BUSINESS LAWYERS LIBRARY

WTO・FTA法入門〔第2版〕

発売日
2020年03月25日
出版社
法律文化社
編著等
小林友彦、飯野文、小寺智史、福永有夏

WTOを重視する従来の書籍とは一線を画し、FTAの役割もふまえ両者をバランスよく学べる。米国トランプ政権の保護主義的政策、WTO紛争処理手続の機能不全、日EU経済連携協定、日米貿易協定、TPP11など最新動向を補足。

目次

表紙

第2版はしがき

初版はしがき

目次

略語表

第 I 部 グローバル経済体制の基礎

第1章 総論

1 グローバル経済のルールを学ぶことの意義と射程

2 本書を読むことで何が分かるようになるのか

第2章 WTOとFTAの関係

1 国際貿易体制の概観

2 WTOの成立と展開

3 RTAの興隆

第3章 物品貿易に関する基本原則

1 物品貿易の自由化を促すための基本原則

2 数量制限禁止原則

3 関税の譲許(関税の引き下げ)

4 最恵国待遇原則

5 内国民待遇原則

第4章 グローバル経済体制における原則と例外

1 「例外のない原則はない」

2 一般的例外

3 安全保障例外

4 義務免除(ウェーバー)

5 FTAにおける例外

第 II 部 分野ごとの規律と紛争処理

第5章 基準・認証制度(SPS/TBT)

1 基準・認証手続を規律する意義

2 衛生植物検疫措置(SPS措置)

3 貿易の技術的障害(TBT)

4 FTAと基準・認証手続

第6章 貿易救済措置

1 貿易救済措置とは何か

2 セーフガード

3 アンチダンピング

4 補助金相殺措置

第7章 農業貿易

1 グローバル経済体制における農業貿易

2 GATTにおける農業貿易

3 WTO農業協定

4 現代の農業貿易

第8章 サービス貿易

1 サービス貿易の重要性

2 サービス貿易の分類

3 サービス貿易一般協定(GATS)の役割

4 FTAなどにおける展開

第9章 投資・政府調達・知的財産

1 投資

2 政府調達

3 知的財産権の保護

第10章 紛争処理手続

1 紛争処理手続の概要

2 WTO紛争処理

3 ISDS―投資仲裁を中心に

第III部 現代的課題と今後の展望

第11章 主要国のFTA政策

1 FTA交渉・締結の国際的動向

2 米国のFTA政策

3 EUのFTA政策

4 日本のFTA政策

第12章 開 発

1 グローバル経済体制における「開発」

2 国際経済秩序に対する挑戦

3 WTO・FTAと開発

4 今後のグローバル経済体制と開発

第13章 日本企業の海外展開

1 海外展開のさまざまな形

2 日本企業の物品輸出とWTO協定,FTAなど

3 日本企業の海外投資とWTO協定,FTAなど

第14章 グローバル経済体制の今後

1 これまで論じてきた枠組みそのものが変化する可能性

2 グローバル経済体制が直面する将来的な課題

3 グローバル経済のルールについて学ぶことの意義

国際経済法学習ガイド

索引

COLUMN

①:FTAなどの特別ルールの多様な形態

②:WTOの組織

③:WTOへの加盟・脱退

④:電子商取引と物品貿易原則

⑤:WTOと安全保障

⑥:日本産食品に対する韓国の輸入規制措置

⑦:日本とアンチダンピング

⑧:米中貿易摩擦と補助金協定

⑨:FTAと日本の農業

⑩:外国人労働者の受け入れ

⑪:何が地理的表示として保護されうるか

⑫:紛争処理手続の成功と挫折

⑬:途上国とは何か

執筆者紹介/底本奥付

電子版奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる