杉浦 健二弁護士の執筆した記事一覧

1〜5件を表示 5

改正民法の施行に伴うWEBサービス利用規約作成・改訂の直前対応(後編) 定型約款における不当条項規制、内容の開示義務、内容変更時等の留意点

 2020年4月1日から施行される改正民法(債権関係)において、「定型約款」制度が新設されます。WEBサービスにおいて用いられるほとんどの利用規約がこの定型約款に該当する可能性が高いため、WEBサービス事業者には以下の対応が求められます。 新設された定型約款制度を正確に理解する 改正民法の施行...

杉浦 健二弁護士
STORIA法律事務所 東京オフィス

取引・契約・債権回収

改正民法の施行に伴うWEBサービス利用規約作成・改訂の直前対応(前編) 定型約款制度の概要と、定型約款による契約成立の要件(組入要件)

 2020年4月1日から施行される改正民法(債権関係)において、「定型約款」制度が新設されます。WEBサービスにおいて用いられるほとんどの利用規約がこの定型約款に該当する可能性が高いため、WEBサービス事業者には以下の対応が求められます。 新設された定型約款制度を正確に理解する 改正民法の施行...

杉浦 健二弁護士
STORIA法律事務所 東京オフィス

取引・契約・債権回収

個人情報保護法改正、公取委の規制を見据えたCookie(クッキー)情報取扱いのポイント 国内企業は、法規制とパーソナルデータ保護を念頭に置いた活用を

就職情報サイト「リクナビ」を運営する株式会社リクルートキャリア(以下、リクルートキャリア)による「内定辞退率」問題を端緒として、Cookie情報の取り扱い等について近時注目が集まっています。 個人情報保護委員会や公正取引委員会もCookieの扱いに関する今後の対応について言及するなか、公正取引委員...

杉浦 健二弁護士
STORIA法律事務所 東京オフィス

IT・情報セキュリティ

Cookieは個人情報に該当するか - リクナビやフェイスブックの事例から問題点を弁護士が解説

2019年8月、就職情報サイト「リクナビ」を運営する株式会社リクルートキャリア(以下、リクルートキャリア)がクライアント企業へ学生の「内定辞退率」を提供していたことが、個人データの扱いや同意の取得方法等の観点から問題視されました 1。 また同年10月には、リクルートキャリアがクライアント企業に対し...

杉浦 健二弁護士
STORIA法律事務所 東京オフィス

IT・情報セキュリティ

リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説

8月1日、就職情報サイト「リクナビ」を運営する株式会社リクルートキャリア(以下、リクルートキャリア)は、同社が提供していた「リクナビDMPフォロー」サービスにおいて、いわゆる「内定辞退率」データをクライアントである採用企業に提供していたことを公表。その際、ユーザーである学生の個人データの扱いや同意の...

杉浦 健二弁護士
STORIA法律事務所 東京オフィス

IT・情報セキュリティ
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから