BUSINESS LAWYERS LIBRARY

第3版 予防・解決 職場のパワハラ セクハラ メンタルヘルス マタハラ・SOGIハラ・LGBT/雇用上の責任と防止措置義務、被害対応と対処法

発売日
2018年07月05日
出版社
日本加除出版
編著等
水谷 英夫

ハラスメント相談・訴訟に備えるための実践書! 具体的事例、Q&A、判例を交えて解説 <基礎から具体的実践まで、 被害者 ・ 企業側の全ての悩みに答える!> 被害者側:被害状況を捉えなおし、どのような形で対応をすべきなのか、 被害回復 ・ 責任追及等を考える際の手助けとなる。 企業側:相談 ・ 苦情を受けた担当窓口者が、適切な対応を行うために、 被害者に対応するべきこと ・してはいけないことを学び、 また、 具体的なハラスメント対応・対処を行うまでの流れを示す。

目次

表紙

第3版 はしがき

凡例

目次

事例目次

図表目次

ハラスメント関連年表

第1章 ハラスメントとメンタル不全

Ⅰ ハラスメント・メンタルヘルス不全の実態…今起こっていること

1 増加するハラスメント

2 拡大する被害

3 強化される対策

Ⅱ ハラスメントとメンタル不全

1 ハラスメント

2 パワハラ

3 セクハラ

4 アカハラ―教育現場

5 マタハラ

6 メンタル不全

第2章 ハラスメント・メンタル不全と責任

Ⅰ ハラスメントと責任

1 責任のレベル

2 ハラスメントの判断枠組み

3 ハラスメントの「判断基準」

Ⅱ パワハラの責任

1 パワハラの責任

2 パワハラの行為態様

3 パワハラと法的権利(利益)

Ⅲ セクハラ・マタハラなどの責任

1 セクハラと責任

2 アカハラと責任

3 マタハラと責任

Ⅳ メンタル不全(自殺を含む)

1 はじめに

2 被害の発生

3 ハラスメントと被害の関係

第3章 ハラスメント・メンタル不全と使用者責任・労災

Ⅰ 使用者の「ハラスメント防止義務」

1 はじめに

2 ハラスメント防止義務(=職場環境配慮義務)

Ⅱ 使用者の「ハラスメント防止義務」の具体例

1 使用者自身若しくは「職場ぐるみ」のハラスメント

2 職場の上司や同僚らによるハラスメント

3 第三者によるハラスメント

Ⅲ ハラスメント・メンタル不全と労災

1 ハラスメント・メンタル不全と労災認定

2 ハラスメント・メンタル不全と「心理的負荷評価表」

3 労災と裁判

第4章 ハラスメント・メンタル不全対処法

Ⅰ はじめに

Ⅱ ハラスメント防止対策

1 ハラスメント防止体制の整備

2 ハラスメント防止規定

3 就業規則・アンケート

4 相談体制の整備

Ⅲ ハラスメント対処法

1 はじめに

2 「被害者」の対処法

3 使用者の対処法①―相談

4 使用者の対処法②―調査

5 当事者の言い分が異なる場合の対応は

6 使用者の対処法③―措置

7 弁護士などの対処法

Ⅳ メンタル不全対処法

1 職場復帰支援

2 職場復帰支援と改正障害者雇用促進法

3 欠勤・休職と職場復帰

4 メンタルヘルス対策の充実・強化

第5章 終わりに

Ⅰ ハラスメントのない職場を目指して

Ⅱ ハラスメントのない職場環境を!

コラム ディーセント・ワーク(Decent Work:略DW)

参考文献

判例索引

事項索引

著者紹介

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1400冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる