BUSINESS LAWYERS LIBRARY

実務に効く 企業犯罪とコンプライアンス判例精選

発売日
2016年05月16日
出版社
有斐閣
編著等
木目田 裕、佐伯 仁志

企業犯罪とそれに伴う「刑事罰」は,企業法務において最大のリスクであり,コンプライアンスの核でもある。本書では,どのような経済活動や行為が罰せられるのか,発覚後の対応での留意点,予防体制の構築,といった観点から,重要な判例や海外における日本企業への制裁事例を取り上げ,コンプライアンス実務に効く解説を行う。

目次

表紙

目次

はしがき

編者・執筆者一覧

第1章 企業犯罪総論

1 法人処罰の考え方(熊田彰英)

2 捜査・犯則調査と企業の対応(梅林 啓)

3 第三者委員会による不正調査(小林英明)

第2章 会社犯罪

4 買収防衛と刑罰(松下 憲)

5 不良貸付と(特別)背任(森川久範)

6 (特別)背任罪の共犯と取引相手方(小林隆一)

7 (特別)背任罪の成立が否定された事例(奥田洋一)

8 増資と見せ金・預合罪(入谷 淳)

9 株主の権利行使に係る利益供与罪(松村卓治)

10 反社会的勢力への対応(結城大輔)

第3章 汚職の罪

11 政治家・公務員等との対応上の留意点(甲斐淑浩)

12 外国公務員等贈賄(森本大介)

第4章 金融・証券犯罪

13 不正会計(柴田義人)

14 相場操縦の成立要件(渋谷武宏)

15 適時開示・増資と偽計・風説の流布(渋谷卓司)

16 インサイダー取引における決定事実(垰 尚義)

17 インサイダー取引におけるバスケット条項(戸嶋浩二)

18 インサイダー取引防止のためのコンプライアンス体制と情報管理(滝 琢磨)

19 マネー・ローンダリング,テロ資金授受,OFAC規制(江平 享,藤田知也)

第5章 経済・財政法違反の罪

20 独禁法の不当な取引制限の罪(井本吉俊)

21 租税犯罪(葉玉匡美)

第6章 秘密・情報,消費者,環境に係る罪

22 営業秘密の侵害(田中浩之)

23 個人情報保護(柴野相雄)

24 製品・食品の安全(辺 誠祐)

25 環境犯罪(平尾 覚)

判例索引

凡例

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる