BUSINESS LAWYERS LIBRARY

データ取引契約の基本と書式

発売日
2018年09月07日
出版社
中央経済社
編著等
長谷川 俊明

ビックデータの活用がいわれ、AI・データ契約ガイドラインが公表される一方、GDPRなど規制強化の動きもある。注目されるテーマの現状と実務を契約条項レベルから解説。

目次

はしがき

目次

第1部 データ取引契約の基礎知識

1 データ「大流通時代」の到来と「規制」

◆グローバルな個人データの流通

◆「データ資源」の奪い合い

◆TPP合意とグローバルなデータ流通

◆EU・一般データ保護規則の制定・施行のインパクト

◆GDPRの求める情報管理内部統制と契約実務

◆GDPRの示す標準契約書式と参考にすべき条項

◆GDPRと個人情報保護法の比較

◆中国のデータ取引規制

◆個人情報保護法改正と個人データ流通自由化

◆改正による「第三者提供の厳格化」とクラウドサービス

2 「 データ資本主義」社会の“主権者”とデータ利用権限

◆個人データの流れの変化―B to CからC to Bへ

◆個人データの「持ち運び権」

◆個人データコントロール権との関係

◆データの利用権限と知的財産権

◆AIによる「機械学習」と知的財産権侵害

3 データ流通と契約

◆「データ売買市場」の創設

◆データ取引契約の特徴

◆AI・データ契約ガイドラインの公表

◆ガイドライン「データ編」の想定する契約類型

◆データ取引契約と独占禁止法

◆データ取引契約の“ひな形”と検討項目

◆データ取引契約と民法改正

4 データの活用が期待されるデジタル広告

◆ネットを使ったデジタル広告

◆パーソナルデータのインターネット上のサービスへの利用

5 データ取引当事者に求められる体制整備

◆求められる「データガバナンス」

◆データのセキュリティガバナンスのための体制整備

◆データサイエンティストの配置

◆“データ取引責任者”(DTO)の配置

◆プラットフォーマーの役割と責任

◆プラットフォーマーなどの法的責任を扱った裁判例

◆大手プラットフォーマーからの個人情報大量流出事件とインターネット広告

第2部 契約条項の文例と機能

1 データ提供契約

2 匿名加工情報利用許諾契約

3 データ消去・廃棄委託契約

4 クラウドサービス利用規約

5 情報提携契約

6 API利用許諾契約書

7 IoT規約

8 情報銀行利用契約に する規約

9 秘密保持契約書

第3部 契約書ひな形集

1 個人情報の取扱いに関する同意書

2 プライバシーポリシー

3 秘密情報管理規程

索引

編著者略歴

執筆者略歴

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる