殿村 桂司弁護士

とのむら けいじ

長島・大野・常松法律事務所 東京オフィス

パートナー

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • ベンチャー
言語
  • 英語
弁護士登録年 2007年

経歴

  • 2004年3月

    京都大学法学部卒業
  • 2006年3月

    京都大学法科大学院修了
  • 2007年12月

    司法修習修了(60期)弁護士登録(第一東京弁護士会)長島・大野・常松法律事務所入所
  • 2013年5月

    Columbia Law School卒業(LL.M., Harlan Fiske Stone Scholar)
  • 2013年9月

    Kirkland & Ellis(Chicago)勤務(~2014年7月)
  • 2014年9月

    弁護士再登録(第一東京弁護士会)、長島・大野・常松法律事務所復帰
  • 2018年1月

    長島・大野・常松法律事務所パートナー就任
  • 2018年1月

    経済産業省 AI・データ契約ガイドライン検討会作業部会委員(~2018年3月)

過去の案件

  • M&A・業務提携・ジョイントベンチャー、ライセンスその他の知財関連取引を中心に、企業法務全般
  • 特に、TMT (technology, media and telecoms) 分野の買収、合弁その他の戦略的提携にも幅広い経験を有している
  • 近年は、データを活用するビジネスモデルや、シェアリング・エコノミー、Fintech、IoT、AIなどテクノロジーの発展が生み出す新しい事業分野の案件も数多く取り扱っている

言語

  • 英語 (ビジネスレベル)

著作・論文

  • 著作

    2017年10月

    『日米欧 個人情報保護・データプロテクションの国際実務』(商事法務)<共著>
  • 論文

    2016年4月

    「シェアリングエコノミーにおけるプラットフォーム規制(上)(下)」(NBL 2016年4月15日号(No.1072) NBL 2016年5月1日号(No.1073))<共著>
  • 論文

    2013年1月

    「企業買収実務研究会報告(12) ゴーイング・プライベート取引におけるキャッシュ・アウトに関する一試論(上)(下)」(金融・商事判例 2012年12月15日号(No.1405) 金融・商事判例 2013年1月1日号(No.1406))<共著>
  • 論文

    2009年1月

    「Hostile takeovers: Hostile takeover defensive measures」(The IFLR Guide to Japan 2009 International Financial Law Review 2009年1月号別冊)<共著>

弁護士を探す

詳細検索する