BUSINESS LAWYERS LIBRARY

契約の法務 第2版

発売日
2019年01月01日
出版社
勁草書房
編著等
喜多村勝德

債権法改正を踏まえて改訂。多数の契約書文例、裁判例等を取り上げ、理論と実務の両面を解説。一生ものの基礎を身につける。

目次

表紙

第2版はしがき

はしがき

目次

本書の内容と特徴

第1章 契約の理論

1 はじめに

2 契約の意義と法的拘束力

(1)意義

(2)法的拘束力

(3)法的拘束力の根拠

3 法的拘束力のない合意

(1)カフェー丸玉事件

(2)合意(約束)と契約

(3)法的拘束力の要素

(4)最近の判例

4 附合契約(約款)

(1)意義

(2)法的拘束力

(3)民法以外の規律

(4)改正民法の定め

(5)改正のポイント

5 契約の種類

(1)典型契約(有名契約)と非典型契約(無名契約)

(2)双務契約と片務契約

(3)有償契約と無償契約

(4)諾成契約と要物契約

(5)一時的契約と継続的契約

6 契約の成立

(1)意思の合致

(2)意思の不合致

(3)「めくら判」による契約

7 意思と表示の不一致

(1)意思主義と表示主義

(2)心裡留保

(3)虚偽表示

(4)錯誤

(5)瑕疵ある意思表示

8 契約自由の原則とその例外

(1)契約自由の原則

(2)強行規定違反

(3)公序良俗違反

(4)契約の解釈

(5)消費者契約法

9 契約の当事者(代理と代表)

(1)代表権・代理権

(2)代表権・代理権の制限

(3)代表権・代理権の濫用

(4)表見法理

(5)無権代理人の行為と責任

10 双務契約に特有な効力

(1)同時履行の抗弁権

(2)危険負担

11 契約の終了

(1)終了原因

(2)債務不履行による解除

(3)更新拒絶

(4)留保解約権の行使

(5)解約申入れ

第2章 契約書

1 はじめに

2 契約書の意義と機能

(1)意義

(2)機能

(3)契約書の証拠価値

3 書面によらない契約の効力

(1)口頭の契約

(2)黙示の契約

(3)書面が必要な場合

4 完全合意条項

5 契約書作成の基本

(1)要件に過不足のないこと

(2)想定されるリスクに対応するものであること

(3)文意が明確であること

(4)理解しやすいこと

(5)内容が適正であること

第3章 契約書の文例

1 はじめに

2 一般条項

(1)Whereas Clause(前文)

(2)契約期間

(3)解約権の留保

(4)解除

(5)完全合意

(6)不可抗力

(7)管轄裁判所

(8)仲裁

(9)準拠法

(10)譲渡禁止

(11)存続規定

(12)その他

3 秘密保持契約

(1)目的

(2)定義

(3)管理責任者

(4)守秘義務

(5)目的外使用の禁止

(6)知的財産権

(7)返還

4 継続的売買契約

(1)基本契約

(2)売買条件

(3)個別契約の成立

(4)担保責任

(5)所有権の移転

(6)危険負担

(7)製造物責任

(8)保証

5 販売店(代理店)契約

(1)独占的販売権の付与

(2)当事者の関係

(3)競争品の取扱制限

(4)最低購入義務

(5)商標

(6)販売店の活動

(7)報告

(8)契約終了時の取扱い

6 製作物供給契約

(1)契約の性質

(2)引渡と所有権移転

(3)危険負担

(4)検収

(5)報酬

(6)下請

7 ライセンス契約

(1)定義

(2)独占的ライセンス

(3)ロイヤルティ

(4)帳簿保存義務・検査受忍義務

(5)ライセンサーの保証

(6)第三者による権利侵害

(7)原料調達先の指定

(8)禁止行為

(9)改良技術

8 マーチャンダイジング(商品化)契約

(1)権利の保証

(2)商品化の独占的許諾

(3)原画等の貸与

(4)ライセンシーの遵守事項

(5)ライセンサーによる品質管理

(6)権利表示

(7)ロイヤルティ

(8)証紙の貼付

(9)在庫処分等

(10)商標・意匠登録

(11)テレビ番組のキャラクター

(12)その他

9 M&A 契約

(1)前文

(2)定義

(3)譲渡条件

(4)表明保証

(5)誓約条項

(6)クロージング条件

(7)解除

(8)損害賠償

10 合弁契約

(1)設立

(2)定款

(3)株式・資本金

(4)株式の譲渡制限

(5)株主総会

(6)取締役及び取締役会

(7)監査役

(8)重要事項に関する事前の合意

(9)資金調達

(10)合弁会社との契約

(11)解除

第4章 契約をめぐる紛争の解決手段

1 はじめに

2 紛争の不可避性

3 紛争解決手段

(1)合意による解決

(2)民事訴訟

(3)強制執行

 (4)保全処分

4 国際取引紛争

(1)国際裁判管轄

(2)準拠法

(3)外国判決の承認

(4)外国判決の執行

(5)国際的訴訟競合

(6)国際仲裁

第5章 契約交渉

1 はじめに

2 交渉の準備

(1)会社の狙いや方針の再確認

(2)取引の相手方と取引の対象についての事実確認

(3)交渉の目的の設定

(4)会社の利益を極大化する取引形態(取引の枠組)の検討

(5)具体的な交渉の戦略と戦術の立案

3 交渉術

(1)交渉の分析概念

(2)交渉戦術

(3)交渉倫理

(4)交渉コンペ

4 契約締結上の過失

(1)意義と類型

(2)契約締結の自由と契約交渉の不当破棄

(3)契約締結過程における情報提供義務

(4)契約締結上の過失による損害賠償の範囲

(5)契約締結上の過失の法的性質

5 レター・オブ・インテント

(1)意義と効力

(2)最終契約との関係

(3)文例

判例索引

事項索引

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる