牛島 信弁護士の執筆した記事一覧

1〜4件を表示 4

国内初、伊藤忠によるデサントの敵対的TOB 事例から考える日本企業のガバナンス革命

2019年3月、伊藤忠商事がスポーツウェア大手のデサントに対してTOB(株式公開買い付け)を成立させました。国内の大企業同士ではじめて敵対的TOBが成立した事案となります。 今後、敵対的TOBが企業価値向上につながる手段として定着するのではないかという評価がある一方、問題点を指摘する声も見られます...

牛島 信弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A

出光と創業家の法廷闘争は「良い一例」となる 出光佐三ならどう決断したか?その先にある答え

 出光興産株式会社が昭和シェル石油株式会社との合併を目指す中で発表した公募増資計画1を巡り、出光の創業家が新株発行の差し止めを申し立てた仮処分申立てで、東京地裁は7月18日、差し止め請求を却下する決定を下しました。創業家側は決定を不服とし、東京高裁に即時抗告を申し立てましたが、東京高裁は19日、新株...

牛島 信弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A

牛島信弁護士はなぜコーポレート・ガバナンスに取り組むか

 M&Aの守護神、人は彼のことをそう呼ぶ。数々の買収・合併案件に企業の代理人として助言をし、成功裏に導いてきた。牛島弁護士は、特定非営利活動法人日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークの理事長でもあり、日本のコーポレート・ガバナンスを作り上げてきたと言っても過言ではない。  では、なぜ牛島...

牛島 信弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A

メディアが報じない創業家問題の真実

 最近世間を騒がすことが多い創業家問題。創業家と経営陣の対立は経営に大きな影響を与える。このような問題が浮き彫りになる背景に、コーポレート・ガバナンスや社外役員が機能している事実があると言われているが、果たして本当にそうなのだろうか。  日本のコーポレート・ガバナンスの最前線に立ち、業界を牽引してき...

牛島 信弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから