マネー・ローンダリングとはどのような行為か

ファイナンス

 マネー・ローンダリングとはどのような行為のことをいいますか。

 マネー・ローンダリング(money laundering)とは、日本語に訳すと「資金洗浄」のことです。犯罪によって得た収益を、その出所や真の所有者がわからないようにして、警察などの捜査機関による発見・検挙を免れようとする行為のことをいいます。

解説

目次

  1. マネー・ローンダリングとは
  2. マネー・ローンダリングのプロセス

マネー・ローンダリングとは

 「マネー・ローンダリング」(money laundering)とは、日本語に訳すと「資金洗浄」のことです。犯罪によって得た収益を、その出所や真の所有者がわからないようにして、警察などの捜査機関による発見・検挙を免れようとする行為のことをいいます。

 たとえば、違法賭博や売春、そして振り込め詐欺などの犯罪行為で獲得した経済的利益を、犯罪者がそのまま使えば足がつくおそれがあり、そのままの状態では自由に使うことができません。このため、このような「汚れたお金」を、何らかの方法により、表の世界で堂々と使うことができる「きれいなお金」にする必要があります(その一部は再び犯罪行為の資金に用いられます)。そこで、送金や両替などの金融取引、商取引、クレジットカード取引などを経由することにより、資金の出所をあやふやにして「資金」を「洗浄」する行為が行われます。これが「マネー・ローンダリング」です。

マネー・ローンダリングとは

マネー・ローンダリングとはの図

出典:警察庁刑事局組織犯罪対策部「マネー・ローンダリング対策のための事業者による顧客管理の在り方に関する懇談会
(平成22年2月5日)を参考に筆者作成

マネー・ローンダリングのプロセス

 マネー・ローンダリングのプロセスには「プレースメント」(placement)、「レイヤリング」(layering)、「インテグレーション」(integration)という共通点があります。

 「プレースメント」とは、犯罪によって得たお金(犯罪収益)を金融システムや合法的な商取引の流れに取り込むプロセスのことです。たとえば、銀行の偽名・架空名義の口座に犯罪収益である現金を入金する方法のことです。「プレースメント」の手続の中で、現金を小口に分けることにより、本人確認を避けるような手法を「ストラクチャリング」といいます。

 「レイヤリング」とは、金融システムに取り込まれた犯罪収益を、その出所を分からなくするためのプロセスです。たとえば、銀行の預金口座から複雑な送金取引を繰り返すような場合です。

 「インテグレーション」とは、出所を分からなくした犯罪収益を、合法的なビジネスによる収益であるかのように偽装することにより、再び表の経済に「統合」させるプロセスです。これにより、犯罪収益を表の世界で利用したり、再び犯罪の資金源としたりすることが可能となります。

プレースメント 犯罪収益を金融システムに取り込むプロセス
レイヤリング 金融システムに取り込まれた犯罪収益を隠匿するプロセス
インテグレーション 隠匿した犯罪収益を合法的に利用するプロセス

 「振り込め詐欺」においては、犯罪行為がそのまま、資金の隠匿につながるので、「プレースメント」と「レイヤリング」が同時に行われることになります。  

無料会員にご登録いただくことで、続きをお読みいただけます。

1分で登録完了

この実務Q&Aを見ている人はこちらも見ています

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

1分で登録完了

無料で会員登録する