パトリック・マクゴニガル外国法事務弁護士の執筆した記事一覧

1〜3件を表示 3

TDR条項(多段階紛争解決条項)を執行可能とするために知っておきたい、思わぬ落とし穴

重要となったTDR条項(Tiered Dispute Resolution Clauses)  シンガポール国際調停条約が早い時期から多数の国により署名され、国際商事調停が飛躍的に普及してきていることを考えると、(https://www.kwm.com/en/jp/knowledge/insigh...

弦巻 充樹弁護士
King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出

第2回 一帯一路構想のプロジェクトに関係する紛争解決プラットフォーム

シンガポール基本合意書  前回ご紹介した、中国におけるBRI(中国の一帯一路構想:The Belt and Road Initiative)関連の紛争解決手段にとって、シンガポール、香港がBRI紛争の主な地域的競争相手であり、特にシンガポールでは、様々な紛争解決機関がBRIに対応する様々な措置を迅...

パトリック・マクゴニガル外国法事務弁護士
King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出

第1回 一帯一路構想のプロジェクトに関係する紛争の増加と中国の動向

中国の一帯一路構想  中国の一帯一路構想(BRI:The Belt and Road Initiative)は、2013年に習近平国家主席自らが導入した、非常に野心的な投資案件です。中国の目的は、中国とアジア、アフリカ、中東、欧州の経済を結ぶ貿易ルートのネットワークに沿ったエネルギー・輸送関連イン...

パトリック・マクゴニガル外国法事務弁護士
King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから