BUSINESS LAWYERS LIBRARY

民法改正と売買における契約不適合給付

発売日
2020年01月20日
出版社
法律文化社
編著等
古谷貴之

契約不適合責任制度論をめぐる議論を整理のうえ、理論的観点から分析する。ドイツ法およびEU法の最新の理論動向を踏まえた比較法的考察から重要論点につき解釈論の提示を試みると同時に、日本法への示唆を明示する。

目次

表紙

はしがき

初出一覧

目次

第1章 日本の議論状況と本書の構成

第1節 日本の議論状況

第1款 序

第2款 売主の引渡義務―契約に適合した目的物の引渡し

第3款 買主の権利

第4款 買主の権利行使の期間制限

第5款 目的物の滅失等についての危険の移転

第6款 契約不適合と錯誤

第7款 本節のまとめ

第2節 本書の構成

第1款 検討課題

第2款 検討方法

第2章 ドイツ売買法における瑕疵担保責任論の展開

第1節 はじめに

第1款 本章の目的

第2款 ドイツ売買法改正の背景

第3款 新たな瑕疵担保責任制度の概要

第4款 本章における検討の対象と順序

第2節 ドイツ瑕疵担保法における物の「瑕疵」概念

第1款 緒論

第2款 物の瑕疵

第3款 小括

第3節 追完

第1款 本節の目的

第2款 追完制度概観

第3款 追完に関する個別論点の検討

第4款 本節のまとめ

第4節 競合問題

第1款 問題の所在

第2款 瑕疵担保と錯誤

第3款 瑕疵担保と契約締結上の過失

第4款 瑕疵担保と不法行為

第5款 本節のまとめ

第5節 本章のまとめ(日本法への示唆)と次章の検討課題

第1款 本章のまとめ(日本法への示唆)

第2款 次章の検討課題

第3章 EU売買法における契約不適合責任

第1節 ヨーロッパ共通売買法規則提案の分析

第1款 緒論

第2款 CESLにおける売主の義務と買主の救済手段

第3款 CESLにおける追完制度

第4款 他の準則との比較

第5款 若干の考察

第6款 小括

第2節 EUデジタル単一市場戦略における新たな展開―オンライン物品売買契約に関するEU指令案の分析と評価

第1款 本節の目的

第2款 オンライン売買指令案の概要

第3款 オンライン売買指令案の分析と評価

第4款 本節のまとめと次節における検討課題

第3節 EUデジタル単一市場戦略における新たな動向―オンライン売買指令改正案の検討

第1款 本節の目的

第2款 改正案の目的および内容

第3款 改正案の検討

第4款 小括

第4節 EU物品売買指令の成立

第1款 新指令の成立過程

第2款 新指令の規定内容

第3款 小括

第5節 次章の検討課題

第4章 ドイツ売買法における瑕疵責任の改正

第1節 本章の目的

第2節 2016年5月18日ドイツ連邦政府改正草案の紹介

第1款 緒論

第2款 売買法改正の背景

第3款 売買総則

第4款 消費用動産売買

第5款 小括

第3節 ドイツ新売買法における買主の追完請求権

第1款 緒論

第2款 買主の追完請求権の範囲および売主の追完拒絶権

第3款 小 括

第4節 次章の検討課題

第5章 日本法への示唆

第1節 本章の目的

第2節 「契約不適合」の意義

第1款 「契約不適合」の判断基準

第2款 「契約不適合」の射程

第3節 改正民法における追完制度

第1款 買主の追完請求権の法的性質

第2款 売主の追完利益保障の意義

第6章 総括と残された課題

第1節 総括

第1款 「契約不適合」の意義

第2款 追完制度

第2節 残された課題

参考文献一覧

著者紹介/底本奥付

電子版奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる