BUSINESS LAWYERS LIBRARY

初歩からはじめる物権法

発売日
2022年03月31日
出版社
日本評論社
編著等
山野目章夫

初学者に向け、豊富な例題を交えながら、物権法の基本を明快に解説する。社会や経済、実務を踏まえた大きな視野で、民法を繙く。

目次

表紙

はしがき

目次

凡例

第1講 物権変動の基本原則

第1講のガイド

1 学び方

2 概念を知る

(1) 物権

(2) 物権変動

3 法文を読む

(1) 176条の「意思表示のみ」が大切

(2) 177条を読む

4 例題

5 原告や被告になったという想定で考える

6 登記がされないと誰が困るか?

第2講 不動産物権変動(1)

第2講のガイド

1 学び方

2 法文を読んで考える

(1)「初めから無効であったものとみなす」と定める121条の意義

(2) 取消し以後に出現した第三者と121条

3 判例を読む

(1) 復帰的物権変動というものの発見

(2) 判例理論の実際的な帰結

4 例題──契約解除と登記

(1) 契約解除の効力から考える

(2) 判例を読む

(3) ちらりと見ると似た規定であるけれど

5 例題──時効取得による物権変動の対抗

(1) 当事者の関係

(2) 時効完成前に出現する第三者

(3) 時効完成後に出現する第三者

(4) 再度の時効取得

(5) 起算時の選択の可能性

6 登記されるべき物権変動とは何か

7 法定代理人のいない制限行為能力者

第3講 不動産物権変動(2)

第3講のガイド

1 学び方

2 登記を実現するには、どうすればよいか?

3 登記が実現されると、どうなるか?

(1) 対抗要件という登記の役割

(2) 対抗要件でない登記の役割

4 登記が実現していると、どうなるか、さらに考える──裏返しの対抗問題

5 例題

6 住んでいない者に対する明渡請求はヘンか?

7 登記官とのコミュニケーション

第4講 動産物権変動

第4講のガイド

1 学び方

2 法文を読む準備

3 178条を読む

(1)「動産に関する」

(2)「物権の譲渡」

(3)「引渡し」

(4)「第三者」

4 192条を読む

(1)「平穏に、かつ、公然と」

(2)「動産の」

(3)「取引行為によって」

(4)「占有を始めた」

(5)「善意であり、かつ、過失がないとき」

(6)「動産について行使する権利」

(7)「取得する」

(8) 盗品・遺失物の特則

5 例題

6 訴訟における攻撃防御

7 刑事事件と即時取得

第5講 物権的請求権と占有訴権

第5講のガイド

1 学び方

2 手かがりとなる法文を読む

3 物権的請求権

(1) 物権的請求権の形態──所有権に基づく請求権の類型

(2) 物権的請求権の性質

4 占有訴権

5 物権的請求権と占有訴権の関係

6 例題

7 昭和──戦後の混乱期

8 平成から令和──災害が頻発する時代へ

第6講 所有権

第6講のガイド

1 学び方

2 基本から問う──所有権とは何か

3 相隣関係──209条を読む

4 原始取得

(1) 添付──243条・244条を読む

(2) 不動産の付合──242条を読む

(3) 無主物の帰属──239条を読む

5 共有

(1) 共有者の使用権──249条を読む

(2) 共有物の管理──251条・252条を読む

(3) 共有物の分割──256条・258条を読む

6 例題

第7講 土地利用と各種の物権

第7講のガイド

1 学び方

2 民法が定める4つの用益物権

(1) 地上権

(2) 永小作権

(3) 地役権

(4) 入会権

3 物権法定主義

4 相隣関係

(1) 相隣関係の考え方

(2) 隣地の迷惑な樹木

(3) 境界近傍の建築

(4) 公道に至るための他の土地の通行権

5 例題

6 借地権の概念を正しく理解する

7 土地の管理という課題の出現

第8講 抵当権(1)

第8講のガイド

1 学び方

2 法文を読みはじめる──抵当権の基本規定としての369条1項

3 抵当権の法律関係の当事者

4 非占有担保という特徴

5 抵当権と被担保債権との関係

6 担保に供した不動産

7 優先弁済の効力

(1) 言葉を知る── 一般債権者と後順位担保権者

(2) 抵当権の順位の変更

(3) 抵当権またはその順位の譲渡

(4) 抵当権またはその順位の放棄

(5) 転抵当

8 例題

9 根抵当権こぼればなし

第9講 抵当権(2)

第9講のガイド

1 学び方

2 法文を読む

3 物上代位

4 担保不動産収益執行

5 抵当不動産の賃貸借

(1) 賃借人のための明渡猶予

(2) 抵当権者の同意に基づく賃貸借の対抗の制度

6 法定地上権

7 例題

8 西洋法制史への誘い

第10講 抵当権(3)

第10講のガイド

1 いくつかの抵当権の発展問題

2 共同抵当──392条を読む

3 同時配当の場合の解決

4 異時配当の場合の解決

5 すこし寄り道をしよう──弁済による代位

6 異なる話題──時効の166条・396条を読む

(1) 抵当権の消滅時効の可能性

(2) 物上保証人との関係における時効の法律関係

7 例題

8 担保保存“義務”と人はよぶけれど

第11講 典型担保の全体像

第11講のガイド

1 学び方

2 留置権──留置が認められる法定担保

(1) 留置権の成立要件

(2)「物に関して生じた債権」の考え方

(3)「物に関して生じた債権」の具体例

(4) 留置権者の占有の適法性の要請

(5) 留置権の効力

3 先取特権──優先弁済が認められる法定担保

4 質権──留置が認められる約定担保

(1) 動産質

(2) 不動産質

(3) 権利質

5 抵当権──優先弁済が認められる約定担保

6 例題

7  明朝に帰らなければ警察へ

第12講 非典型担保

第12講のガイド

1 学び方

2 不動産の譲渡担保

(1) 譲渡担保の設定

(2) 譲渡担保の実行

(3) 譲渡担保の法的構成

3 流動集合動産譲渡担保

(1) 流動集合動産譲渡担保の設定

(2) 流動集合動産譲渡担保の対抗要件

(3) 流動集合動産譲渡担保の効力

4 流動集合債権譲渡担保

5 仮登記担保

6 所有権留保

7 例題

8 令和の不動産登記制度改革へ

番外編 相続と登記

番外編のガイド

1 相続の基本的なしくみ

2 協議による遺産の分割

(1) 相続開始後の時間の経過と協議による遺産の分割

(2) 協議による遺産の分割と登記

(3) 協議による遺産の分割と第三者

3 特定財産承継遺言

4 遺贈をめぐる法律関係

5 共有物分割

6 遺産の共有と共有物分割

(1) 相続開始から10年が経過するまで

(2) 相続開始から10年が経過した後

7 相続の放棄と登記

8 相続と登記の学び方

事項索引

判例索引

奥付

BUSINESS LAWYERS LIBRARYに登録すると
1000冊以上の本を読むことができます。

10日間無料
お試しいただけます。

法人利用のお問い合わせ

閉じる