) ↩︎

この実務Q&Aを見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する