BUSINESS LAWYERS LIBRARY

デジタル・ファイナンス革命

発売日
2019年12月19日
出版社
東洋経済新報社
編著等
後藤 友彰

「簿記・会計・監査事務の仕事は98%の確率で自動化」(--オックスフォード大学 マイケル・A・オズボーン准教授)経理財務部門は従来の業務から開放され、より創造的な仕事に取り組むことになる。財務情報と非財務情報を結びつけ、深い洞察力をもって、CEOや他部門に適時・適切にアドバイスを行うことが存在価値になる。

目次

表紙

本扉

はじめに

目次

序章 経理財務部門を取り巻く環境

1「地政学の衝撃」「他人事ではないデジタル対応」ーー尽きない経営者の悩み

成長の阻害要因

地政学の衝撃

サイバー攻撃の必然性

デジタルは他人事ではなくCEO自らの問題

多様化するCEOの課題、今必要となるCFOの役割

2 押し寄せるグローバルスタンダードの荒波ーー日本企業はどう対応する?

国際社会におけるIFRSの動向

日本における制度会計の変遷

IFRS導入による課題

グローバルおよび日本におけるコーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス・コードによる影響

3 財務・非財務情報の統合は道半ば

統合報告という新たなチャレンジ

経営者は価値創造ストーリーとKPIの融合を試行錯誤

広がるCFOの役割

4 抱えきれない経営者の悩みーー 今CFOに求められていること

経理財務部門のプロセスとシステムの現状

経理財務部門の組織の現状

経理財務部門の人員の現状

求められる経理財務部門の将来像

第1章 デジタル技術のインパクト

1 デジタルテクノロジーに対するグローバルITリーダーの取り組み

明確なビジョンと戦略はあるのか

デジタル化の効果はどれくらいか

どのようなテクノロジーに投資をしているのか

経営者がITリーダーに求めるもの

2 クラウド型ERP・EPMの普及ーー 会計システムも所有から利用する時代

3 RPAは次のステージへーーAIとの自動連携

4「自然言語処理」がもたらす予測分析の高度化

暗黙知の可視化

定性情報からの思いがけない示唆

5 本格化する事業会社による「ブロックチェーン」の活用

仕組みにより信用をつくる

過大評価や理解不足は禁物

不正取引や不正会計の抑制に利用できる

6 VR技術が人間の情報処理機能を拡張する

情報共有の高度化

人間の視覚機能の拡張

7 サイバーセキュリティ対策とセキュリティ対策のデジタル化

サイバーセキュリティへのアプローチ

デジタル化で変化する責任分界点

セキュリティ対策のデジタル化

8「2025年の崖」をDX推進の契機に

第2章 経理財務におけるイノベーションとは

1 KPMGの考えるFuture of Financeとは

2 経理財務戦略とイノベーション

3 インテリジェント・オートメーション

経理財務業務の完全自動化へ向けた期待と現実

ロボティクスとAIを組み合わせたインテリジェント・オートメーションの実現

AIによりさらに広がる経理財務業務の自動化

税務業務へのデジタル技術の活用

経理財務領域にも押し寄せるクラウド化の波

モバイルを活用したワークスタイル変革

ブロックチェーンが経理財務業務に与える影響

4 インサイト&アナリティクス

経営管理は未来を予測する時代へ

多様なデータを活用したこれからの意思決定

5 組織の簡素化

デジタル時代の経理財務組織の役割

CFOをはじめとする経理財務部門の職務の変化

労働環境の変化

未来の経理財務組織の姿とは

6 スキル&タレントマネジメント

次世代の経理財務に必要なスキルセットとは

デジタル時代のタレントマネジメント

次世代の人材確保戦略

これからのタレントマネジメントの実践に向けて

変革の成功要因とは

7 データマネジメント&ガバナンスと企業統治・コンプライアンス&コントロール

膨大なデータをどう管理するか

サンプリングから全件モニタリングへ

破壊的テクノロジーによる業務の可視化

業務自動化とリスクマネジメント

第3章 イノベーションを進めるために

1 デジタル変革を成功に導く3つのキーワード

Think Big「大きくとらえる」

Start Small「まずはやってみる」

Build Momentum「進化を継続する」

2 デジタル変革の成功のために

デジタル・ビジョンを掲げる

ビジネスモデルの見直し

3 データ分析と業績評価

データ分析を高度化するには

データ分析・業績評価における成功要因とは

4 業務プロセス

組織の壁を越えたプロセスの構築

デジタル化に対応した業務プロセス構築の成功要因とは

5 デリバリーモデル設計

バーチャルCoEと新世代CoE

SDM構築における成功要因とは

6 変革を求められるタレントマネジメント

管理職が心得るべき3つの要点

これからの管理職に求められる資質とは

成功要因とは

7 スピーディなテクノロジー導入

自社に合うテクノロジーを見極めるには

部門の壁を越えた連携

8 デジタル時代におけるガバナンスとは

第4章 未来志向のCFO・経理財務部門を目指して

1 事例  A社における経営管理強化

2 事例  B社における内部統制の強化

3 グランドデザインの重要性

初期段階での経営層のニーズの把握

デジタル技術は手段であり目的ではないことを再確認すること

着眼大局・着手小局

4 デジタル・ファイナンスへの備え

おわりに

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる