すべての実務Q&A

61〜70件を表示 114

中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル)

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル)(当記事) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴(当記事) 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件(当記事) 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い(当記事) 2019年1月施行の中...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度における輸入手続

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中国越境EC...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

2019年1月施行の中国越境EC制度で国外企業が負う義務

中国越境EC制度についての関連記事は、下記を参照ください。 中国向け越境ECの仕組み(保税区モデル・直送モデル) 2019年1月施行の中国越境EC制度の特徴 2019年1月施行の中国越境EC制度の適用要件 2019年1月施行の中国越境EC制度における課税の取扱い 2019年1月施行の中国越境EC...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

取引先である外国人の顧客に相続が発生した場合の一般的な注意点

国際相続とは  被相続人や相続人の一人が外国人である場合や外国に居住している場合、遺産(相続財産)の中に外国財産が含まれている場合など、相続に関して複数の国が関係してくるときには、その相続には複数の国の法令や手続が複雑に絡んできます。このような相続のことは、一般に国際相続と呼ばれています。  近時...

井上 治弁護士
牛島総合法律事務所

国際取引・海外進出

中国における外資企業の設立・変更手続の簡易化の動向

外資管理の手続の簡便化  中国では、外資独資企業や中外合弁経営企業等の外商投資企業の管理制度が、2016年10月1日から、事前審査認可制から届出制に変更されました1。具体的には、外商投資企業の設立および変更について、従来は一律に要求されていた商務部門による事前の審査認可が原則として不要とされ、事後...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出

ベトナム企業を対象とするM&Aにおけるデューデリジェンスの留意点

デューデリジェンス実施上の留意点(総論)  一般的に、ベトナムでは、先進諸国と比べてM&A取引に慣れていない企業が多く、デューデリジェンス(以下、「DD」)の際に、タイムリーに適切な内容の資料を入手することに苦労するケースも多く見られます。たとえば、資料請求リストに記載の資料と開示された資...

廣澤 太郎弁護士
西村あさひ法律事務所 東京事務所

国際取引・海外進出

ロシア企業との契約における紛争解決方法の選択

外国判決の承認・執行  現行ロシア法上、外国判決がロシアにおいて承認・執行される場合とは、①判決を出した裁判所の所在国とロシアとの間で、お互いの国の判決を承認・執行することを合意している二国間条約や多国間協定がある場合、または、②ロシア法が特別に認める場合です(民事訴訟法409条1項、商事訴訟法2...

小林 英治弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

国際取引・海外進出