BUSINESS LAWYERS LIBRARY

新訂 設問解説 相続法と登記

発売日
2018年11月05日
出版社
日本加除出版
編著等
幸良 秋夫

● 169問の設問を交えながら、具体的設例で相続・遺言実務を体系的に解説。 ● 旧民法・応急措置法における相続や、外国人に関する相続登記についても解説。 ● 根拠となる判例・先例を500以上収録し、重要なものについては要旨まで掲載。 ● 「登記申請書式例」「不動産登記記録例」「遺言文例」等、実務に役立つ書式も収録

目次

表紙

はしがき

凡例

目次

第Ⅰ部 相続法と登記

第1章 相続法概説

第1 相続制度の変遷

第2 相続・遺贈と登記

第2章 総則

第1 相続の開始

第2 相続開始の場所

第3章 相続人

第1 相続能力

第2 相続人の範囲及び順位

第3 代襲相続

第4 相続欠格

第5 推定相続人の廃除

第4章 相続分

第1 序説

第2 法定相続分

第3 指定相続分

第4 特別受益者の相続分

第5 寄与分の控除(寄与者の相続分)

第6 相続分の譲渡と取戻し

第5章 相続の対象及び効力

第1 相続財産の包括承継

第2 相続財産の範囲

第3 祭祀財産の承継

第4 相続の効力

第6章 遺産の分割

第1 序説

第2 遺産分割の基準・方法

第3 遺産分割の対象

第4 遺言による遺産分割方法の指定

第5 当事者による協議分割

第6 家庭裁判所による分割

第7 遺産分割の効力

第8 遺産分割と登記手続

第7章 相続の承認・放棄

第1 総説

第2 単純承認

第3 限定承認

第4 相続の放棄

第8章 相続財産の分離

1 財産分離制度

2 第1種財産分離

3 第2種財産分離

4 財産分離と登記手続

第9章 相続人の不存在

第1 相続人不存在制度

第2 相続財産の管理及び清算

第3 相続人不存在と登記手続

第4 特別縁故者に対する財産分与

第10章 遺言

第1 遺言制度

第2 自筆証書遺言の方式

第3 公正証書遺言の方式

第4 秘密証書遺言の方式

第5 特別方式の遺言

第6 遺言の一般的効力

第11章 相続させる旨の遺言(特定財産承継遺言)

第1 総説

第2 相続させる旨の遺言の効力

第3 相続させる旨の遺言による相続登記の手続

第12章 遺贈

第1 総説

第2 包括遺贈

第3 特定遺贈

第4 その他の遺贈

第5 遺贈の承認・放棄

第6 遺贈と登記

第7 遺贈による登記手続

第8 死因贈与と遺贈規定の準用

第13章 遺言の執行

第1 総説

第2 遺言書の検認・開封

第3 遺言執行者の指定又は選任

第4 遺言執行者の任務及び権利義務

第5 相続人の処分権の制限

第14章 遺留分

第1 遺留分制度

第2 遺留分の範囲及び算定

第3 遺留分の減殺

第4 価額弁償

第5 遺留分減殺と登記

第6 改正相続法における遺留分制度の見直し

第15章 改正相続法による新たな制度の創設

第1 配偶者の居住権の保護

第2 親族による特別の寄与

第16章 旧民法による相続

第1 旧親族法概説

第2 旧相続法序説

第3 家督相続

第4 遺産相続

第17章 応急措置法による相続

1 概説

2 家制度及び家督相続に関する規定の適用除外

3 遺産相続に関する規定の適用

第18章 新民法施行に伴う経過措置

1 相続に関する旧民法適用の原則

2 例外的に新民法が適用される場合

3 家附の継子の特則

4 旧民法による廃除の取扱い

第Ⅱ部 相続・遺贈・死因贈与による登記手続

第1章 相続による所有権移転の登記

第1 登記申請手続概説

第2 相続登記の申請手続

第3 登記原因証明情報(相続を証する情報)

第4 被相続人が外国人である場合の相続登記手続

第2章 遺産分割等による所有権移転の登記

1 遺産分割による所有権移転の登記

2 第三者への相続分譲渡による所有権移転の登記

3 遺留分減殺による所有権移転の登記

4 代償分割による所有権移転の登記

第3章 相続登記の更正・抹消

第1 相続登記の更正

第2 更正登記の具体的事例

第3 相続登記の抹消

第4 相続登記の更正に代わる所有権移転の登記

第4章 登記手続上の権利義務の承継と登記

1 概説

2 登記権利者の相続人による申請手続

3 登記義務者の相続人による申請手続

第5章 遺贈による所有権移転の登記

1 共同申請

2 申請情報

3 添付情報

第6章 死因贈与による所有権移転の登記

1 死因贈与による始期付所有権移転の仮登記

2 死因贈与による所有権移転の登記

3 死因贈与の仮登記に基づく本登記と利害関係人の承諾

第7章 相続・遺贈・死因贈与に関する登記申請の書式

1 相続による所有権移転の登記(基本書式)

2 表題登記のみの不動産を相続した場合の所有権保存の登記

3 数次相続の場合

4 超過特別受益者がある場合

5 相続放棄者又は相続欠格者若しくは被廃除者がある場合

6 共同相続登記前に遺産分割があった場合

7 共同相続登記後に遺産分割があった場合

8 代償分割により相続人の固有財産を他の相続人が取得した場合

9 共同相続登記前に相続人間で相続分の譲渡があった場合

10 共同相続登記後に相続人間で相続分の譲渡があった場合

11 第三者が相続分の譲渡を受けた場合

12 相続人不存在の場合の相続財産法人名義とする登記

13 特別縁故者への財産分与の場合

14 相続させる旨の遺言があった場合

15 清算型遺言があった場合の買主への所有権移転の登記

16 遺贈による所有権移転の登記(遺言執行者がある場合)

17 遺贈による所有権移転の登記(遺言執行者がない場合)

18 死因贈与による始期付所有権移転の仮登記(権利者の単独申請)

19 死因贈与による所有権移転の本登記(執行者がある場合)

20 遺留分減殺による所有権一部移転の登記

21 共有名義の相続登記を単有名義に更正する場合

22 単有名義の相続登記を共有名義に更正する場合

23 相続登記の抹消

24 真正な登記名義の回復による所有権移転の登記

25 被相続人の生前売買(買主の相続人が申請する場合)

26 被相続人の生前売買(売主の相続人が申請する場合)

27 家督相続による所有権移転の登記

28 遺産相続による所有権移転の登記

29 応急措置法による相続があった場合

索引

事項索引

判例索引

先例索引

著者略歴

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1400冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる