BUSINESS LAWYERS LIBRARY

企業訴訟実務問題シリーズ税務訴訟

発売日
2017年03月08日
出版社
中央経済社
編著等
森・濱田松本法律事務所、大石 篤史、小島 冬樹、飯島 隆博

各手続におけるポイントを確認した上で、近時の裁判例を「租税回避」「グループ内取引」「会計と税務の交錯が問題となる事案」に分類・分析し、企業の戦略を検討。

目次

大扉

はしがき

目次

第1章 はじめに―税務訴訟の特殊性

第1節 税務訴訟に対する懸念

1  税務訴訟は勝てるのか

2  税務訴訟を提起すると、後で不利益を受けないか

第2節 税務訴訟の特徴

1  企業法務からは縁遠い税務訴訟

2  複雑・難解な租税法

3  課税処分の高額化

4  税務訴訟と取締役の善管注意義務との関係

第2章 税務訴訟における訴訟戦略

第1節 税務調査対応

1  税務調査対応の重要性

2  税務調査手続の概要 

3  課税処分

第2節 不服申立て対応

1  不服申立手続の概 

2  再調査の請求・審査請求における実務上の注意点

第3節 税務訴訟対応

1  訴訟当事者

2  訴訟戦略の確立

3  租税法のリサーチ方法

4  訴訟の各段階でのポイント

第3章 租税回避行為の否認が争点となる事案

第1節 総論 

1  「租税回避」の意義

2  租税回避行為の「否認」とは

3  租税回避行為の否認の類型

4  本章のテーマ

第2節 個別否認規定による否認

1  個別否認規定とは

2  裁判例の展開―タックス・ヘイブン対策税制に関する事案を通じた分析

3  まとめ―裁判例を踏まえた戦略

第3節 事実認定による否認

1  事実認定による否認とは

2  理論と裁判例の展開

3  まとめ―裁判所の考え方を前提とした戦略

第4節 法解釈による否認

1  法解釈による否認とは

2  裁判例の展開

3  まとめ―判例による租税法解釈のルールを踏まえた戦略

第5節 一般的否認規定による否認

1  一般的否認規定とは

2  裁判例の展開―「不当」の解釈論を中心に

3  まとめ―判例による「不当」の判断基準を踏まえた戦略

第6節 租税回避行為の否認が争点となる事案における戦略の総括

1  判例を踏まえた「租税回避行為の否認」の再整理

2  納税者としての戦略の総括

第4章 グループ内取引が争点となる事案

第1節 総論

第2節 通常の事業活動としてなされる取引に関する諸問題

1  適正な時価による取引の問題

2  寄附金課税に係る裁判例

第3節 株主法人間取引に関する諸問題

1  株主法人間取引の特殊性

2  出資(Contribution)に関する税務訴訟―有利発行

3  分配(Distribution)に関する税務訴訟

第5章 会計と税務の取扱いが交錯する事案

第1節 総論

1  企業会計と法人税法の関係に関する伝統的な議論

2  近時の議論

第2節 企業会計と公正処理基準

1  基本となる判例―大竹貿易事件(納税者敗訴)

2  近時の裁判例① ―ビックカメラ事件(納税者敗訴)

3  近時の裁判例② ―オリックス事件 (納税者勝訴)

4  企業会計と公正処理基準の関係についての検討

第3節 企業会計と別段の定め

1  近時の裁判例―アリコ事件(納税者勝訴)

2  企業会計と「別段の定め」についての検討

事項索引

判例索引

著者紹介

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1300冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる