BUSINESS LAWYERS LIBRARY

法務と税務のプロのための 改正相続法徹底ガイド 令和元年施行対応版

発売日
2019年09月30日
出版社
ぎょうせい
編著等
松嶋 隆弘

改正相続法が本年7月スタート!  その法務と税務を総勢12名の専門家が徹底解説‼ ◆改正相続法の令和元年7月施行に当たり、新たに明らかになった法務・税務の取扱いを織り込み、前回版を改訂! ◆令和元年度税制改正による遺産分割や特別寄与制度、配偶者居住権の課税関係(令和2年4月施行)を追加! ◆改正相続法では、弁護士以外の実務家も多く関係することが予測されることから、改正法と非弁行為の関係についても解説!

目次

表紙

はしがき

凡例

目次

第1編 相続法改正の意義

第1章 相続法改正の概要

1.はじめに

2.配偶者の居住権を保護するための方策

3.遺産分割に関する見直し

4.遺言制度に関する見直し

5.遺留分制度に関する見直し

6.相続の効力等

7.相続人以外の者の貢献を考慮するための方策

第2章 相続法の改正の前提となるこれまでの民法改正

1.はじめに

2.昭和37年における改正

3.昭和55年の改正

4.平成11年の改正

5.平成25年の改正

6.平成20年の特別法の制定

第2編 配偶者の保護

第3章 配偶者の居住権

1.はじめに

2.配偶者居住権

3.配偶者短期居住権

4.事実婚等への適用可能性

5.配偶者居住権と手続法上の問題~担保不動産競売における配偶者居住権の取り扱い~

第4章 持戻し免除の意思表示の推定規定

1.立法までの経緯

2.持戻し免除の意思の推定

第3編 遺産分割

第5章 預金債権に関する大法廷決定の影響と相続法改正

第1 はじめに

第2 従前の学説・判例の立場と「中間試案」

第3 本件大法廷決定

第4 仮払制度(新法909条の2、新家事法200条3項)

第5 遺産の分割前に遺産に属する財産が処分された場合の遺産の範囲(新法906条の2)

第6 一部分割(新法907条)

第7 まとめにかえて

第4編 遺言制度の見直し

第6章 自筆証書遺言の方式緩和

1.改正前民法の内容と問題点の説明

2.新法の内容

3.新法成立に至る審議経過

4.具体例を用いた検討

第7章 自筆証書遺言に係る遺言書の保管制度の創設

1.改正前民法の内容と問題点の説明

2.新法の内容

3.新法成立に至る審議経過

4.まとめ

第8章 遺贈義務者等の担保責任

1.はじめに

2.法定責任説から契約責任説へ

3.贈与における契約不適合責任

4.遺贈義務者の担保責任

5.おわりに

第9章 遺言執行者の権限の明確化等

1.改正前民法の内容と問題点の説明

2.新法の内容

3.具体例を用いた検討

第10章 「相続させる」遺言から特定財産承継遺言へ

第1 はじめに

第2 「相続させる」遺言に関する学説・判例の流れ

第3 「中間試案」にみる「相続させる」遺言

第5編 遺留分制度の見直し

第11章 遺留分制度に関する見直し

1.改正前民法の内容と問題点の説明

2.新法の内容

3.新法成立に至る審議経過

第6編 相続の効力の見直し

第12章 相続の効力等(権利及び義務の承継等)に関する見直し

第1 はじめに

第2 899条の2(共同相続における権利の承継の対抗要件)

第3 902条の2(相続分の指定がある場合の債権者の権利の行使)

第13章 遺言執行者がある場合における相続人の行為の効力等に関する見直し

1.改正前民法の内容と問題点の説明

2.新法の内容

3.新法成立に至る審議経過

4.まとめ

第7編 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策

第14章 特別寄与制度の創設

1.はじめに-立法趣旨-

2.特別寄与の要件

3.特別寄与の請求手続

4.税法上の取り扱い

5.おわりに

第8編 相続法改正の影響

第15章 相続法改正と事業承継

第1 はじめに

第2 事業承継の概要

第3 配偶者保護の方策と事業承継

第4 遺留分制度の改正と事業承継

第5 事業承継に関する残された課題-経営承継円滑化法の見直しの必要性-

第16章 相続法改正と家裁・地裁の役割分担論

1.はじめに

2.相続における家裁・地裁の役割分担に関する従来の議論と実務の運用

3.遺産の一部分割と残余の遺産分割について

4.遺留分減殺請求権の効力及び法的性質の見直しについて

5.まとめにかえて

第17章 相続法改正と税務

1.はじめに

2.配偶者短期居住権

3.配偶者居住権

4.相続法改正に伴うその他の改正

5.おわりに

第18章 相続実務上の留意点

第1 「弁護士倫理」に関する留意点全般

第2 「遺産分割」に関する留意点

第3 「遺言執行」に関する留意点

第4 「特別の寄与」に関する留意点

第19章 暗号資産・仮想通貨の相続−今後の課題として

1.暗号資産とは

2.相続手続における取扱い

編著者略歴・執筆者一覧

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1300冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる